悪党たちは千里を走る (第2話・2016/1/27) 感想

悪党たちは千里を走る

TBSテレビ系・テッペン!水ドラ!!『悪党たちは千里を走る』公式
第2話『自作自演!?誘拐犯は子供!?』の感想。
なお、 原作・貫井徳郎「悪党たちは千里を走る」は未読。


高杉(ムロツヨシ)にジョン・レノンと名乗る人物から電話がくる。巧を誘拐した犯人は高杉だと言われ、巧の両親に1億円の身代金を要求しろと命令される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

うーん…

全10話だそうだが、第2話なのにそれ程物語が動かない。と言うか、劇中で時間経過が殆ど無い。また、シチュエーションだから止むを得ないが室内で似たようなカットばかり。第1話はキャラもしっかし描けてるし、テンポも悪く無いと思ったが、今回はかなり拍子抜け。きっと最終章でどんでん返しって展開なのだろうが、そこまでこちらが待てるかどうか…

あとがき

謎と引き伸ばしばかりで、今一つ面白味を感じにくかったです。ムロツヨシさんの存在感とテンポの良さは認めますが、連ドラとしてみると何かが物足りません。次回で見極めするかも…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
悪党たちは千里を走る (幻冬舎文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8035/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/433090700.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悪党たちは千里を走る「自作自演!?誘拐犯は子供!?」

貫井徳郎の同名小説を原作に、第4回TBS連ドラ・シナリオ大賞でグランプリを受賞した渡邉真子が脚本を手掛ける、笑えて泣けるユーモラスサスペンス、なんですってね。 2話目から見たので、今ひとつ微妙なところは分からなかったのですが、奇想天外さと、独特のノリは、ユーモアサスペンスらしかったです。 どうやら、制作会社のドラマディレクター・高杉篤郎(ムロツヨシ)は、渾身の企画を盗用した上司に...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR