無痛~診える眼~ (第9話・12/9) 感想

無痛~診える眼~

フジテレビ系『無痛~診える眼~』公式
第9話『正義としての殺人』の感想。
なお、原作小説:久坂部羊氏の『無痛』は未読。


サトミ(浜辺美波)を連れて、イバラ(中村蒼)が病院から逃走。「石川一家殺害事件」がイバラの犯行だったと断定した警察は、2人の行方を追う。一方、白神(伊藤英明)が無痛治療のための薬「ドロール」をイバラに投与していた目的が気になる為頼(西島秀俊)は、白神が無痛治療にのめり込んだ理由を探るべく、その過去を調べ始める。そんな中、早瀬(伊藤淳史)を呼び出した白神が、イバラに対する自身の考えを伝える。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「イバラ&サトミ劇場」は見応え十分だった

やはり、1週間空くと緊張感が…。まあそれはそれとして、今回の見所は「イバラ&サトミ劇場」と言って良いと思う。とにかくイバラを演じる中村蒼さんの鬼気迫る芝居がグッとくる。そして、サトミを演じる浜辺美波さんも声が出るようになってから俄然と存在感が増した。

若手俳優がいい芝居をすると、テレビドラマ好きとして実に嬉しい。やはり人気俳優ばかりの金太郎飴みたいな似たり寄ったりの作品ばかりでは面白くないから。そんな若手2人の演技に見とれているのに、『下町ロケット』人気にあやかりたいのかまた俳優以外のタレントを出す。今のフジテレビがやることでは無いと思う。

全体的に引き延ばし感が漂ったが…

さて、物語としては、これまでの様々な “謎” を更に追い続ける話として益々面白くなっていると思う。しかし、如何せん白神(伊藤英明)の不思議さやらをより膨らますような演出をやるから、全体的に引き延ばし感が漂ってしまっている。

また、未だに早瀬(伊藤淳史)の人物背景がよく見えてこないから、早瀬が物語にがっつりと組み込まれている感じも乏しい。そこが残念。

あとがき

いよいよ次回が最終回。ちょっと全10話のプロットとしては貧弱だったように思いますが、引き延ばしたお蔭で最終回で全部見事に回収できそう。最終回に期待します。

そうそう、イバラとサトミが食糧を調達したお店は、千葉県南房総市富浦町にある「かわな釣具店」でした。釣具店にパンなどの看板を増設して内部もいじったようです。ドラマ『コールセンターの恋人(2009)』にも登場し、小泉孝太郎さんが歩いてました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「無痛~診える眼~」オリジナルサウンドトラック
黒い雫 & Coupling Songs:`Side B`<初回生産限定盤>
無痛 (幻冬舎文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7881/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/430967065.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「無痛~診える眼~」第9話 感想 

 イバラとサトミは車の荷台に乗っています。  海辺の漁村に着いた二人は当ても無くさまよいます。  防波堤を歩いていると、お腹がすいたというサトミ。  食料品を売っている小さなお店に入り込んで、商品を持って走り去ります。  女主人が気付いてドロボーと追いかけますが、店に戻ると貝殻を重しにして千円札が置かれていました。

無痛~診える眼~ #09

『正義としての殺人』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR