●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

臨床心理学者 火村英生の推理 (第1話 / 初回15分拡大・2016/1/17) 感想

臨床心理学者 火村英生の推理

日本テレビ系・『臨床心理学者 火村英生の推理』公式
第1話 / 初回15分拡大『大人気ミステリーが奇跡のコンビで映像化名探偵は殺人鬼!?美しい犯罪が幕を開ける』の感想。
なお、原作:有栖川 有栖、麻々原 絵里依「臨床犯罪学者・火村英生の推理」シリーズは未読。


研究の一環として警察に協力している犯罪学者の火村(斎藤工)は、ある夜、京都府警の警部・鍋島(生瀬勝久)に呼び出され、友人で推理作家の有栖(窪田正孝)と、事件現場に駆け付ける。現場はホテルで、宿泊中のマジシャン・ニック(戸次重幸)の部屋で彼の助手が刺殺体で発見されたという。火村は、ニックと言葉を交わしただけで、事件を解決してしまう。そんな中、世間を騒がす連続通り魔事件の3人目の被害者が見つかる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

イケメン2人のスタイリッシュな推理ドラマ?

脚本は、『地獄先生ぬ~べ~』のマギー氏。演出は、『地獄先生ぬ~べ~』『花咲舞が黙ってないシリーズ』の佐久間紀佳氏。かなり好意的に解釈すると、殺人現場に何らかの快楽を感じ、謎と心の闇を抱える犯罪学者と、彼を救いたいと言う親友で推理作家が、スタイリッシュに難事件に立ち向かうって物語らしい。

15分拡大を止めて、後半の事件だけだったら…

火村(斎藤工)の推理力の魅せ方は、あれはあれでアリだと思う。ただ、如何せん前半と後半の事件に差があり過ぎた。15分の拡大を止めて、後半の事件だけにするだけでもだいぶ印象が違ったろうに。

出演者全員が “スタイリッシュ” に拘り過ぎ…

あと、これはドラマとは直接関係ないが、出演者全員が “スタイリッシュ” に拘り過ぎて、演技やら存在感やら違和感を覚える場面が多かった。また、窪田さんの関西弁も、江戸っ子の私が聞いても所謂テレビドラマ的関西弁って感じで…。原作はともかく、本作は関西である必然性を感じなかった。

あとがき

久し振りの女性絡みの役でない斎藤工さんと、出演作にハズレ無しの窪田正孝さんに期待して観ましたが、イケメン2人のスタイリッシュな推理ドラマって方向で良いのかなって感じでした。ただ、登場人物らの謎や闇を散りばめ、時間は淡々と解決するのでなく、もう少し “何か” が欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
臨床犯罪学者・火村英生の推理 I 46番目の密室 (角川ビーンズ文庫)
臨床犯罪学者・火村英生の推理 II ロシア紅茶の謎 (角川ビーンズ文庫)
新装版 46番目の密室 (講談社文庫)
Selfy Trick/EDGE of LIFE


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7990/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/432696485.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

臨床犯罪学者 火村英生の推理

大学准教授で犯罪学者・火村英生(斎藤工)は、警察の依頼を受けて捜査に協力して、数々の事件を解決して来ました。 心に闇を抱えて、「人を殺したいと思ったことがある」と公言する火村を見守り、サポートしているのは、友人で推理作家でもある有栖川有栖(窪田正孝)です。 若い女性が殺害される連続通り魔事件が、2週連続で火曜日の夜に起こり、火村は3週目の火曜日の夜に第3の殺人が起こると考えま...

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」美しい犯罪を探して1ゲーム通りに殺し続けた殺人鬼は自らの肉親の死によってゲームオーバーを迎えた通り魔殺人事件

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は臨床犯罪学者火村英生と推理小説家有栖川有栖がコンビを組んで数多くの難事件を解決していくストーリーある。人を殺してみたい臨床犯罪学者火村 ...

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」1 ☆☆☆

窪田正孝が可愛い!変な関西弁も可愛いー(><)京都での犯罪、それも殺人事件が起こると警察に呼ばれて馳せ参じる火村(斎藤工)と有栖(窪田正孝)。そしてサクサク謎を解いて ...

臨床犯罪学者 火村英生の推理 #01

臨床犯罪学者 火村英生の推理 #01 原作一部既読だったので視聴。昨今の日テレのミステリー系ドラマは、『ドS刑事』にしろ『掟上今日子の備忘録』にしろ小説を原作にしているものが多く、その出来も良いので期待していたのだが、率直に言えば期待外れ。一話としての出来を、原作既読あるいは未読の人がどう評価を下しているのかは分からないが、正直良くはないだろう。 気になるのはやはり関西弁か。原作...

臨床犯罪学者 火村英生の推理

サブタイトル「大人気ミステリーが奇跡のコンビで映像化名探偵は殺人鬼!?美しい犯罪が幕を開ける」 原作は、有栖川有栖による日本の推理小説のシリーズで、「映像化されていない最後の本格ミステリー」とも言われる代表作 『作家アリスシリーズ』の中でも、「学生アリスシリーズ」と区別するため、「火村英生シリーズ」・「作家編」などとも呼ばれるのだそう イケメン2人が、探偵役とワトソン役にな...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR