スペシャリスト (第9話・2016/3/10) 感想

スペシャリスト

テレビ朝日系・木曜ドラマ『スペシャリスト』公式
第9話『すべての謎が明らかに!冤罪に陥れた男とついに対決!!』の感想。
なお、過去の『スペシャリスト1,2,3,4』は鑑賞済み。


美也子(紺野まひる)のことでショックを受ける宅間(草なぎ剛)の精神状態を心配する千波(南果歩)。だが、普段通りに振る舞う宅間は、人の命を奪いながら罪に問われていない人間8人に殺し合いをさせた事件の経緯を振り返り、‘犯罪脚本家’佐神(上川隆也)が黒幕ではと疑う。そんな中、最初の犠牲者の第一発見者である交番巡査が殺され、拳銃が奪われる。さらに、死んだはずの真里亜(夏菜)の父・公昭(羽場裕一)が現れて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

連ドラとしての完成度は、毎回以上に高い

物語は、これまでの9話に、スペシャル4作を全部絡めて、いや集約させて1つの壮大な「我々」と言う巨大組織の話に繋げてきたのは恐れ入った。“犯罪脚本家” 佐神(上川隆也)が別格であることも、宅間(草なぎ剛)の元妻・美也子(紺野まひる)が巻き込まれたことも、きちんと理由付けして。

とにかく、過去に放送されたスペシャルまで利用した脚本はスゴイの一言。そして、最終回直前の今回はその謎解きの一部だけなのに、この見応え。最終回がどうなるのか、ここまで引っ張れたら連ドラとしての完成度は、毎回以上に高いと思う。

七髙剛氏の単調にならない演出の工夫が見事

また、今回は映像的に、スローモーションの使い方、カット割りの細かさ、凝った編集と、物語が単調にならないための演出的な工夫がいつも以上に施されていた。演出は、スペシャル4作と今作の第1,2,3話を担当した七髙剛氏。流石、本作らしさを一番理解してるって感じ。戸田山雅司の脚本との相性もバッチリだ。

あとがき

よく出来てますね、ホント。話にも登場人物にも無駄がありません。その上、テンポが良いのに視聴者をおいてけぼりにすることもない。俳優さんたちも素晴らしい。特に、“俳優・草なぎ剛” の存在感が醸し出すミステリアスな怒りとひょうひょうとした軽妙さの不思議なバランスが、本作を唯一無二の存在にしています。最終回がどうなるのか。出来れば、シリーズ化して欲しい作品です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマスペシャル 「スペシャリスト2&3」 ダブルパック <Blu-ray>
ドラマスペシャル「スペシャリスト」<BD> [Blu-ray]
ドラマスペシャル 「スペシャリスト2&3」 ダブルパック <DVD>
スペシャリスト1‐2 (角川文庫) ノベライズ本


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8206/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/434810397.html でも受付けております。


【これまでの感想】
土曜ワイド劇場特別企画「スペシャリスト」 (2013/5/18) 感想
土曜ワイド劇場特別企画「スペシャリスト2」 (2014/3/8) 感想
土曜ワイド劇場特別企画「スペシャリスト3」 (2014/2/28) 感想
土曜ワイド劇場特別企画「スペシャリスト4」 (2015/12/12) 感想
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スペシャリスト「すべての謎が明らかに!冤罪に陥れた男とついに対決!!」

今回は、特にスペシャルから続く謎の解明が多かったみたいですね。 スペシャルの前半と連載だけ見てる分には、今ひとつ謎な部分も少なくなかったです。 これまで、宅間善人(草彅剛)を犯罪者と刑事の、ぎりぎりの精神状態のところで「こちら」側につなぎとめてた元妻・室町美也子(紺野まひる)が被害にあい 殺人トーナメントの背後に“犯罪脚本家”こと佐神稚洋(上川隆也)があらわれ、彼の招待状に...

スペシャリスト 第9話

「すべての謎が明らかに!冤罪に陥れた男とついに対決!!」 内容連続殺人事件が&ldquo;殺人トーナメント&rdquo;に気付いた宅間(草なぎ剛)は、&ldquo;犯罪脚本家&rdquo;佐神稚洋(上川隆也)からの挑戦状だと感じ取る。そんななか、佐久間の元妻・室町美也子(紺野まひる...

スペシャリスト 第9話

殺人を犯したのに罪に問われなかった男女8人が、最後の一人になるまで互いを殺し合う「殺人トーナメント」なる裏サイトが存在して、そのトーナメントの頂点に君臨するクイーンなる人物がいることを突き止めた宅間(草彅剛)たち・・・ しかも、裏サイトのアナグラムが示すクイーンは、宅間の元妻・美也子(紺野まひる)でした。 宅間は美也子の身に危険が迫っていることを察知して、彼女が滞在するホテルに向...

コメント

そんなにおもろないけどなぁ
…と、正直ウチは思う(みっきーさん、ごめんね)。
なんか、「科捜研の女」と「臨場」を足して二で割ったストーリーと演出で、この局の人気ドラマのおいしいところを混ぜて作ってるから、そら一定のレベルの作品になってるんやとは思うけど。
それと、宅間役の草なぎ剛…。ウチは苦手やわ。ジャニーズの中では演技派かもしれんけど、「お芝居してます」感が強くて、正直、宅間役が他の役者やったら、もうちょっとましかもしれんけど。続けて視るのはちょっとしんどいね。
  • 2016-03-11│23:40 |
  • きなこ猫 URL│
  • [edit]
Re: そんなにおもろないけどなぁ
☆きなこ猫さん
コメントありがとうございます。

まあ、これだけ刑事ドラマがあるので好みの問題ではないですか?

私は、刑務所時代の受刑者仲間の例えが面白いと思うんです。
草なぎさんについては、今にも死にそうな役より、
こう言うはつらつとした役が新鮮だなあと思っています。

ただ、好き嫌いが分かれる作品だとは思います。

  • 2016-03-12│20:15 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR