あさが来た (第138回・3/12) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』公式
第23週『大番頭のてのひら』『第138回』の感想。
なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。
 本作は 3/5 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日、ベタボメ感想だけではないので、ご理解を。


加野銀行にかつて働いていた雁助(山内圭哉)がやってくる。あさ(波瑠)と雁助が話をしているとうめ(友近)がやってきて…。栄達(辰巳琢郎)に連れられて藍之助(森下大地)は、和歌山に帰って行く。そして、出迎えたはつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)は…。よの(風吹ジュン)は、孫の千代(小芝風花)の結婚相手のことが気になっていてあさと新次郎(玉木宏)に相談をする。すると、あさと新次郎は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

登場人物たちが、歳をとっていることを描く

人気キャラとは言え、一度退場した雁助(山内圭哉)を再登場させるわけだから、何らかの役割を与えなくてはと言うことで、主題歌を挟んで軽妙なやり取りで、登場人物たちが歳をとったことや残りの人生でやるべことなど、語ったのは悪くない。

また、少々ヒロイン不在な話になるのが気にはなるが、雁助とうめ(友近)の関係に決着を着けたのも、大風呂敷を少しずつ畳んで見せていると言う点では良かったと思う。とにかく、今回は登場人物たちが、歳をとっていると言うのを描くことに重心があったように思う。映像で見せ難ければ台詞で補強するのは良いと思う。

薄暗い和歌山から晴天の大阪へのコントラストはお見事

中盤には、久し振りに本人不在で千代(小芝風花)の恋バナ。と言うか千代の嫁入り話。そして、終盤には和歌山の眉山家と、自転車に挑戦するあさ(波瑠)。うーん、毎日事件やハプニングが起こるべきとは思わないが、ヒロインの部分は前進しないで、脇役の物語をちょちょいと綴っただけで終わったのは残念。

個人的には、眉山家の照明演出は、相変わらず丁寧で良い雰囲気が出ていたなとは思うし、その後の晴れ空の下で自転車の練習をするシーンとのコントラストの付け方は見事だと思う。でも、いくら土曜日でもネタ振りに終始したのはホント残念。いや、話は面白いのだ。面白いから期待してしまうのだ。

あとがき

脇役の物語を新田真三氏の奇を衒わない演出でそつなく魅せた一週間でした。全体的には上に書いた通り、大風呂敷を丁寧に畳んでいるのですが、流石に広げ過ぎたって感じでしょうか。片付ける一方で、別の部分は進めていくわけですから、かなり難しい脚本作業だと思います。残り3週間、どう描くのか期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)
あさが来た 白岡あさ・新次郎語録
あさが来た メモリアルブック (ステラMOOK)
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray]
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX2 [Blu-ray]
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX3 [Blu-ray]
連続テレビ小説「あさが来た」オリジナル・サウンドトラック Vol.1
連続テレビ小説「あさが来た」オリジナル・サウンドトラック Vol.2


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8211/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/434841516.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 小説土佐堀川 女性実業家・広岡浅子の生涯 新装改訂版 (古川 智映子/著・潮出版社) 感想 ※平成27年度後期 連続テレビ小説「あさが来た」 の原案
第1週『小さな許嫁』
1 2 3 4 5 6
第2週『ふたつの花びら』
7 8 9 10 11 12
第3週『新選組参上!』
13 14 15 16 17 18
第4週『若奥さんの底力』
19 20 21 22 23 24
第5週『お姉ちゃんに笑顔を』
25 26 27 28 29 30
第6週『妻の決心、夫の決意』
31 32 33 34 35 36
第7週『だんな様の秘密』
37 38 39 40 41 42
第8週『京都、最後の贈り物』
43 44 45 46 47 48
第9週『炭坑の光』
49 50 51 52 53 54
第10週『お姉ちゃんの旅立ち』
55 56 57 58 59 60
第11週『九転び十起き』
61 62 63 64 65 66
第12週『大阪一のおとうさま』
67 68 69 70 71 72
第13週『東京物語』
73 74 75 76 77 78
第14週『新春、恋心のゆくえ』
79 80 81 82 83 84
第15,16週は “五代さまウィーク”、その後は “はつが来た” で「あさロスが怖い」視聴者対策をするNHKをどう思う?
第15週『大阪の大恩人』
85 86 87 88 89 90
[備忘録] 自分の「あさが来た」の感想がブレる理由
第16週『道を照らす人』
91 92 93 94 95 96
第17週『最後のご奉公』
97 98 99 100 101 102
第18週『ようこそ!銀行へ』
103 104 105 106 107 108
第19週『みかんの季節』
109 110 111 112 113 114
第20週『今、話したい事』
115 116 117 118 119 120
第21週『夢見る人』
121 122 123 124 125 126
第22週『自慢の娘』
127 128 129 130 131 132
第23週『大番頭のてのひら』
133 134 135 136 137

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シェハン>『あさが来た』第138話

鴈助さん出番は最初の方だけ 後は千代ちゃんの縁談 本人抜き(笑) でもって、ちょこっと はつパート やっぱり土曜日はネタ振りの日 …ひじゅにですが何か? 「友情の証やそうです」byうめ キチンとした鴈助さんのことだから お礼と挨拶に出向いてきただけ。 昨日ラストの亀助さんを皮切りに(?) 次々と加野屋の皆が寄って来たらしい。 ...

シェハン>『あさが来た』第138話

鴈助さん出番は最初の方だけ後は千代ちゃんの縁談本人抜き(笑)でもって、ちょこっとはつパートやっぱり土曜日はネタ振りの日…ひじゅにですが何か?「友情の証やそうです」by...

「あさが来た」 第23週 大番頭のてのひら 第138話

 さて、雁助(山内圭哉)登場に加野銀行のみなさんはテンション 入れ替わり立ち代わり近況報告するのでした。 「まぁ、次から次へと話す相手が出てきてくれてありがたい事だす ...

NHK朝ドラ【あさが来た】 第138回 感想

加野銀行にかつて働いていた雁助(山内圭哉)がやってくる。あさ(波瑠)と雁助が話をしているとうめ(友近)がやってきて…。栄達(辰巳琢郎)に連れられて藍之助(森下大地)は、和歌山に帰って行く。そして、出迎えたはつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)は…。よの(風吹ジュン)は、孫の千代(小芝風花)の結婚相手のことが気になっていてあさと新次郎(玉木宏)に相談をする。すると、あさと新次郎は…。 (上記あ...

あさが来た 第138回

内容雁助(山内圭哉)が、加野銀行にやってくる。あさ(波瑠)たちが、話をしていると、うめ(友近)が現れ。。。。 そのころ藍之助(森下大地)は、栄達(辰巳琢郎)に連れられ和歌山へ。 そして、よの(風吹ジュン)は、千代(小芝風花)の見合い相手に。。。。 敬称...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR