ナオミとカナコ (第9話・2016/3/10) 感想

ナオミとカナコ

フジテレビ系・『ナオミとカナコ』公式
第9話『あなたが死ねば、都合がいいの』の感想。
なお、原作:奥田英朗「ナオミとカナコ」は既読(読書感想の記事)。


林(佐藤隆太)をかくまっていたのが加奈子(内田有紀)だと知った直美(広末涼子)は、思わぬ裏切りに激怒し、携帯電話から彼女の連絡先を削除する。翌日、林を呼び出した直美は、加奈子を苦しめるぐらいなら帰国すると言う彼のため飛行機のチケットを取る。一方、直美に謝罪もできず苦悩する加奈子は、病院である診察結果を告げられていた。そんな中、三枝(前川泰之)の調査で林の存在に気付いた陽子(吉田羊)に、何者かの影が迫る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

アバンタイトルが良かった

前回が原作での「加奈子の章」風の上に15分拡大したものだから、加奈子(内田有紀)と林(佐藤隆太)の尺が多くて、直美(広末涼子)が少々抜けものになり、お蔭で “走り出したら止まらない、女2人” の部分の描写が疎かになって残念だった。

そこで、今回はアバンバイトルで、直美が携帯の電話帳から加奈子を削除するシーンを衝撃的に魅せて、再び “女2人” を強調してきた。やはり、本作は、 “走り出したら止まらない、女2人の短絡的で刹那的だけど勇気ある自己実現の旅” の着地点をどう想像させるかに徹底した方が良い。

直美の “犯罪者としての鬼女の顔” と “優しい女の顔”

メインタイトル明けは、親友に裏切られてどん底まで落ち込む直美でなく、現在の最大の邪魔者である林をどう中国へ戻して、自分の計画を遂行しようとする直美を描く。そして、印象的だったのが順子(富司純子)と直美がお茶するシーン。とにかく、今回は直美の犯罪者としての鬼女の顔と、優しい女の顔を対比させて描いている。

元カノ登場と未確認でドアを開けることがちょっと…

ただ、脚本と演出に1か所ずつ解せないところがあった。脚本では達郎(佐藤=2役)の元カノが登場したこと。まあ、直美か?と思わせる作戦だろうが、空振りで終わったような。だって、結局、陽子はどんどん真相に近づいちゃうんだから。

演出では中盤で直美の部屋を加奈子が訪れるシーン。映像的には、ドアチャイムがなって直美がドアを開けると加奈子がいるってだけ。直美がドアの内鍵も掛けていないことも、ドアスコープを覗かずにドアを開けるのも、流石に違和感を覚えてしまった。せめて、ドア外から加奈子の声でも編集で後付けすれば好意的に解釈するのに…

とは言え、終盤での加奈子もドアチャイムに反応するが、ドアモニターで相手を確認せずにドアを開ける(内鍵は陽子が出て行ったままってことで)から、ここは2人が互いに相手のことは解ってると解釈するのが正しいのかもしれない…

陽子が加奈子を責める場面の色遣いが良かった

ほぼ弟の身に何が起こったのか理解した陽子が、加奈子に自殺を要求するシーンの迫力はお見事。カメラの手前が暗くて部屋の奥が明るくて、加奈子の白、陽子の黄色、壁の結婚写真の青色とブーケ?の緑色、そして画面の多くを占める黒色が不思議な華やかさと歪んだ空間を表現していた。やはり本作の色遣いは素晴らしい。

あとがき

上に書いたように、若干の引き延ばし感やもやもやは残りますが、今回も完全犯罪が少しずつ綻んで、直美と加奈子が現実に押し潰されそうになるのをしっかりと描いてくれました。次回が最終回。原作と同じになるのかも気になりますが、個人的にはドラマですから、“勇気ある自己実現の旅” を成功させてあげたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ナオミとカナコ 奥田 英朗 (著)
フジテレビ系ドラマ「ナオミとカナコ」オリジナルサウンドトラック
No more(CD+DVD) EXILE ATSUSHI+AI
No more EXILE ATSUSHI+AI


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8207/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/434813916.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナオミとカナコ「あなたが死ねば、都合がいいの」

加奈子(内田有紀)が林(佐藤隆太)を匿っていたと知った直美(広末涼子)は怒りのあまりパッチーン、アンド、「私がバカだった」とケータイの電話番号まで削除してしまいます 加奈子は、林竜輝(佐藤隆太)に別れを告げた、その頃、服部陽子(吉田羊)は、興信所の三枝(前川泰之)と、盗聴器からの情報からついに警察を動かし、マスターテープを見ます。 また、達郎は、それまでにつきあった女性にも暴力を...

ナオミとカナコ 第9話

「あなたが死ねば、都合がいいの」 内容加奈子(内田有紀)が林(佐藤隆太)を匿っていたと知った直美(広末涼子)「信じられない。私がバカだった。」加奈子と決別を決意した直美。 涙する加奈子は、林に別れを告げ、その場を立ち去る。その夜、加奈子は、直美の携帯に...

ナオミとカナコ #09

『あなたが死ねば、都合がいいの』

「ナオミとカナコ」9 ☆☆☆

ついに警察が~!逃げきれなかったなあ。リンさんを日本から出そうとするも、盗聴器のせいで陽子さんが空港に現れてしまいチケット渡せず……て、迷子なんてほっといて速攻行けば ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR