サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 (第8話・12/8) 感想

サイレーン 刑事×彼女×完全悪女

関西テレビ・フジテレビ系『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』公式
第8話『ついに死闘決着…悪女の終焉恋人を救え』の感想。
なお、原作漫画:山崎紗也夏氏の『サイレーン』は未読。


猪熊(木村文乃)の居場所を突き止めようと手掛かりを探す里見(松坂桃李)に、寮の管理人から彼女宛ての荷物が届いたと知らせが入る。それを確認しようとする矢先、里見はカラ(菜々緒)に操られる渡(光石研)の襲撃を受け、一命を取り留めたものの意識不明の重体に。一方、監禁された猪熊は、里見が病院に運ばれたと知らされ動揺。体力が奪われていく中で、猪熊が必死に話し掛けると、カラの口から意外な事実が明かされる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最終回直前回も、突っ込み所が多過ぎるのは残念

カラ(菜々緒)の整形は良いとしてあの9頭身の美しい肢体はどうしたのかとか、約1か月も監禁され体力も落ちてるだろう猪熊(木村文乃)のとっさの射撃術とかもどうかと思うが、困るのは一番警察官として頑張って貰いたい主人公である里見(松坂桃李)のくだりがグズグズなこと。

約1か月も昏睡状態だった超人的な回復力とか、犯人追跡に一般市女性を同行するとか、スタンガンで倒したのにカラを全身固定しないとか、突っ込み所が多過ぎて、挙げていたらキリがないのは最終回直前回も踏襲。フィクションと言え、もう少し現実味が無いと突っ込むのが忙し過ぎて、話が見え難くなるだけだと思うが。

やはり、警察が頼りなさ過ぎる

結局、突っ込み所が多過ぎることにもよるし、主人公以外の警察官たちがちっとも活躍せず毎度後手後手に回るから、残念ながら「刑事×彼女×完全悪女」で無ければいけないのに、「警察<完全悪女」みたいになってる。

シリーズ序盤のカラの謎めいた雰囲気とはまり役を得た菜々緒さんに引きずられて第8話まで観てきたが、流石にカラの謎も今回だいぶ見せてくれたから、最終回への期待が薄まってしまった。やはり、魅(見)せ方は大事ってことだ。

あとがき

どうか、次回の最終回は矛盾を少なく、日本の警察ここにありを魅(見)せて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


  

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
サイレーン(1) (モーニング KC)
Girl A(初回限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7876/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/430911156.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイレーン 刑事X彼女X完全悪女 第8話★火事!?

サイレーン 刑事X彼女X完全悪女 第8話 猪熊(木村文乃)の居場所を突き止めようと手掛かりを探す里見(松坂桃李)に、寮の管理人から彼女宛ての荷物が届いたと知らせが入る。それを確認しようとする矢先、里見はカラ(菜々緒)に操られる渡(光石研)の襲撃を受け、一命を取り留めたものの意識不明の重体に。一方、監禁された猪熊は、里見が病院に運ばれたと知らされ動揺。体力が奪われていく中で、猪熊が必死に話し...

サイレーン 刑事X彼女X完全悪女 第8話

渡(光石研)に襲撃されて、瀕死の重傷を負った里見(松坂桃李)は、病院で薄れる意識の中、初めて夕貴(木村文乃)に出会った時のことを思い出していました。 4年前、巡査だった里見は、街中でひったくり犯を捕まえたことがきっかけで、当時交番勤務だった夕貴と出会い、一瞬にしてその笑顔に惹かれたのでした。 一方、逮捕した渡を取り調べていた速水(北山宏光)と安藤(船越英一郎)は、渡がカラ(菜...

無計画こそわが人生(松坂桃李)計画変更お願いします(木村文乃)ただいま変身中(菜々緒)ただいま手術中(要潤)

風が吹いている。 風の音はむせび泣く。 地球のどこかでだれかが悲しみの気持ちを吐息によって告げる。 悲しみは木霊し、世界を震わせる。 鳴り響く・・・魂の絶叫。 風は静寂を破る。 人々は慄く。 あれは・・・サイレーン。 心を狂わせる魔性の神々の声なり・・・と。 で、『サイレーン刑事×彼女×完全悪女・第

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR