サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 (第9話 最終回・12/15) 感想

サイレーン 刑事×彼女×完全悪女

関西テレビ・フジテレビ系『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』公式
第9話/最終回『遂に決着…刑事VS完全悪女震撼の真相』の感想。
なお、原作漫画:山崎紗也夏氏の『サイレーン』は未読。


渡(光石研)の別荘には、カラ(菜々緒)に監禁され、衰弱しきった猪熊(木村文乃)がいた。里見(松坂桃李)はようやく猪熊の元にたどり着き、助け出そうとする。ところが、2人の背後にはおのを持ったカラが迫っていた。猪熊は里見がベルトに差していた拳銃を抜き、発砲。胸を撃ち抜かれたカラは息絶え、事件は終わりを迎える。しかし、事件にまだ引っ掛かりを覚える里見は、カラの過去を洗い直すため、再び単独捜査を行うが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

一卵性双生児オチと間抜け警察にがっかり

前回の感想で「最終回は矛盾を少なく、日本の警察ここにありを魅(見)せて欲しい」と書いたが、矛盾どころか謎解きの掟破りの「一卵性双生児オチ」だし、日本の警察も最後まで後手後手に回って終了。あの9頭身の美しい肢体はどうするのかとか、もう突っ込み所については散々書いたから、もう止めておく。

最終回は、松坂桃李vs木村文乃にしたら良かったのに

で、結局、このトンデモなオチでも、橘カラと言うか菜々緒さんで行きたかったんだって感じ。個人的には、木村文乃さんで行けばよかったのにと思うが。演技には基本的に言及しない立場だが、松坂桃李さんの演技力は解かってる。

ただ、木村文乃さんは今作の最終回を観る限り、『銭の戦争(2015年1月期)』『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~(2015年4月期)』とは明らかに変化してる。勿論、良い方へ。それだけに、最終回は松坂桃李 VS 木村文乃で演じさせたら、こん最終回も違った評価になったと思う。

あとがき

まあ、このぐだぐだドラマの視聴率のけん引役として最大の功労者は菜々緒さんでしょうから、最終回もって思ったのでしょうが、ドラマの本質を考えるとやはり違うんじゃないでしょうか。まあ、終わったからもういいや…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


      

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 Blu-ray BOX
サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 DVD-BOX
サイレーン(1) (モーニング KC)
Girl A(初回限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7907/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/431244395.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 最終回「遂に決着…刑事VS完全悪女震撼の真相」

とにかく、カラ(菜々緒)が、ものすごいハマリ役! そのせいかな? いったんは、壮絶なバトルの末、炎の中で死んだと思ってた彼女が、 今度は猪熊(木村文乃)に整形して、再び里見(松坂桃李)を襲ってこようとは! ほとんど、ゾンビ展開ですね。 映像的にも、バトル中、猪熊が、木村文乃になったり、なぜか真っ赤なドレスの菜々緒になったり… しかし、猪熊が実は双子ちゃんで、その...

「サイレーン」~最終回 ☆☆☆

整形手術に夢を見すぎw さすがに途中で疑った「男なのでは?」はなかったですがw それでも手術で「別人』にはなれても、特定の『橘カラ』や『猪熊夕貴』に成り代わるのはほぼ無 ...

サイレーン 刑事X彼女X完全悪女 最終回

燃え盛る別荘から何とか逃げた里見(松坂桃李)と夕貴(木村文乃)は、駆け付けて来た速水(北山宏光)や安藤(船越英一郎)に保護されて、焼け跡からはカラ(菜々緒)の遺体が見つかります。 病院で目を覚ました里見が夕貴の病室を訪ねると、そこには無事に保護されたアイ(佐野ひなこ)とレナ(入山杏奈)の姿がありました。 アイたちが出て行くと、里見は「生きた心地がしなかった」と夕貴を抱きしめてキス...

サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 episode09(FINAL episode)(最終回)

「遂に決着…刑事vs完全悪女震撼の真相」 内容カラ(菜々緒)により、里見(松坂桃李)が倒される中、猪熊(木村文乃)がカラを撃ち、ようやく全てが終わったと思われた。直後、燃えさかる別荘に駆けつけた速水(北山宏光)安藤(船越英一郎)は、里見、猪熊を保...

正義とは復讐の別名です(松坂桃李)わが名はハルモニア(木村文乃)わが名はセイレーン(菜々緒)

美しいハーモニーも禍々しいサイレンも空気の振動にすぎない。 しかし、ハルモニアはオリンポスの神々から祝福され、セイレーンは処罰される。 運命の残酷さを示す・・・神々の娘たちのふたつの姿。 幸という文字はサチとも読めるし、ユキとも読める。 一卵性双生児の孤児姉妹の一人は猪熊家でユキとして育てられ、正義

サイレーン 刑事X彼女X完全悪女 第9話(終)★双子

サイレーン 刑事X彼女X完全悪女 第9話(終) 渡(光石研)の別荘には、カラ(菜々緒)に監禁され、衰弱しきった猪熊(木村文乃)がいた。里見(松坂桃李)はようやく猪熊の元にたどり着き、助け出そうとする。ところが、2人の背後にはおのを持ったカラが迫っていた。猪熊は里見がベルトに差していた拳銃を抜き、発砲。胸を撃ち抜かれたカラは息絶え、事件は終わりを迎える。しかし、事件にまだ引っ掛かりを覚える里...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR