●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう (第3話・2016/2/1) 感想

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

フジテレビ系・月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』公式
第3話『突然のキス…一番幸せな日』の感想。


音(有村架純)は練(高良健吾)と再会を果たし、携帯電話の番号を教えてもらった。そんな中、音の勤務する「春寿の杜」では、本社から派遣されたという朝陽(西島隆弘)が働き始める。ある日、夜勤を終え、静恵(八千草薫)の家に立ち寄ろうとした音は、練と遭遇。一緒にいた木穂子(高畑充希)を交際相手だと紹介される。一方、小夏(森川葵)は晴太(坂口健太郎)とヘアサロンやセレクトショップを巡り、彼から‘もうかるアルバイト’を教えてもらう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

石井祐介氏の演出で、少しだが月9らしさが見えた

これまでと全く違う人物描写になっていると思ったら、演出が第3話で並木道子氏から石井祐介氏に。以前にも書いたように、並木氏の脚本以上に人間関係をよじらせて描くのが苦手なのだが、石井氏になり全体が絞り込まれてスッキリした印象を受けた。きっと脚本家は同じだから、相当に編集でバッサリやったのではないだろうか。

盛り込み過ぎで、主人公2人を描き切れていない

とは言っても、脚本が脚本だから全体に、殺伐とし理不尽な社会を生きる今の若者たちを懸命に生きる姿を描こうって感じは何となく分かる。特に、脚本や戯曲的な角度では。

しかし、映像で見てしまうと、偶然の多用や描くことが多過ぎて、音(有村架純)は練(高良健吾)と言う2人の人間を描き切れていないと思う。今回は “月9風” のど真ん中な胸キュン演出と、編集で尺を多めにとってあるせいもあり、、音と練の恋バナのくだりはかなり良い感じに仕上がっていたと思う。

群像劇風にせず、音と練の胸キュン恋バナじゃダメなの?

ただ、全体を見れば、明らかに散漫。まさか、女3人に好かれるゴキゲンな引越し屋さんの話のはずは無いのだから、群像劇風になんて描かずにストレートに音と練の胸キュン恋バナにすれば良いのに…

あとがき

切ない雰囲気が全編に漂っているのですが、漂ってるのは雰囲気であって、個々の人物を描いていると言うより単なる切ない設定を見せてるって感じ。そんなあちこちの人物を描く前に、主人公2人をきっちり描いた方が、普通に楽しめると思うんですけれど。書きたいものを書くと言う作家性は理解しますが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」オリジナルサウンドトラック
手嶌葵「明日への手紙」
明日への手紙 Single, Maxi 手嶌葵 形式: カセット


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8055/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/433302845.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そんなの好きやからに決まってるやん(有村架純)

トークショーで公開が延期されている映画の宣伝に現れたクドカンと二枚目ゴリラ・・・。 「あまちゃんの脚本は全体的な筋は決まってたんですか」 「もちろん・・・でも・・・いくつか変更点はあって・・・有村架純さんの出番はもう終わったな・・・と思っていると・・・あ・・・ここにも出るな・・・と追加撮影がありまし

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう「突然のキス…一番幸せな日」

それにしても、高畑充希、華と演技力をかわれてか、またまた複雑な女性を演じてますね。 音(有村架純)と練(高良健吾)が、相応の環境で、徐々に距離を縮めていく感じは、とてもいい雰囲気なのに、 全体としては、随分と、さまざまな要素を盛り込んであり、複雑な余韻。 坂元裕二ワールドは、色々な味がする料理、みたいですね。       (ストーリー) 音(有村架純)は練(高良...

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう #03

『突然のキス…一番幸せな日』

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第3話

練(高良健吾)と再会した音(有村架純)は、勤めている介護施設で再び朝陽(西島隆弘)と顔を合わせることに。 朝陽は本社から派遣され、同じ施設で働くことになったのだと言います。 夜勤を終えて、静恵(八千草薫)の家に立ち寄ろうとした音は、木穂子(高畑充希)と一緒にいる練に出会います。 練は付き合っている人として木穂子を音に紹介します。 音と別れた後、練は木穂子に交際を申し込...

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第3話 感想

 木穂子の濃い化粧が似合ってないと思ってたから、やっぱりそうっだたのかって…。  普段の格好とは違う服に着替え、別の自分を演じて練に会ってたんですね。  二人の出会いも今回で分かりました。  練は木穂子を想っているけど、片思い。  木穂子にとって練は寂しさを紛らわせるための相手。  でもそれが本気になりつつある。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第3話

「突然のキス…一番幸せな日」 内容偶然から、練(高良健吾)と再会した音(有村架純)は、電話番号などを聞き、わずかながらも幸せを感じる。同時に音は、練に恋人がいると知るのだった。 一方、練は、部屋のいろいろなモノを買いそろえる木穂子(高畑充希)に、...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR