相棒 season14 (第9話・12/16) 感想

相棒 season14

テレビ朝日系『相棒 season14』公式
第9話『秘密の家』の感想。


右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、捜査のため行った廃工場で、ひなた(須田理央)という少女が描いた絵を拾う。場違いな絵に疑問を抱いた右京は、ひなたを捜し出す。母親の志乃(新妻聖子)の話にも納得できない右京は、ひなたが誘拐され、廃工場に軟禁されていたのではないかと疑う。やがて、志乃の父が警察OBで警備会社社長の川口(西田健)と判明。誘拐事件があったと思われるころ、川口の会社が来日要人の警護を担当していたと判明する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

どうしても、この3点に注視してしまう

今回の脚本は金井寛氏、演出は池澤辰也氏。もはや、個人的に今期の『相棒』を見る目が、以下の3つに限定されてしまっている。

1. 4代目相棒こと冠城亘が相づち係以上の活躍があるか?
2. 『相棒』らしい1時間で1話完結の物語になっているか?
3. 『杉下右京の事件簿』になっていないか?

今回は、この3点に絞り込んで順に観ていこうと思う。

冠城亘の存在は、これまでで一番 “マシ” だった

序盤の「花の里」で幸子(鈴木杏樹)と亘(反町隆史)が右京(水谷豊)をからかい右京も苦い顔で反応するシーンがあった。また、少なくとも右京の助手より上、相づち係以上の話し相手にはなっていた。また、今回は普通なら右京が喋ってしまう台詞を意識的に亘に割り振っているように感じるシーンも多かった。

台詞が多くて、話し相手になっていることを喜んでいいのかと言う疑問は残るが、少なくともこれまでの中では “マシ” だったと思う。

杉下右京の事件簿風味の2時間サスペンス~亘添え~

では、本作らしいかと言えば、出世に全く興味の無い右京や警察の天下りなど警察内部が事件に絡んでいる点はらしいと言える。また、出世を捨てた右京だから真実に辿り着けたとも言える。亘もそれなりに右京と動いて、相棒らしさが無い訳で無い。

ただ、物語全体はそれなりに捻りがあって悪く無いと思うが、序盤で誘拐されたとされるひなた(須田理央)の父・祐介が「警察に嗅ぎ回られるのは正直気分のいいものではありません」で事件の全容はだいぶ見えてしまったし、序盤でほぼオチまで見えてしまったのは残念。

それに、右京が最初に新しい鍵とひなたの絵に興味を持つ導入部の不自然さから始まり、右京主導で捜査が進む展開を見ると、『相棒』と言うより2時間サスペンスに近い。

また、『帰ってきたウルトラマン』の名優・西田健さん演じるひなたの祖父で警察OBで警備会社社長の川口が素晴らし過ぎて、現役vs警察OBの図式になれば、“事件簿” の匂いが強くなるのは必至。

終盤のお説教と解説で亘の存在感が欲しかった

せめて終盤のひなたの父・祐介へのお説教と川口への謎解き解説のくだりで、相棒らしさを魅せていたら…と悔やまれる。ラストで亘が相づち係になってしまうから、益々 “事件簿” の匂いが強くなるのだ。まあ、今期の中では良かった方だと思います。

あとがき

元日スペシャルの予告編、見る限りですが過去の様々な登場人物が出てきて面白そう。是非、初対面の冠城亘を上手く絡めて作って欲しい。そして、今度こそ「スペシャルと劇場版に当たり無し」を覆して欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒season13(上) (朝日文庫)
杉下右京の多忙な休日
杉下右京の冒険 (朝日文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7912/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/431294459.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒14 テレ朝(12/16)#09

第9話 秘密の家 公式サイトから 少女の誘拐監禁事件が起きていた可能性が浮上 それを隠ぺいしているのは被害者家族だった!?  組対五課の応援に駆り出された右京(水谷豊)と、見学ということで 同行した亘(反町隆史)は、現場の廃工場で、小さな子供が描いたと思われる 母親の似顔絵を見つける。 そこは子供が立ち入るような場所ではなかったため、気になった右京は、 落し物を届けるという名目で、絵を...

相棒14 「秘密の家」〜推理の基本は、前提を間違えないこと、枝葉末節を排除すること

 推理っていうのは、最初の前提が大事なんですよね。  <誘拐されるのは子供>  この前提に立っていたら、事件は解決されなかった。  しかし、<母親が誘拐された>という前提に立つと、事件の全貌が見えてくる。  つまり、  なぜ、誘拐しやすい子供でなく、母親を...

「相棒」14」第9話

罪とは… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201512170000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】相棒(season 13 上) [ 輿水泰弘 ]価格:928円(税込、送料込)

相棒season14 第9話

組織犯罪対策5課の捜査に参加した右京さん(水谷豊)と、彼の後ろに隠れる亘(反町隆史)は、指名手配中の暴力団員が潜伏していた廃工場の一室で、子供が描いた母親の似顔絵を見つけます。 ちらしの裏に描かれた絵には、母親へのメッセージと「ひなた」という名前が書かれてありました。 部屋に新しい南京錠が掛けられていたことなどが気になった右京さんは、ちらしや子供の名前を手掛かりに人物を特定して、...

相棒season14 第9話

「秘密の家」 内容組織犯罪対策五課の角田(山西惇)たちの助っ人で、指名手配中の暴力団員が潜伏する廃工場へ向かった右京(水谷豊)亘(反町隆史)銃撃戦の末、組対五課は、室田の身柄の確保に成功する。その廃工場の中で、右京は妙に新しい南京錠がかけられている一室...

「相棒 season 14」第9話

誘拐の被害者家族。 第9話『秘密の家』ネタバレです。 ドット フラワーズ クレヨン+ d あおぞら by G-Tools

相棒 Season14「秘密の家」

突入先に落ちてた1枚の子供の絵から、明るみになった誘拐事件… オトナ達の事情もわかりますが、 ひなた(須田理央)ちゃんが可愛かっただけに、今後の、このファミリーのことを考えると、ちょっとビターな余韻が残りました。 相棒名物「(真相を)暴かなかった方が…」で、考えさせるパターンですね。       (ストーリー) 少女の誘拐監禁事件が起きていた可能性が浮上 それ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR