相棒 season14 (第17話・2016/2/24) 感想

相棒 season14

テレビ朝日系・『相棒 season14』公式
第17話『物理学者と猫』の感想。


2カ月前、量子コンピュータに関する画期的な研究で知られる大学教授の知子(大沼百合子)が、実験中に事故死した。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、遺留品を返却するために大学を訪問。同大学職員で夫の成田(中丸新将)に遺留品を返した後、知子の研究を引き継いだ准教授の麻美(林田麻里)から話を聞く。知子のノートの中のある記述が気になる右京は、彼女と交流があった理論物理学の准教授・堀井(正名僕蔵)を訪ねる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「今回も、話を複雑にしてつまんなくする回なんだ…」

前回も書いたが、今回も観始めて早々に「今回も、話を複雑にしてつまんなくする回なんだ…」と発した妻。私よりも相棒ファンの妻に欠ける言葉が見つからない…

量子論を消化不良な脚本と、映像化し切れなかった演出

脚本は、徳永富彦氏。演出は、兼崎涼介氏。「シュレーディンガーの猫」の思考実験のワンアイデアから一気に書き上げてしまったような脚本。ただ、残念ながら難解な「シュレーディンガーの猫」を咀嚼し切れず、いつもの相棒の中に放り込んでしまった。せめて、編集がもう少し工夫されていたら結果は違っただろうに。

妙に複雑な事件にしたから、相棒らしさが見えてきた

お蔭で、難解な部分は演出の映像的な魅せ方の失敗も相まって、ただの難解なお話になってしまったって感じ。しかし、怪我の功名で、妙に複雑な事件を作り出したものだから、何となくいつもの知ったかぶりでどんどん1人で解決する右京(水谷豊)もいなかったし、亘(反町隆史)もちゃんと傍にいた。

もっと単純明快に右京と亘を魅せる事件は作れないのか

その意味では、相棒らしいと言えば言えなくもない。しかし、ここ数回の仕上がりを見ると、これ程の挑戦的で脚本と演出の腕が問われ、且つ好みが分かれる作品を2月末に放送するか?と言う制作陣への大きな疑問は残る。捻らず狙わず、もっと単純明快に右京と亘を魅せる事件を創造することは、もう出来ないのだろうか。

あとがき

パラレルワールド的な世界観、上手く映像化できたら面白作品になったでしょうね。ただの時間軸が解かり難いドラマになってしまったのが残念です。「シュレーディンガーの猫」への着目点もオチも良かっただけに、上手く1時間に集約出来たら…。次回に期待…して大丈夫かなあ。

読者の皆さんにお聞きしたい「連ドラの視聴を途中で止める条件は?」投票受付中!
↑ 読者の皆さんにお聞きしたい「連ドラの視聴を途中で止める条件は?」投票受付中!お時間のある時に、ポチッとご協力をお願いします。 (2016/2/29まで)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
六角精児 鉄旅の流儀 (JTBの交通ムック)
みんなが好きな『相棒』特命研究ファイル ドラマ『相棒』が100倍おもしろくなる本
「相棒 捜査一課 伊丹憲一」 オフィシャルフォトブック (ぴあMOOK)
相棒season14 オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8150/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/434247479.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話(元旦SP) 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒14 「物理学者と猫」〜面白い! 今回、視聴者はパラレルワールドを疑似体験した!

 SF的手法ですね。  ここで描かれた現実は、 ?山嵜麻美(林田麻里)が成田知子(大沼百合子)を殺して、復讐のために堀井亮(正名僕蔵)が麻美を殺した。 ?成田裕二(中丸新将)が妻の知子を殺し、研究を自分のものにしようとした麻美も殺し、復讐のために堀井が成田...

相棒14 テレ朝(2/24)#17

第17話 物理学者と猫 あらすじループする時間と一変する事件の結末 “物理学の迷宮”に迷い込んだ特命係の運命は!?  右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、遺留品の返却で帝都大学を訪れる。次世代機器として注目を集めている量子コンピューターの核となる実験に成功した成田知子(大沼百合子)という物理学者の遺留品だった。彼女は、実験中のアクシデントで死亡し、警察ではそれを事故死として処理していた。道すが...

相棒season14 第17話「物理学者と猫」★シュレーディンガーの猫

相棒season14 第17話「物理学者と猫」 2カ月前、量子コンピュータに関する画期的な研究で知られる大学教授の知子(大沼百合子)が、実験中に事故死した。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、 遺留品を返却するために大学を訪問。同大学職員で夫の成田(中丸新将)に遺留品を返した後、知子の研究を引き継いだ准教授の麻美(林田麻里)から話を聞 く。知子のノートの中のある記述が気になる右京は、彼女と交...

相棒season14 第17話

「物理学者と猫」 内容遺留品の返却へ向かう右京(水谷豊)と亘(反町隆史)2ヶ月前に事故で亡くなった成田知子(大沼百合子)が親しかったという、帝都大准教授、堀井亮(正名僕蔵)に手渡そうとするが、いなかった。右京は、遺留品の研究ノートにある“RT&rdqu...

「相棒 season 14」第17話

物理学者が"存在する世界"。 第17話『物理学者と猫』ネタバレです。 シュレーディンガーの猫、量子コンピュータになる。ジョン・グリビン 松浦俊輔 青土社 by G-Tools

相棒season14 第17話

ノーベル賞にも値する量子コンピューターの実験に成功した知子(大沼百合子)が、実験中の事故で命を落としました。 2ヶ月後、右京さん(水谷豊)と亘(反町隆史)は、知子の遺留品の返却を命じられます。 右京さんは、知子の研究ノートに赤ペンで書かれた「RT」の文字に興味を惹かれます。 また、亘は知子の死因に関わる実験器具の数が、別人の筆跡で書き直されていることに疑念を抱きます。 ...

相棒14期第17話(2.24)

『物理学者と猫』  脚本:徳永富彦 監督:兼﨑涼介 実験の最中に死亡した物理の教授の遺留品の返却のため、 大学を訪ねる杉下(水谷豊)と冠城(反町隆史)。 教授の論文の不明な箇所を尋ねようと 助教授の堀井(正名僕蔵)の部屋をノックする杉下だったが、 返答はなし。 堀井はそのときある人物の殺害を計画していた。 殺人を実行しようとしていた堀井助教授とその都度現れる特命係、 幾つかの平行世界を辿る...

相棒 Season14「物理学者と猫」

賛否両論の中で、随分、チャレンジ精神旺盛な実験作でしたね。 右京さん(水谷豊)が指パッチンするごとに変わっていく現実、というかディテール。 私は、SFチックで不思議な相棒が観られて「へ~~っ」でした。 でも、相棒名物、やはり「証拠品を返却に行き」巻き込まれちゃうあたり、個人的にウケたりして (^^*) 不思議パラレル・ワールド世界には、黒猫がお似合いで印象的でした。 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR