あさが来た (第125回・2/26) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』公式
第21週『夢見る人』『第125回』の感想。
なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。
また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一しています。
※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと思います。


あさ(波瑠)を見舞いに来ていたはつ(宮崎あおい)は、みかんの木に例えてある話をする。それを聞いていた新次郎(玉木宏)は…。加野銀行では、大阪に来ていた亀助(三宅弘城)に榮三郎(桐山照史)は、新しい仕事を頼む。それを聞いた亀助は…。そして、あさのもとには大隈綾子(松坂慶子)が見舞いに駆けつける。綾子があさに伝える重要な情報とは…。そして和歌山のはつの家では、惣兵衛(柄本佑)が意を決して…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

どれも不幸な話は無く、前向きで幸せなくだりばかり…

農家のはつ(宮崎あおい)らしい「みかんの木」の例え話もいい感じ。
千代(小芝風花)は「リンゴちゃん」に昇格し角も取れた。
亀助(三宅弘城)は「役員秘書」に大抜擢。
山屋(南条好輝)、神田屋(笑福亭銀瓶)、天神屋(林家竹丸)の三羽ガラスもお約束の面白さ。
大隈重信の妻・綾子(松坂慶子)らしい、「女の見方は女」と言う温かい激励。
山王寺屋と眉山家の今後も気になる…

とまあ、今回は病室のベッドで寝たままのあさ(波瑠)を介して、これだけの脇役のあれこれを描いた15分間。幾ら何でも脇役の話が多過ぎると感じない訳では無いが、これまでも本作は(良い意味で)脇役を大事に描いて来た。それが、本作らしさになっているのも事実。

また、これだけエピソードを詰め込んでも、どれも不幸な話は無く、前向きで幸せなくだりばかりと言うのは実にいいこと。ヒロインをもっと描いて欲しいと言う思いは変わらないが、それは次週以降に期待しておこう。

女性らしい視点で、あさの教育進出が描かれるのが良い

そして、今週を観て感じたのは、ヒロインが女子教育、それも女子大学設立の話になってからのヒロインを含めた女性の描き方が、良いなと思うことだ。普通なら、男性中心の社会からの弾圧なり抑制を描き、女性らしいヒステリーを描いて、女性の解放から女子教育の重要性の話へ誘導するのが手っ取り早いし容易だと思う。

しかし、本作はその定石を踏まず、あさとは違った苦労や生活を送ってきた姉のはつの男性社会を受け入れつつの体験を経て、はつは息子たちを通して、あさは娘の千代を通して、我が子の教育を経由して、日本の未来の教育を描く手法を取っている。性差別する訳ではないが、女性らしい視点が活かされた脚本になっていると思う。

あとがき

終盤の和歌山の眉山家でのシーンで気になる1カットがありました。はつが「お母様に申す訳ないと言うてました。そやけど…」の時、カメラが僅かにブレます。望遠気味のアップで撮影しているのでブレやすいと思いますが。重要なシーンですから当然リテイクもしたと思います。が、このカットがOKテイクになったようです。

確かに幾度か録画を観直していますが、はつが「そやけど」で少し厳しい表情から柔らかな表情に変わるのも見事ですし、その台詞を受ける菊(萬田久子)の表情や動きも実に良い。惣兵衛(柄本佑)の複雑な心境もよく表れています。なかなか感慨深いラストシーンでした。

読者の皆さんにお聞きしたい「連ドラの視聴を途中で止める条件は?」投票受付中!
↑ 読者の皆さんにお聞きしたい「連ドラの視聴を途中で止める条件は?」投票受付中!お時間のある時に、ポチッとご協力をお願いします。 (2016/2/29まで)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「あさが来た」オリジナル・サウンドトラック Vol.1
連続テレビ小説「あさが来た」オリジナル・サウンドトラック Vol.2
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray]
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX2 [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8156/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/434298049.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 小説土佐堀川 女性実業家・広岡浅子の生涯 新装改訂版 (古川 智映子/著・潮出版社) 感想 ※平成27年度後期 連続テレビ小説「あさが来た」 の原案
第1週『小さな許嫁』
1 2 3 4 5 6
第2週『ふたつの花びら』
7 8 9 10 11 12
第3週『新選組参上!』
13 14 15 16 17 18
第4週『若奥さんの底力』
19 20 21 22 23 24
第5週『お姉ちゃんに笑顔を』
25 26 27 28 29 30
第6週『妻の決心、夫の決意』
31 32 33 34 35 36
第7週『だんな様の秘密』
37 38 39 40 41 42
第8週『京都、最後の贈り物』
43 44 45 46 47 48
第9週『炭坑の光』
49 50 51 52 53 54
第10週『お姉ちゃんの旅立ち』
55 56 57 58 59 60
第11週『九転び十起き』
61 62 63 64 65 66
第12週『大阪一のおとうさま』
67 68 69 70 71 72
第13週『東京物語』
73 74 75 76 77 78
第14週『新春、恋心のゆくえ』
79 80 81 82 83 84
第15,16週は “五代さまウィーク”、その後は “はつが来た” で「あさロスが怖い」視聴者対策をするNHKをどう思う?
第15週『大阪の大恩人』
85 86 87 88 89 90
[備忘録] 自分の「あさが来た」の感想がブレる理由
第16週『道を照らす人』
91 92 93 94 95 96
第17週『最後のご奉公』
97 98 99 100 101 102
第18週『ようこそ!銀行へ』
103 104 105 106 107 108
第19週『みかんの季節』
109 110 111 112 113 114
第20週『今、話したい事』
115 116 117 118 119 120
第21週『夢見る人』
121 122 123 124

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「あさが来た」第125回★リンゴちゃん

連続テレビ小説「あさが来た」 第125回(2月26日) あさ(波瑠)を見舞いに来ていたはつ(宮崎あおい)は、みかんの木に例えてある話をする。それを聞いていた新次郎(玉木宏)は…。加野銀行では、大阪に来ていた亀助(三宅弘城)に榮三郎(桐山照史)は、新しい仕事を頼む。それを聞いた亀助は…。そして、あさのもとには大隈綾子(松坂慶子)が見舞いに駆けつける。綾子があさに伝える重要な情報とは…。...

「あさが来た」 第21週 夢見る人 第125話

 帰る日が来て、はつ(宮崎あおい)はあさ(波瑠)にこんな話をしましたで。 「山におみかんの木ぃありましたやろ? 中には立派なのもあれば細いのもあります。 立派なのは、 ...

あさが来た 第125回

内容あさ(波瑠)の見舞いにやって来ていたはつ(宮崎あおい)は、例え話をして、あさを諭し。。。。 そのころ加野銀行では、榮三郎(桐山照史)が、亀助(三宅弘城)に。。。 敬称略 なんとなく、アレもコレも。。。 ドラマとしては、当たり前のことなので、 これは...

【あさが来た】第21週感想&スピンオフ決定&第20週視聴率

第20週(2/15~)「今、話したい事」の週間最高視聴率は、関東24.8%↓(2

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR