●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう (第10話 最終回・2016/3/21) 感想

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

フジテレビ系・月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』公式
第10話/最終回『永遠の約束』の感想。


互いに好きだとあらためて確認した音(有村架純)と練(高良健吾)。木穂子(高畑充希)はそれぞれに、自分の気持ちに正直に生きてと懇願する。練と朝陽(西島隆弘)、どちらを選ぶのか決断を迫られる中、音は東京に来たばかりで戸惑う少女・明日香(芳根京子)と出会う。彼女を助けようとしたことで、音は思わぬ騒動に巻き込まれる。その事態により、音自身を始め、練、木穂子、朝陽、小夏(森川葵)、晴太(坂口健太郎)の運命が大きく動きだす。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最後まで「優しさ」を描き通した

最終回まで離脱しなくて良かった。今朝は、そう思う…

本作の良かったことの1つに、最後まで「優しさ」と言うものを描き通したことがある。確かに東京の「冷たさ」を誇張し過ぎて描いた違和感はあったが、それも誰もが感じる日常的な「優しさ」を描くため。特に、音(有村架純)と練(高良健吾)はそんな状況に常に置かれて描かれた。過酷な職場環境や辛い境遇など…。

「生きるのは厳しいけれど、恋をしている時は忘れられる」と言う部分を心のどこかにもって力強く前向きに生きていく6人の男女は、恋することの一瞬の煌めきを頼りに頑張って生きていく。貧困社会の今の東京を生きる若い地方出身者のラブストーリー。これが、高く無い視聴率の中で最後まで踏襲されたのは、つくり手魂として評価したい。

いろいろ込められた「想像力」と言う裏テーマ

さて、あの5年の時間経過をどう捉えるか?結果的に2010年からの6年間と言う長い期間を、それも東日本大震災を登場人物たちに経験させて描いた。きっと、時間経過で登場人物たちの変化、特に恋愛観の変化を描きたかったのだろう。ただ、構成上で「一部と二部」のように物語が分断されたのは逆効果だったと思う。

ただ、本作が描こうとしていただろうと私が勝手に考える「想像力」と言う部分。「遠いところにいるあの人は、今何をしているのだろう」と思いをはせることを音も錬も他の人物たちも劇中でやっていたと思う。この辺は震災でもう会うことのできない人を忘れないと言う「想像力」に繋がっていたように思う。

桃缶を手に亡き母に手紙の台詞を言う音も、正に「想像力」を描いてる。そして、先にも書いたつくり手魂として正しい選択だったのが、この劇中で起きた震災で亡くなる登場人物を創造しなかったこと。あくまで、前面に描かれない震災で変化したであろう心を描くことにしたのは良かった。本作に必要だったかどうかは別にして。

不幸を描いて幸福を描くのは “あざとい脚本” だが…

上でも書いたが、本作では誰もが日常の中で感じる「冷たさ」や「厳しさ」を登場人物だけでなく、特に若い視聴者に体現させようとしたと企んだと思っている。そして、絶望的な状況下だからこそ小さな恋の光も強く輝いているように見えるって感じ。

不幸を描いて幸福を描くと言う脚本は基本的にあざといと思っている。特に「死」。『あさが来た』や『家族ノカタチ』でやった登場人物の死を利用して幸せを描くのは腹が立つ。本作もそれと同じだと前回は書いた。

しかし、最終回を観て感じたのは、本作は主人公の「死」であることが違う。そして、その後の音も周囲の人物たちも「変化」したことが丁寧に描かれた。終わってみれば、これはこれで良かったと思う。

あとがき

全話を通してみると、朝陽(西島隆弘)と小夏(森川葵)のくだりが、主人公の音と練と同じくらいに描かれ、群像劇化が徐々に肥大化したのが、多くのベタな恋バナを期待した私を含めた若くない『月9』ファンに受け入れられなかったように思います。

そこと5年間の時間経過をもう少し上手く使えば、表面的に描かれた「優しさ」と裏で描いていた「想像力」と言う両輪で「生きることの素晴らしさ」を難しいけれど丁寧にしっかりと描いた名作になったと思います。

ラストの可愛らしいハッピーエンド含めて、最終回まで観ないと完結しなかった本作を離脱しなくて良かった。そう思います…

[読書] 「暮しの手帖」とわたし (大橋 鎭子/著・花森 安治/イラスト・暮しの手帖社) 感想 ※平成28年度前期 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ,大橋鎭子の自伝

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう Blu-ray BOX
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう DVD BOX
フジテレビ系ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」オリジナルサウンドトラック
明日への手紙 プレミアムエディション(完全生産限定盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8250/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/435441583.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋をしているので遠回りして帰ります(有村架純)

清く貧しく美しく・・・そんな二人の恋の軌跡・・・。 うっとりするよねえ。 ファミリーレストランで会話しているだけの恋人たちをずっと眺めていたくなるなんて・・・どんだけ傑作なんだよ。 奇跡のような2016年の冬ドラマの恋のラインナップも・・・いよいよクライマックスが近いな・・・。 いつか、この恋を思い

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

最終回とまとめ。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 最終回「永遠の約束」

先週末、練(高良健吾)と会う約束をした音(有村架純)は、向かっている途中、引ったくりに巻き込まれて突き飛ばされて階段から落ち、病院へ。 最初は意識が無くてハラハラでしたが、大事には至らなくてヨカッタ。 病院に駆けつけた、朝陽(西島隆弘)木穂子(高畑充希)そして練たち。アクシデントだったけれど、偶然、突き飛ばされた音は不運だったなぁ、と感じたのでした。 小夏(森川葵)は依頼さ...

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #10 最終回

『永遠の約束』

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 最終回

明日香(芳根京子)を助けるために音(有村架純)は騒動に巻き込まれてしまい、病院へ運ばれます。 連絡を受けた木穂子(高畑充希)、練(高良健吾)、朝陽(西島隆弘)たちは病院に駆け付けます。 音は頭を強打して意識がない状態で、みんな心配していました。 朝陽は音のカバンの中から、2通の手紙を見つけます。 一つは音のお母さんが書いた手紙と、もう一つは音がお母さんへ書いた手紙でし...

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第10話(最終話)

「永遠の約束」 内容練(高良健吾)と会う約束をした音(有村架純)は、向かっている途中、トラブルに巻き込まれてしまい。。。。。 連絡を受け病院に駆けつける朝陽(西島隆弘)木穂子(高畑充希)そして練たち。命に別状はないようだが。。。。 その直後、音に助けて...

コメント

残念な作品
みっきーさん、こんにちは。

坂元作品「月9最後のラブストーリー」に「期待」してしまっていた分、「残念な作品」となってしまいました。

果たして「全10話」で描けるものだったのか、納まりの悪いものでした。
そもそもあの2人(小夏と晴太)の「必要性」は、最終回が終わっても僕にはわからぬままでした。
あの2人抜きで、または2人の「役割」をかなり縮小(もっと脇役に)してストーリーを紡いでいたら、まだ良かったのでは?と思ってしまうのです。

八千草さんもなぜか途中退場になってしまいましたね…。

ラスト「深夜のトラック」は綺麗な絵だな、と思いました。

今後よほど興味を惹かれる何かが無ければ、僕はまたしばらく「月9」を観ることは無いでしょう。
  • 2016-03-22│16:17 |
  • IDE URL│
  • [edit]
Re: 残念な作品
☆IDEさん
コメントありがとうございます。

私は、最終回が一番良かったように思います。
私が思うに、公式サイトなどのメインビジュアルには「音と練」が中心なのに、
実際のドラマは6人の若い男女の群像劇と言う「差」が失敗の原因のような気がしています。

正しく、宣伝すれば惑わされる視聴者も少なかったはずです。
  • 2016-03-22│20:40 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR