●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

怪盗 山猫 (第8話・2016/3/5) 感想

怪盗 山猫

日本テレビ系・土曜ドラマ『怪盗 山猫』公式
第8話『最終決戦!裏切り者はあいつ!?』の感想。
なお、原作:神永学「怪盗探偵 山猫」シリーズは未読。


関本(佐々木蔵之介)は、自殺した藤堂を裏で操っていた結城に山猫(亀梨和也)の抹殺を命じられるが失敗。今さら結城の元に戻れない関本は、山猫と組んで結城を葬り、彼の資金源である旧日本軍の隠し財産の横取りを計画する。同じころ、山猫を追う犬井(池内博之)は杏里(中村静香)に接触し、ある情報を聞き出す。結城の資料を入手するため警察博物館の隠し部屋に侵入した山猫と勝村(成宮寛貴)は現れた犬井に逮捕されてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回も、視聴者を飽きさせない工夫が満載

前回の美術セットの間違い探しも楽しかったが、今回はクイズ。それも、あのアメリカ横断ウルトラクイズ。その上、看板に番組特製ウルトラハット(帽子)と例のフリップまでまた用意するとは。それに、3号店だったんだ。そして5分近くのお遊び&コントのコーナーが終わると、スパッとシリアス路線へ転換。

もはや、この構成が様式美にもなっているのが素晴らしい。もちろん、内容が凝りに凝りまくってるからパターン化になんてなってないし。とにかく、今回も視聴者を飽きさせない工夫満載で始まった。

最終章の入り口として、万全な仕上がり

とは言え、物語が最終章に突入したせいで、最終回までの段取り構成をしたからだろう、これまでよりも若干引き延ばし感があったのは否めない。それでも、コミカルな部分とシリアスな部分をタイミングよく切り替えつつ、登場人物たちの個性を活かしたエピソードを綴り、最後の最後でまさかの展開。

テンポもいい、本作らしさもある、物語は先が読めない面白さ。その意味では、最終章の入り口として、万全な仕上がりだったと思う。

山猫は、俳優とアイドルの亀梨和也が共存して完成する

第4話までの饒舌でハイテンションな山猫(亀梨和也)と第5話の無口な山猫が、この最終章で見事に合体して、私には “新生山猫” にさえ見えた。今回、 勝村(成宮寛貴)の誕生日会のシーンでインサートされていた “俳優・亀梨和也” のオフショット風の映像がそう感じさせたのだ。

例えば、山猫と勝村が余興で踊るダンスが修二と彰の『青春アミーゴ』の振付けだった。普通ならファン向けのネタで鼻に障るところだが、もう山猫と言う登場人物に俳優と言うより “亀梨和也” そのものが食い込んでいると言えば良いのか。

架空の登場人物「山猫」の中に俳優とアイドルの “亀梨和也” が共存して成立しているからこそ、山猫ワールドが不思議なリアル感を醸し出しているに違いない。

あとがき

ますます先が読めなくなって、面白くなってきました。次回にも期待します。

皆さんにご協力頂いたアンケートの集計が出来ました。以下の記事で、ご紹介しております。
[集計と考察] 読者の皆さんにお聞きしたい「連ドラの視聴を途中で止める条件は?」投票受付終了

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
怪盗探偵山猫 3冊合本版 『怪盗探偵山猫』~『怪盗探偵山猫 鼠たちの宴』<合本版「怪盗探偵山猫」シリーズ> (角川文庫)<合本版「怪盗探偵山猫」シリーズ> (角川文庫)
怪盗探偵山猫 (角川文庫)
怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス (角川文庫)
怪盗探偵山猫 鼠たちの宴<「怪盗探偵山猫」シリーズ> (角川文庫)<「怪盗探偵山猫」シリーズ> (角川文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8188/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/434625588.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

怪盗 山猫「最終決戦!裏切り者はあいつ!?」

藤堂の死により、ウロボロス騒動は終結。細田の実家の工場地下室へ向かった山猫(亀梨和也)だけど、“結城天明”の政治資金である旧日本軍の金塊は無くなってました。 結城は山猫に「貴様は何も変えられない」という言葉を残して姿を消します。 関本(佐々木蔵之介)が調査を開始すると、警察歴史館に結城に関する資料が保管されているということが判明。 真央(広瀬すず)里佳子(大塚寧々)の調べで...

怪盗山猫 第8話

「最終決戦!裏切り者はあいつ!?」 内容藤堂の死により、ウロボロス騒動は終結した。直後、細田の実家の工場地下室へ向かった山猫(亀梨和也)そこには、&ldquo;結城天明&rdquo;の政治資金である旧日本軍の金塊が隠されているハズ。しかしすでに、金塊がなくなっていた。...

怪盗山猫 第8話

細田(塚地武雅)が残したメッセージに従って、細田の実家の工場へ向かった山猫(亀梨和也)は、工場の地下室で結城天明と対面します。 結城は山猫に「貴様は何も変えられない」と言う言葉を残して姿を消します。 山猫は、結城の隠す膨大な政治資金を盗んで結城の失脚を狙います。 関本(佐々木蔵之介)が調査を開始すると、警察歴史館に結城に関する資料が保管されていることが分かって、その資料...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR