●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

あさが来た (第113回・2/12) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』公式
第19週『みかんの季節』『第113回』の感想。
なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。
※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと思います。


加野銀行では、危険な人物を記したえんま紙を用意して注意していた。あさ(波瑠)がその紙を見てみると、気になる人がいて…。一方、和歌山では、はつ(宮崎あおい)の長男、藍之助(森下大地)が大阪の加野銀行で働くために旅立とうとしていた。藍之助を見送るはつは…。新次郎(玉木宏)は紡績会社の社長を辞めたとあっさりあさに伝える。あさが驚いていると、成澤(瀬戸康史)という男があさを訪ねてやってくる…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

軽いノリと演出が、戻って来た

今回は、アバンタイトルから好調の滑り出し。今週は前回まで「はつ物語」だったら封印するしかなかった、この軽いノリと演出が戻って来た。やはり、ホームドラマの部分も大切だが、朝の忙しい時間帯にテンポ良く見せる工夫は大事だ。

テンポの良さの中に、心地良い “間”

主題歌明けも、実に軽妙に進んでいく。ノリが少し吉本新喜劇っぽくて、音楽も相まって、テンポの良さの中に心地良い “間” も生まれ、実にいい感じ。辻本茂雄さんを配役した価値があるってものだ。

やはり、大阪を舞台にした方が良い

そして、私が今週言い続けてきた、「どうにか眉山一家を大阪に連れ出すくだりに出来なかったのか?」件だが、舞台を大阪、白岡家と加野銀行にすると多種多様な登場人物がいるから、1つの出来事もいろんな描き方を選択できる。

今回を観る限り、和歌山と京都は無くても今日の15分間は明らかに成立してる。銀行の業務を描きながら、藍之助と千代の話も描けてる。その上、平十郎(辻本茂雄)に「天下の女性実業家」と台詞で言わせて、ヒロインの変化や存在感を強調。ラストの「運命の出会い」のナレーションも悪くなかった。

あとがき

結局、本作は単なるホームドラマではないのです。あくまでも、実在した女性実業家のパイオニアの生き様の物語。今週忘れかけていたことを思い出させてくれた15分間でした。この4日間無駄にしたような…。土曜日の次週のネタ振りに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「あさが来た」オリジナル・サウンドトラック Vol.1
連続テレビ小説「あさが来た」オリジナル・サウンドトラック Vol.2
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray]
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX2 [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8099/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/433713685.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 小説土佐堀川 女性実業家・広岡浅子の生涯 新装改訂版 (古川 智映子/著・潮出版社) 感想 ※平成27年度後期 連続テレビ小説「あさが来た」 の原案
第1週『小さな許嫁』
1 2 3 4 5 6
第2週『ふたつの花びら』
7 8 9 10 11 12
第3週『新選組参上!』
13 14 15 16 17 18
第4週『若奥さんの底力』
19 20 21 22 23 24
第5週『お姉ちゃんに笑顔を』
25 26 27 28 29 30
第6週『妻の決心、夫の決意』
31 32 33 34 35 36
第7週『だんな様の秘密』
37 38 39 40 41 42
第8週『京都、最後の贈り物』
43 44 45 46 47 48
第9週『炭坑の光』
49 50 51 52 53 54
第10週『お姉ちゃんの旅立ち』
55 56 57 58 59 60
第11週『九転び十起き』
61 62 63 64 65 66
第12週『大阪一のおとうさま』
67 68 69 70 71 72
第13週『東京物語』
73 74 75 76 77 78
第14週『新春、恋心のゆくえ』
79 80 81 82 83 84
第15,16週は “五代さまウィーク”、その後は “はつが来た” で「あさロスが怖い」視聴者対策をするNHKをどう思う?
第15週『大阪の大恩人』
85 86 87 88 89 90
[備忘録] 自分の「あさが来た」の感想がブレる理由
第16週『道を照らす人』
91 92 93 94 95 96
第17週『最後のご奉公』
97 98 99 100 101 102
第18週『ようこそ!銀行へ』
103 104 105 106 107 108
第19週『みかんの季節』
109 110 111 112

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワカメ>『あさが来た』第113話

閻魔紙に載せられていた「意外な人物」は 半分当たって半分ハズレ 半分“まんま”で 半分意外 …というところ? …ひじゅにですが何か? 「通してしもたがな」byあさ ↑何とか避けようとしていた相手と イキナリ画面が変わって向かい合っているヒロイン。 そして自己ツッコミの台詞。 この省略法はマンガ風。 マンガだとごく自然な切り替えでギ...

ワカメ>『あさが来た』第113話

閻魔紙に載せられていた「意外な人物」は半分当たって半分ハズレ半分“まんま”で半分意外…というところ?…ひじゅにですが何か?「通してしもたがな」byあさ↑何と...

あさが来た 第113回

内容榮三郎(桐山照史)平十郎(辻本茂雄)が作った“閻魔紙”に萬谷だけでなく、“山屋”“工藤”に名前があると知るあさ(波瑠)それぞれに事情があるようで。。。。。そして、もう一人怪しげな男がいるという。平十郎が追い返したらしい...

「あさが来た」 第19週 みかんの季節 第113話

 さて、『閻魔紙』の詳細が明らかになりましたで ( ̄▼ ̄) まず一人目、萬谷与左衛門(ラサール石井)。まぁ、この人は誰もが納得だわね。  お次は山屋の与平さん(南条好輝) ...

NHK朝ドラ【あさが来た】 第113回 感想

加野銀行では、危険な人物を記したえんま紙を用意して注意していた。あさ(波瑠)がその紙を見てみると、気になる人がいて…。一方、和歌山では、はつ(宮崎あおい)の長男、藍之助(森下大地)が大阪の加野銀行で働くために旅立とうとしていた。藍之助を見送るはつは…。新次郎(玉木宏)は紡績会社の社長を辞めたとあっさりあさに伝える。あさが驚いていると、成澤(瀬戸康史)という男があさを訪ねてやってくる…。 (...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR