フラジャイル (第5話・2016/2/10) 感想

フラジャイル

フジテレビ系・『フラジャイル』公式
第5話『余命1年の宣告通知難病の青年の夢よ叶え命を諦めない診断!!』の感想。
なお、 原作・草水敏、恵三朗「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」は未読。


臨床検査技師の森井(野村周平)は、腫瘍内科に入院する保育士・小早川(安田章大)と出会う。余命1年を宣告された小早川は、積極的な治療はせず、緩和ケア科に移ることを選択。森井は岸(長瀬智也)と宮崎(武井咲)の話から、小早川が最後の選択肢といえるある高額な抗がん剤は試していないと知る。直後、森井は病院の玄関で小早川とばったり会う。小早川を自分の自転車に乗せた森井は、彼から「やりたかったこと」を聞き…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

大人の事情なんて、くそ食らえ

ゲストに安田章大さんを迎え、大人の事情丸出しだが、そんなのくそ食らえ(失敬!)って感じ。むしろそれを活かして、患者の小早川(安田章大)と岸(長瀬智也)を巧みに直接的と間接的に自在に絡めたストーリーで、見応えのある1時間になった。こう言う大人の事情なら大歓迎だ。

主人公の言葉や考えで、テーマを描いたのは素晴らしい

また、演出家が第1,2話担当の石川淳一氏に戻ったが、脚本は前回同様に宮崎(武井咲)の成長物語はやや封印気味にして、コミカル担当にへ。その分、森井(野村周平)の苦悩を前面に押し出したことで、岸の先輩としての教えを通して、「病理医とは何か?」「医師とは何をするべきか?」を、主人公の言葉や考えとしてきっちり描いたのは素晴らしい。

“俳優・長瀬智也” が寡黙で厳しいが優しい男を熱演

そして、前回のあとがきで書いた「“俳優・長瀬智也” の魅力を存分に描けば言うことはありません」の部分も、今回は完全に魅せた。あからさまに出番を増やすのでなく、肝心要の時にだけ登場させて、言葉少なに “俳優・長瀬智也” らしい寡黙で厳しいが優しい男を演じてくれたと思う。

あとがき

医療技術や命の大切さを前面に押し出すのでなく、患者の立場でのお金や経済性と、医師の立場での理想の治療や倫理的なものを、真正面からぶつけて「医療と金」の問題を浮き彫りにしたと思います。まさか、病理医のドラマで、ここまで「金」と「治療」を天秤にかけるようなシビアなドラマを描くとは驚きです。

その上、患者・小早川の切ない最期。森井の思いと成長。そして、ラストでも主人公は多くを語らず日常作業に追われるが、ここで長瀬さんのヴォーカルの主題歌が流れる…

 ♪壊れそうなほど
  胸が苦しくて
  明日が見えなくても
  ただ歌うしかなくて♪
            ※主題歌:TOKIO「fragile」より引用抜粋

第5話は、この歌詞を患者・小早川の切なくも最後まで諦めずに生き抜いた生き様を映像化したようなドラマだったと思います。小早川の歌を聞きたかった…。本作、完成形になってきたと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「フラジャイル」オリジナルサウンドトラック
fragile(初回限定盤)(DVD付) TOKIO
fragile(通常盤) TOKIO
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(1) (アフタヌーンコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8094/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/433682282.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フラジャイル余命1年の宣告通知難病の青年の夢よ叶え命を諦めない診断!!」

今回、スポットが当たったのは、森井久志(野村周平) 医学部に居たものの、家の斜陽事情… 特に金銭の問題で、ここ、病理診断科で働くようになった模様。 そんな彼と、余命宣告された患者の小早川洋行(安田章大)に友情が生まれ、もしかしかたら効く薬の値段が高すぎ、治療器が膨大ゆえ、諦めて緩和ケア科にきたよう しかし、森井は最後の望みの抗癌剤を諦めることができません。一方、人生、諦めか...

フラジャイル #05

『余命1年の宣告通知 難病の青年の夢よ叶え 命を諦めない診断!!』

フラジャイル 第5話

「余命1年の宣告通知難病の青年の夢よ叶え命を諦めない診断!!」 内容ある夜、帰ろうとしていた森井(野村周平)は、宮崎(武井咲)に声をかけ、病院を出ようとしたとき、腫瘍内科に入院する小早川洋行(安田章大)と遭遇。悲壮感も無く笑顔の小早川に違和感をおぼえ、去...

コメント

かなり「完成」した一話

初めまして、コメントを書き込むのは初めてのIDE(イデ)と申します。

安田さんの演技は幼く感じたものの、一つの話としては、ここ最近観た(他作品も含め)テレビドラマの中で「かなり完成した一話」になっていたと思いました。
脚本が見事だったのでしょうか?

こういうテレビドラマをもっとたくさん観たいと思います!!
  • 2016-02-12│04:03 |
  • IDE URL│
  • [edit]
Re: かなり「完成」した一話
☆IDE(イデ)さん
初めまして。そして、コメントありがとうございます。

病理医の部分は、多少薄まってはいましたが、
病理に関わる人間だからこその苦悩など、しっかり描かれていました。

私も、こう言う「一話完結性の高さ」と「連ドラの面白さ」を
兼ね備えたドラマをもっと増やして欲しいです。

これからもよろしくお願いします。
  • 2016-02-12│05:37 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR