あさが来た (第94回・1/21) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』公式
第16週『道を照らす人』『第94回』の感想。
なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。
※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと思います。


五代友厚(ディーン・フジオカ)は、体調を崩していた。新次郎(玉木宏)は心配し、五代とふたりで語り合う。友情が芽生えた新次郎と五代は、ある約束を交わす。あさ(波瑠)は新次郎に社長就任を受けてほしいと話す。よの(風吹ジュン)も新次郎に社長を務めてほしいと言う。すると、新次郎は…。五代の体調を心配していたあさは、なかなか五代に会えないでいた。するとある日、五代の秘書が、あることを伝えにやってくる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

五代と新次郎の再会を描いただけのアバンも良し

世間の評判やNHKのリーク情報などからは、もっと「五代ウィーク」として大きな花火を上げるのかと思いきや、実に今週も奇を衒わず落ち着いたトーンで描いている。そして、今朝のアバンタイトルもそう。さりげなく五代友厚(ディーン・フジオカ)と新次郎(玉木宏)の再会を描いただけで、40秒足らずで終了。これは、今日の15分間も良さ気な予感がする…

新次郎の社長就任がユーモラスだから緩急がつく

前回が「加野屋の新たな船出」のプロローグとするなら、今朝は正に本編のスタートと言った感じ。特に新次郎(玉木宏)が社長就任するくだりに、ユーモアを添えて描くことで、前段の五代ンシーンとのバランスを取ったのはお見事。

今朝も、座敷の照明とカメラワークが良い

その後の新次郎とあさ(波瑠)で五代の話をする座敷のシーンもいつものように美しい。今回はカメラ手前に新次郎を置いて物理的に大きく映すことで、新次郎が人間的に大きくなったことを表現し、小さく映る奥に座るあさは正に五代への不安で心が小さくなっているのを表してると思う。これこそカメラワークと言うものだ。

今朝の五代の描き方は、秀逸過ぎる

そして、今日の15分間で秀逸だったのが、五代の描き方。「この姿を見せたない」と言う五代のカッコ良さを魅せながら、英語を翻訳したりと五代らしい部分をここぞとばかりにふんだんに盛り込んで来た。

その上、「加野屋の新たな船出」の “船頭” や “水先案内人” として重要な役割や役目を与えて、加野屋、そしてあさにとって重要人物であることをきっちりと魅せてきた。この位の描写や扱いが丁度良いと思う。そして、「続きは明日…」的な音楽での余韻も良かった。

あとがき

今朝の15分間は全体のバランスがお見事でした。あとは明日ってことですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 あさが来た Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 あさが来た 上
広岡浅子徹底ガイド おてんば娘の「九転び十起き」の生涯
新装改訂版 小説土佐堀川 ――女性実業家・広岡浅子の生涯


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8007/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/432821679.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 小説土佐堀川 女性実業家・広岡浅子の生涯 新装改訂版 (古川 智映子/著・潮出版社) 感想 ※平成27年度後期 連続テレビ小説「あさが来た」 の原案
第1週『小さな許嫁』
1 2 3 4 5 6
第2週『ふたつの花びら』
7 8 9 10 11 12
第3週『新選組参上!』
13 14 15 16 17 18
第4週『若奥さんの底力』
19 20 21 22 23 24
第5週『お姉ちゃんに笑顔を』
25 26 27 28 29 30
第6週『妻の決心、夫の決意』
31 32 33 34 35 36
第7週『だんな様の秘密』
37 38 39 40 41 42
第8週『京都、最後の贈り物』
43 44 45 46 47 48
第9週『炭坑の光』
49 50 51 52 53 54
第10週『お姉ちゃんの旅立ち』
55 56 57 58 59 60
第11週『九転び十起き』
61 62 63 64 65 66
第12週『大阪一のおとうさま』
67 68 69 70 71 72
第13週『東京物語』
73 74 75 76 77 78
第14週『新春、恋心のゆくえ』
79 80 81 82 83 84
第15,16週は “五代さまウィーク”、その後は “はつが来た” で「あさロスが怖い」視聴者対策をするNHKをどう思う?
第15週『大阪の大恩人』
85 86 87 88 89 90
[備忘録] 自分の「あさが来た」の感想がブレる理由
第16週『道を照らす人』
91 92 93

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「あさが来た」第94回★比翼の鳥

連続テレビ小説「あさが来た」 第94回(1月21日) 五代友厚(ディーン・フジオカ)は、体調を崩していた。新次郎(玉木宏)は心配し、五代とふたりで語り合う。友情が芽生えた新次郎と五代は、ある約束を交わす。あさ(波瑠)は新次郎に社長就任を受けてほしいと話す。よの(風吹ジュン)も新次郎に社長を務めてほしいと言う。すると、新次郎は…。五代の体調を心配していたあさは、なかなか五代に会えないで...

比翼の鳥>『あさが来た』第94話

五代さんったら 「相思相愛」を中国語で言ってたよね? …ひじゅにの空耳だったら以下の分は意味なし(笑) 「比翼の鳥」も中国の伝説だし 中の人@ディーンさんも中華圏で活躍してきた人だし いやん、やっぱカッコつけ …と言いたかっただけだす(*^^*;) …ひじゅにですが何か? 「内からだけやない、外からも支えると」by五代 やっぱ 五代...

比翼の鳥>『あさが来た』第94話

五代さんったら「相思相愛」を中国語で言ってたよね?…ひじゅにの空耳だったら以下の分は意味なし(笑)「比翼の鳥」も中国の伝説だし中の人@ディーンさんも中華圏で活躍してき...

あさが来た 第94回

内容ようやく、五代(ディーン・フジオカ)と再会した新次郎(玉木宏)。体調を崩している五代を気遣いながら、いろいろな話をする。そして、ある約束を交わすのだった。 加野屋へと戻った新次郎は、あさ(波瑠)榮三郎(桐山照史)たちから。。。。。 敬称略 ってこと...

NHK朝ドラ【あさが来た】 第94回 感想

五代友厚(ディーン・フジオカ)は、体調を崩していた。新次郎(玉木宏)は心配し、五代とふたりで語り合う。友情が芽生えた新次郎と五代は、ある約束を交わす。あさ(波瑠)は新次郎に社長就任を受けてほしいと話す。よの(風吹ジュン)も新次郎に社長を務めてほしいと言う。すると、新次郎は…。五代の体調を心配していたあさは、なかなか五代に会えないでいた。するとある日、五代の秘書が、あることを伝えにやってくる。...

「あさが来た」 第16週 道を照らす人 第94話

「明日・・・五代さんは東京に行きはります。 ひょっとしたらもう二度とこの大阪に戻ってくる事・・・ できへんかも分かりません」三坂(中川浩三) 「へ・・・?それはどうゆう ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR