相棒 season14 (第13話・2016/1/27) 感想

相棒 season14

テレビ朝日系・『相棒 season14』公式
第13話『伊丹刑事の失職』の感想。


転落死事件を捜査した伊丹(川原和久)は、亡くなった女性の元上司に届いたという遺書らしきメールの内容や現場の状況から、自 殺と断定。しかしその1カ月後、女性の死は殺人だったとある新聞がスクープ、犯人から送られてきたという手記を掲載する。新聞の編集部に出向いた伊丹は、犯人の手記の提出を拒否されてもめ、自宅待機処分に。一方、同紙のバックナンバーを調べた右京(水谷豊)は、ある広告記事に注目する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

登場人物を交錯させた捻った脚本が得意の金井脚本

脚本は、Season14の第3話『死に神』で異動してきたばかりの亘(反町隆史)を「同居人」「お客様」扱いから「新相棒」への格上げを描き、第9話『秘密の家』では更に「右京の相づち係」から「話し相手」にした金井寛氏。

多めの登場人物を複雑に交錯させて捻った脚本が得意と言う印象がある。そして、今回もまさにそんな内容だった。

久し振りに “相棒らしい相棒” を観ることが出来た

まあ、突っ込み所が無い訳で無いが、まずは久し振りに “相棒らしい相棒” を観ることが出来たと言って良いと思う。その理由は、「杉下右京の事件簿」にはなっていなかったことが大きい。「特命係+伊丹」と言うチームで事件を解決したように描いていたのは、素直に良かったと思う。

亘の影が薄かったのが残念

ただ、1つ残念なのは金井氏の脚本の割に、亘の影が薄かったこと。しかし、いつもよりは常に右京(水谷豊)と二人三脚で行動を共にしていたし、これまでの亘と伊丹(川原和久)の協力関係を上手に取り入れて、先に書いた「特命係+伊丹」と言うチームとして魅せたのは、最近には無かったこと。

レギュラーの登場人物イジリは止めて…

そしてもう1つ残念と言うより気になったこと。それは、サブタイトルも思わせぶりなものまで付けて、またレギュラーの登場人物イジリをしたこと。長年の相棒ファンがそんなことを望まないのはつくり手も承知だと思うのだが、それでもやるってことは、それ程にネタが無いのかと心配になってくる。

あとがき

今回を一定の評価したいのは、亘の個性は多少薄まっても、「特命係」の存在感がそれなりに表現されたことが大きいです。言い換えれば、右京1人が活躍するのでなく、特命係が活躍したこと。だって、それが『相棒』と言うドラマの神髄だと思うからです。私は、右京と亘が互いを相棒と思い、特命係として事件を解決するのを観たいだけなのです…

それと備忘録的に書いておきますが、今回の撮影担当・中村耕太さんのカメラワークが所々すごく良かったです。例えば、終盤の右京さんが副編集長にお説教をする際のカメラアングル、その後の水道工事屋さんに右京さんと亘が一言言うシーンの微妙で丁寧なピント送り。登場人物の心情を上手くレンズを通して描いたと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒season13(上) (朝日文庫)
杉下右京の多忙な休日
杉下右京の冒険 (朝日文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8032/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/433087311.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話(元旦SP) 第11話 第12話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒14期第13話(1.27)

女性が転落死する事件が発生、 伊丹(川原和久)は自殺として処理するが、 一ヶ月後に殺人を告白する真犯人の手記が新聞で発表され、 責任を問われた伊丹は謹慎を言い渡されてしまう。 これが最後の事件と覚悟した伊丹は特命係と共に事件の真相を追う。 転落死した女性は詐欺グループの一員、 被害者遺族と知り合い、詐欺事件の真相を追った記者が女性を死なせてしまい、 詐欺グループのボスに詐欺だけでなく、殺人...

「相棒14」13話

詐欺… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601280000/ 相棒(season 13 上) [ 輿水泰弘 ]価格:928円(税込、送料込)

相棒14 「伊丹刑事の失職」〜我々には一般紙がやれないことをやってやろうという気概と根性があります

 ジャーナリストはそれなりの調査能力を持っているから、悪の追及が気出るんですよね。  だから詐欺集団を暴いた。  一方で、詐欺集団を告発できなかった警察は何をやってたんだ? って感じ。  詐欺の被害届はたくさん出ていたし、被害者は共通の旅行代理店を使って...

「相棒 season 14」第13話

女性の死。 ジャーナリストの正義感。 第13話『伊丹刑事の失職』ネタバレです。 おひとりさま温泉 東日本編 2016年 02 月号 [雑誌]: 旅行読売 増刊旅行読売出版社 by G-Tools

相棒14 テレ朝(1/27)#13

第13話 伊丹刑事の失職 あらすじ事件の真相を綴った犯人の手記を新聞がスクープ 殺人を自殺と見誤った伊丹が刑事クビの危機に!  1か月前、伊丹(川原和久)が自殺として処理した女性の転落死が、『実は殺人だった』と告白する犯人の手記が新聞にスクープされた。そこには、犯行動機 や偽装の経緯、さらには犯人しか知りえない情報も書かれていた。責任を問われた伊丹は、新聞社に手記の現物提出を要求するも拒否さ...

相棒season14 第13話

美咲(田中えみ)と言う女性が自宅マンションから転落死します。 前夜、半年前まで美咲が勤めていた旅行会社の社長・峰岸(志村東吾)に遺書めいたメールが送られていて、室内にも争った形跡がなかったことから、捜査一課の伊丹(川原和久)は自殺と断定します。 しかし、1ヵ月後、ある新聞社が美咲の殺害を告白して謝罪する犯人からの匿名手記を掲載します。 自分の手で犯人を捕まえたい伊丹は、新聞...

相棒season14 第13話

「伊丹刑事の失職」 内容加納美咲(田中えみ)が自宅マンションから転落死して見つかる。伊丹(川原和久)らが捜査をはじめていたところ、以前勤めていた会社社長・峰岸圭一(志村東吾)がやってくる。遺書めいたメールが送られてきたという。部屋の状況も含め、伊丹は自...

相棒 season14 第13話 伊丹刑事の失職 感想

イタミン、最大のピンチ?! 公式HPよりあらすじ 1か月前、伊丹(川原和久)が自殺として処理した女性の転落死が、『実は殺人だった』と告白する犯人の手記が新聞にスクープされた。そこには、犯行動機や偽装の経緯、さらには犯人しか知りえない情報も書かれていた。責任を問われた伊丹は、新聞社に手記の現物提出を要求するも拒否されてしまい、はずみで柏田編集長(野仲イサオ)を突き飛ばしてしまう...

相棒 Season14「伊丹刑事の失職」

イタミンの危機に、特命の活躍、 久々、賛否両輪になるほど怖い右京(水谷豊)さん… でも、相棒らしかったです。 オハナシも随分、凝ってました。 噂では、相棒の視聴率が苦戦してるみたいですが、たしかに、試行錯誤中の感 どうなるどうなる?!       (ストーリー) 事件の真相を綴った犯人の手記を新聞がスクープ 殺人を自殺と見誤った伊丹が刑事クビの危機に! ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR