●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

怪盗 山猫 (第7話・2016/2/27) 感想

怪盗 山猫

日本テレビ系・土曜ドラマ『怪盗 山猫』公式
第7話『遂に決着!巨悪の正体を暴け!』の感想。
なお、原作:神永学「怪盗探偵 山猫」シリーズは未読。


山猫(亀梨和也)は、ウロボロスの黒幕は都知事の藤堂(北村有起哉)だと確信。ウロボロスを利用して、暴力団とアジアンマフィアの抗争をあおり、つぶし合いをさせようとしているとしか思えない。しかし、関本(佐々木蔵之介)によると、藤堂にもウロボロスから脅迫状が届いたという。関本と藤堂の関係を疑う山猫は、関本の言葉が信用できない。山猫は、関本に藤堂およびその裏にいると思われる結城との関係を問い詰める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

視聴者を飽きさせない工夫が満載

冒頭のスタジオセットの間違い探しや、勝村(成宮寛貴)のアフロ等々、第7話になっても視聴者を飽きさせない工夫を怠らない本作。もちろん、好みが分かれる表現ではあるが、工夫を絶やさないスタッフとそれを演じる俳優陣の心意気には大いに共感する。

もはや、何を描いても “本作らしさ” は健在

さて、前々回で喋らない山猫(亀梨和也)でも、安定した作品の世界が描けることが明らかになった本作。こうなると、余程の失敗がない限り “本作らしさ” は間違いない状況だ。今回も、ほぼこの先のネタ振り的な内容だったにもかかわらず、“本作らしさ” は健全。

もはや、ここでディティールに拘った解説や説明が不要な程に、作品の世界観は確立してる。このまま、最終回まで突っ走って欲しい。

あとがき

連ドラとしての完成度が高いのは間違いありません。ただ、もっと山猫が遊んだ方が本作らしさは強調されるかもしれません。次回に期待します。

読者の皆さんにお聞きしたい「連ドラの視聴を途中で止める条件は?」投票受付中!
↑ 読者の皆さんにお聞きしたい「連ドラの視聴を途中で止める条件は?」投票受付中!お時間のある時に、ポチッとご協力をお願いします。 (2016/2/29まで)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
怪盗探偵山猫 3冊合本版 『怪盗探偵山猫』~『怪盗探偵山猫 鼠たちの宴』<合本版「怪盗探偵山猫」シリーズ> (角川文庫)<合本版「怪盗探偵山猫」シリーズ> (角川文庫)
怪盗探偵山猫 (角川文庫)
怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス (角川文庫)
怪盗探偵山猫 鼠たちの宴<「怪盗探偵山猫」シリーズ> (角川文庫)<「怪盗探偵山猫」シリーズ> (角川文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8163/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/434352856.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

怪盗 山猫「遂に決着!巨悪の正体を暴け!」

ますます、遊び心満載。まさか「間違い探し」に CM前の文字! あいかわらずハイ・テンションで独特の世界を展開させつつ、ディテールでも楽しませてくれます 殺人容疑のかかる勝村(成宮寛貴)を救った山猫(亀梨和也) 彼は、藤堂(北村有起哉)都知事こそが、ウロボロスの黒幕と確信 あと、関本(佐々木蔵之介)、関本、犬井(池内博之)、さくら(菜々緒)が縦横無尽。 でも、黒幕ぶり...

怪盗山猫 第7話

山猫(亀梨和也)は、殺人容疑でとらわれていた勝村(成宮寛貴)を救い出します。 犬井(池内博之)は、逃亡した勝村を必死で捜しますが、彼の狙いは勝村と一緒にいる山猫でした。 東京では、暴力団とアジアンマフィアの関係が悪化していました。 その裏には、武装組織ウロボロスが絡んでいました。 山猫は、ウロボロスの黒幕が都知事・藤堂(北村有起哉)だと断言しますが、関本(佐々木蔵之介...

怪盗山猫 第7話

「遂に決着!巨悪の正体を暴け!」 内容殺人の容疑をかけられた勝村(成宮寛貴)を救った山猫(亀梨和也)そして、皆で、ストレイキャットの2号店へと逃げ込む。同じ頃、犬井(池内博之)は、勝村を捜し回っていた。 山猫は、藤堂(北村有起哉)都知事こそが、ウロボロ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR