コウノドリ (第9話・12/11) 感想

コウノドリ

TBSテレビ系・金曜ドラマ『コウノドリ』公式
第9話『燃え尽きて…病院を去る時』ラテ欄『医師が病院を去る時…』の感想。
なお、原作漫画:鈴ノ木ユウ氏の『コウノドリ』は未読。


不妊治療を続けてついに念願の子どもを授かった美雪(西田尚美)は、出生前診断を受けた方が良いのかと悩み、サクラ(綾野剛)に相談する。そんな中、23週で切迫早産の妊婦の受け入れ要請が飛び込んでくる。何とか受け入れ態勢を整え、すぐに出産となるが、早くに生まれた赤ん坊は肺の形成が十分ではなく、低くはない確率で障害や死亡のリスクが残っていた。新井(山口紗弥加)は両親にそれを告知することになり…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

新井医師の “無力感” と “使命感” の苦悩

前回は、これまでで最も様々な妊娠と出産、親と子、生と死を盛り込んだ。敢えて言うなら、妊婦や患者の立場からの視点を中心に、(医療関係者だけでなく)多くの人が関わっているのを魅せた。

そして、今回は妊婦や患者らの視点はそのままに、日夜いのちの重さと向き合う周産期医療従事者たちの視点、特に真面目な医療従事者ならば必ずぶつかるであろう自分の “無力” を感じつつも、懸命に母子のいのちを救おうと全力を尽くす周産期医療従事者たちを見事に描いた。

特に、常に冷静で責任感が強く頑張り屋の新生児科医・新井(山口紗弥加)だからこそ感じる強い “無力感” とそれに打ち勝とうとする “使命感” が中心に描かれた。ホント、1時間に一切の無駄のない構成に脱帽するだけだ。

両親に抱っこされる赤ちゃんを魅せた秀逸な1カット

そして、赤ちゃんにとって、家族にとって “何が” 幸せなのかを誰よりも自問自答している今橋(大森南朋)だからこそ、医療の限界をきちんと患者たちに伝え、赤ちゃんを親に抱かせるシーン。まるで神様の視点のような俯瞰のカメラで赤ちゃんが手渡させる1カットが素晴らしかった。

2時間ドラマや劇場映画では味わえない連ドラらしさ

更に、今回は妻を亡くし娘を一人で育てる浩之(小栗旬)の苦労も継続して描かれた。本作の素晴らしいのは、周産期医療と言う妊娠から出産そして新生児までの長期の過程を扱う病棟であることを、連ドラの中できちんと描いてること。2時間ドラマや劇場映画では味わえない連ドラらしい楽しさが本作にはある。

サクラの主人公らしさも存在感もピカイチだ

そして毎度のことだが、決して出番は多くないが、きちんとサクラ(綾野剛)がの主人公らしさが描かれることに驚かされる。特に、終盤での助産師・小松 (吉田羊)とのやり取りや、さらりとインサートされる “BABY” のピアノシーンだけで、今回も存在感はピカイチ。

登場人物全員参加型ドラマの楽しさと無駄のない物語

これも毎度の繰り返しになるが、本作には登場人物全員参加型ドラマの楽しさがある。医療従事者も妊婦も患者も赤ちゃんも全員が必要枠で無駄のない物語。次回が最終回とのことだが、どんな最終回になるか?よりも、終わらないで欲しいと言う気持ちの方が大きいのは間違いない。

あとがき

本当に隅々まで丁寧にきっちりと作り込まれているドラマだと思います。無意味な煽りもなく、奇を衒うこともなく、とにかく丁寧に登場人物たちの心情を紡いでいく。他の連ドラも本作を見習って欲しいと思います。次回はいよいよ最終回。終わって欲しくないですが、大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」オリジナル・サウンドトラック
コウノドリ(1)
あなたのためのサウンドトラック 清塚信也
嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 / 荻田 和秀 (著)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7888/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/431045657.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コウノドリ 第9話

『燃え尽きて…病院を去る時』「医師が病院を去る時…」 内容オペ中に、つぼみちゃんの容体が急変。四宮(星野源)は、最期に間に合わなかった。気丈に振る舞う四宮を鴻鳥(綾野剛)小松(吉田羊)は心配する。 一方、不妊治療で、ようやく妊娠した相沢美雪...

コウノドリ 第9話★陽介くん

コウノドリ 第9話 不妊治療を続けてついに念願の子どもを授かった美雪(西田尚美)は、出生前診断を受けた方が良いのかと悩み、サクラ(綾野剛)に相談する。そんな中、23週で切迫早産の妊婦の受け入れ要請が飛び込んでくる。何とか受け入れ態勢を整え、すぐに出産となるが、早くに生まれた赤ん坊は肺の形成が十分ではなく、低くはない確率で障害や死亡のリスクが残っていた。新井(山口紗弥加)は両親にそれを告知す...

コウノドリ 第9話

6年前、担当する患者が出産時に亡くなった四宮(星野源)は、母親を救えなかった自分を責め続けていました。 四宮は、その時に生まれた、つぼみ(広田優実)の病室を今でも訪れて、見守っていましたが、四宮の手術中に彼女の容体が急変したとの知らせが入ります。 つぼみは亡くなってしまい、四宮は屋上で号泣していました・・・ また、ある日、23週で切迫早産になった妊婦の明子(酒井美紀)が...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR