●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

[読書] 50語でわかる! 最初で最後のシャンパン入門 (山本 昭彦/著・講談社) 感想

50語でわかる! 最初で最後のシャンパン入門
【おススメ度】★★★★

私の評価基準(書籍用)


これ程にシャンパンを解かり易くまとめた本は無い

私は数多くのワインやシャンパン関連の本を読むが、冒頭の「シャンパンはどういうワインか?」の1ページを読むだけで、本書のリズミカルで丁寧な文体と、シャンパンへの真面目で真摯な態度がすぐに感じ取れる。

多分、これほど「シャンパンはどういうワインか?」を的確に解かり易くまとめた文章は滅多にお目にかかれないと思う。あなたがワインやシャンパンの初心者なら間違いなくお薦めの一冊だ。

“シャンパンのうんちく” のネタ本として使える

読み易さや解かり易さでは入門書として抜群の出来だが、全体が教科書的な読み物風に仕立ててあるため、中級者でも “シャンパンのうんちく” のネタ本として楽しく読める。とにかく、調査や資料が詳細且つ具体的なため、実にスラスラと頭の中に情報が入っていく。

前半で知識を得て、後半で実践

また、全体が先に書いたような教科書的読み物になっている第1部「シャンパンを知るための50のキーワード」と、シャンパンのカタログ集のような第2部「死ぬまでに飲みたい50本のシャンパン」の2部構成になっているのも実用的だ。前半で知識を得て、後半で実践。実に理に適った本なのだ。

あとがき

シャンパン・ゴールドの表紙が美しい本書は、価格も手頃で、内容も入門書としても中級者のネタ本としても使える2度美味しい本になっています。特に、後半のカタログの紹介コメントが的を射ており、役に立つと思います。

特に、クリスマス、年末のカウントダウン、年始の乾杯には欠かせないシャンパーニュ。是非、本書で最高の1本を見つけてみてはいかがでしょうか。


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
読めば身につく! これが最後のワイン入門
今夜使えるワインの小ネタ 知ればおいしい!
死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン (講談社+α新書)
おうち飲みワイン100本勝負 (朝日新書)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7930/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR