あさが来た (第124回・2/25) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』公式
第21週『夢見る人』『第124回』の感想。
なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。
また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一しています。
※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと思います。


あさ(波瑠)の病室にはつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)、藍之助(森下大地)が見舞いに来る。心配するはつに千代(小芝風花)はある話をすると…。そして、あさとはつは、女子の教育について語り合う。病院の給湯室を千代が通りかかると、そこに啓介(工藤阿須加)がいる。緊張した千代が啓介に話しかけると…。その頃、成澤(瀬戸康史)は、平十郎(辻本茂雄)の言葉が気になって悩んでいた…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

病室のセットが、良く出来てる

朝一番で病院に駆け付けたような雰囲気を醸し出すライティング。この病室のセットは、窓はベッドの頭方向だけだが、天井に(大きな)蛍光灯、ベッドの向かって左は壁とドアで、右側はガラス張りになっていて、狭いながらも時刻表現がしやすく出来てる。また、カメラも多角的に撮影ポジションが取れるよう良く出来てる。

まあ、そんなことはどうでも良いことだが、今週はヒロインの舞台がこの病室だけになるから、美術スタッフも余程考えたのだろう。それよりも、今回も冒頭から普通の千代が登場してホッとしたアバンタイトルだった。そして、惣兵衛(柄本佑)のアップで主題歌へ繋がる編集も、妙に新鮮だった。

はつが、病室で2人切りのシーンで話たのに驚いた

さて、病室を訪れた眉山一家。まず、惣兵衛と藍之助(森下大地)が退場する。そして、あさ(波瑠)とはつ(宮﨑あおい)と千代のいる病室で、はつがこの台詞を言ったのに驚いた。そう、びっくりぽんだ。

はつ「強いて聞かせてもらいます」

あさの女子大学設立は本作の後半の大きな山場だろうし、このまま退院してトントン拍子に進むのを嫌ったのだろう。どこかで、あさの “転” をもう一度しっかり強調しておきたいと言う作家の思いも間違っていない。

私が驚いたのは、それを(史実にない)あさの刺傷事件から入院、そして千代の改心(成長)を描きつつ、はつをお見舞いで登場させ、病室のシーンで描いたこと。

女子教育の必要性を、はつで補強したのは良いアイデア

普通なら、退院後に白岡家の客間でも良かったろうし、加野銀行で啖呵を切っても良かった。問い質す相手もはつでなく、あさの身を心配する立場なら千代、よの(風吹ジュン、うめ(友近)でも構わなかったはず。なのに、敢えて千代を病室から退場させ、あさとはつの2人きりの舞台を作って「強いて」の話に突入した。

得体の知れない白蛇さんのところになんて「お嫁に行きたくない」と言っていたはつがそれを当然として受け入れ、紆余曲折と苦労三昧の結婚生活の中から、少しずつ見出して来た小さな幸せを噛み締めている今のはつこそ、女子教育の必要性をあさに問い、描くのに最適な登場人物と選んだ作家のセンスは素晴らしい。

あさとはつを比較して描くことの集大成だったかも

段取り的には、少々強引で唐突なのは否めないが、これまでもはつはあさと言う超個性的人物の比較対象として描かれてきたことを考えると、今回の2ショットはその集大成とも言える。あの場に千代がいても良かったと思うが、シーンを印象的にするなら2人切りが一番。そんな演出的な判断もあったのかもしれない。

明日から、どうなっていくのやら…

そして、終盤では突然の養之助(西畑大吾)と恋人・セツ(寺下玲見)の登場に、成澤(瀬戸康史)に何かが。序盤では萬谷与左衛門(ラサール石井)をあさが助けて欲しいと言ったり。ここんとこ強まっていたホームドラマ風から、少し変わっていくのだろうか。と言っても、千代の恋バナがあるにはあるのだが…

あとがき

千代の描き方がとても自然になってきて良いと思います。まだ母とは打ち解けきれていないけど、普段はだいぶ普通に接し、母親譲り?の毒舌ぶりは健在って感じは悪くないです。そして、あさに問うはつの台詞も良かった。こうなると、もっとあさの台詞にも心に刺さる言葉が欲しいと贅沢を言いたくなります。

読者の皆さんにお聞きしたい「連ドラの視聴を途中で止める条件は?」投票受付中!
↑ 読者の皆さんにお聞きしたい「連ドラの視聴を途中で止める条件は?」投票受付中!お時間のある時に、ポチッとご協力をお願いします。 (2016/2/29まで)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「あさが来た」オリジナル・サウンドトラック Vol.1
連続テレビ小説「あさが来た」オリジナル・サウンドトラック Vol.2
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray]
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX2 [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8152/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/434253415.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 小説土佐堀川 女性実業家・広岡浅子の生涯 新装改訂版 (古川 智映子/著・潮出版社) 感想 ※平成27年度後期 連続テレビ小説「あさが来た」 の原案
第1週『小さな許嫁』
1 2 3 4 5 6
第2週『ふたつの花びら』
7 8 9 10 11 12
第3週『新選組参上!』
13 14 15 16 17 18
第4週『若奥さんの底力』
19 20 21 22 23 24
第5週『お姉ちゃんに笑顔を』
25 26 27 28 29 30
第6週『妻の決心、夫の決意』
31 32 33 34 35 36
第7週『だんな様の秘密』
37 38 39 40 41 42
第8週『京都、最後の贈り物』
43 44 45 46 47 48
第9週『炭坑の光』
49 50 51 52 53 54
第10週『お姉ちゃんの旅立ち』
55 56 57 58 59 60
第11週『九転び十起き』
61 62 63 64 65 66
第12週『大阪一のおとうさま』
67 68 69 70 71 72
第13週『東京物語』
73 74 75 76 77 78
第14週『新春、恋心のゆくえ』
79 80 81 82 83 84
第15,16週は “五代さまウィーク”、その後は “はつが来た” で「あさロスが怖い」視聴者対策をするNHKをどう思う?
第15週『大阪の大恩人』
85 86 87 88 89 90
[備忘録] 自分の「あさが来た」の感想がブレる理由
第16週『道を照らす人』
91 92 93 94 95 96
第17週『最後のご奉公』
97 98 99 100 101 102
第18週『ようこそ!銀行へ』
103 104 105 106 107 108
第19週『みかんの季節』
109 110 111 112 113 114
第20週『今、話したい事』
115 116 117 118 119 120
第21週『夢見る人』
121 122 123

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「あさが来た」第124回★一瞬、五代様

連続テレビ小説「あさが来た」 第124回(2月25日) あさ(波瑠)の病室にはつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)、藍之助(森下大地)が見舞いに来る。心配するはつに千代(小芝風花)はある話をすると…。そして、あさとはつは、女子の教育について語り合う。病院の給湯室を千代が通りかかると、そこに啓介(工藤阿須加)がいる。緊張した千代が啓介に話しかけると…。その頃、成澤(瀬戸康史)は、平十郎(...

べっぴん>『あさが来た』第124話

昨日 五代さん再登場で視聴率アップ と聞いたばかりなのに 今日 またもや五代さん再登場 どちらも回想なのが悲しいけど>ぉ …ひじゅにですが何か? 「もうちょっと親身になって話聞いてあげてたらて…」byあさ 同じく昨日 萬家さんにフォローしてやってほしいと書いたけど 今日のコレは ちょっと違う様な気がする。 上目線とまでは言わ...

べっぴん>『あさが来た』第124話

昨日五代さん再登場で視聴率アップと聞いたばかりなのに今日またもや五代さん再登場どちらも回想なのが悲しいけど>ぉ…ひじゅにですが何か?「もうちょっと親身になって話聞い...

「あさが来た」 第21週 夢見る人 第124話

 はつ(宮崎あおい)と対面したあさ(波瑠)は、またしても怒られてしょぼん・・・ 連日みんなに叱られて、さすがのあさも心折れそうなんやて。  そして萬谷(ラサール石井) ...

あさが来た 124回

内容あさ(波瑠)の病室に、はつ(宮崎あおい)たちがやってくる。 敬称略 千代に関しては、前回に続き、アバンから裏表を描いているので。 ここは、横に置いておくが。 。。。 はつ「強いて聞かせてもらいます」 まさかのセリフですね。 さすがに、びっくりぽん!...

NHK朝ドラ【あさが来た】 第124回 感想

あさ(波瑠)の病室にはつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)、藍之助(森下大地)が見舞いに来る。心配するはつに千代(小芝風花)はある話をすると…。そして、あさとはつは、女子の教育について語り合う。病院の給湯室を千代が通りかかると、そこに啓介(工藤阿須加)がいる。緊張した千代が啓介に話しかけると…。その頃、成澤(瀬戸康史)は、平十郎(辻本茂雄)の言葉が気になって悩んでいた…。 (上記あらすじは「...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR