相棒 season14 (第7話・12/2) 感想

相棒 season14

テレビ朝日系『相棒 season14』公式
第7話『キモノ綺譚』の感想。



入手した古着の着物の胴裏を剥がした幸子(鈴木杏樹)は、そこに「いつかおまえがそうしたように、あたしもおまえを殺したい…幸子」という口紅での殴り書きを発見。相談を受けた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は興味を抱く。着物の元の持ち主で、着付け教室講師の愛(西原亜希)を訪ねた右京らは、彼女の双子の姉・幸子の所在を確認。姉妹の母親が営むクラブで働いているという幸子に会いに行くが、気まぐれな彼女は店に現れない。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

序盤で “多重人格” と勘ぐったのが僕の悪い癖…

冒頭で久し振りに「花の里」の幸子(鈴木杏樹)が登場し、亘(反町隆史)が前科に反応した辺りは “今日こそ” と期待を持てたのだが、古着の裏生地に口紅でのメッセージが登場した瞬間に “作り過ぎ” と思ってしまい、ペタッとし過ぎる髪型の愛(西原亜希)が登場して亘がメモを書かせた段階で “多重人格” と勘ぐってしまったのが僕の悪い癖…

こうなると、如何に「杉下右京の事件簿」にならずに “多重人格” を証明し、特命係が捜査介入するべき事件であったことに説得力を持たせてくれるかしか興味の対象が湧いてこないのも僕の悪い癖…

今さら女優さんにウィッグで “多重人格” ネタ?

まあ、今さら女優さんにウィッグを被せて “多重人格” を演じさせる内容で『相棒』が成立してる段階で相当なネタ切れを感じるし、一人交換日記で自己コントロール出来てる女が指紋についてだけ無頓着なのは無理があり過ぎる。

その上、知り合い絡みの事件とは言え、こんな事件化していない案件に特命係が首を突っ込んでしっかり解決するのはフィクションの『相棒』らしいとは言えなくもないが、いくらフィクションでも『相棒』の「特命係」の存在意義を考えると、陣川(原田龍二)や探偵の矢木(高橋克実)の放送回のレベルだと思うが。

時効の母親と無邪気に遊ぶ息子、後味が悪過ぎる

そして、上で書いた「如何に「杉下右京の事件簿」にならずに “多重人格” を証明し、特命係が捜査介入するべき事件であったことに説得力を持たせてくれるか?」についてはほぼ裏切られた感じ。解決したのはほぼ右京(水谷豊)、亘は今回も話し相手か捜査助手か運転手止まり。

その上、事件そのものも立件できる部分は少なく、いくら娘の “多重人格” を隠蔽するためとは言え別々の小学校に通わせるって。劇中では中高生時代のことは描かれなかったがこれも無理があり過ぎる。そして何より愛の将来と彼女の一人息子・吏玖(高橋來)の現状が後味が悪過ぎる。

あとがき

「時効だから逮捕できない」で片付けられる話をわざわざ『相棒』で今さらやる必要があるのでしょうか。

甲斐享(成宮寛貴)が犯罪者で逮捕されて終わった前Seasonもそうですが、今Seasonも既にエンディングが迷走しそうな不安が。もっと優秀な脚本家の掘り起こしを真剣にやるか、店を畳むかした方が良さそうな、『相棒』の暗~い未来にがっかりした回でした。次回も神だ予言だと期待薄…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒season13(上) (朝日文庫)
杉下右京の多忙な休日
杉下右京の冒険 (朝日文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7853/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/430618559.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒14 「キモノ綺譚」〜人間の心とは弱いもの。何かのきっかけで簡単に壊れてしまう

 今回は、西原亜希さんが大変だっただろうな〜。  何しろ3つの人格を演じ分けなければならないのだから。  特に3人目の人格は……。  ラストでゲームに興じる姿は、おおっ! 西原さん、よくやる! と思ってしまった。  それにしても、多重人格かぁ。  多重人格と...

相棒14 テレ朝(12/02)#07

第7話 キモノ綺譚 公式サイトから 花の里の女将・幸子(鈴木杏樹)が、不審者として身柄を拘束されたという連絡を受け、 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は身元引受人として所轄署に出向く。 事情を聞くと、原因は最近購入した一着の着物だという。 その胴裏を張り替えようと剥がしたところ、生地に「いつかおまえがそうしたように、 あたしもおまえを殺したい。でも、できない。もどかしい…。幸子」という一文...

相棒season14 第7話

花の里の女将・幸子(鈴木杏樹)が警察に連行される騒ぎを起こし、右京さん(水谷豊)が身元引受人になります。 ちょっと幸子に興味を持っていた亘(反町隆史)は、幸子に前科があると知って、すごく驚いていましたw 幸子が連行されたきっかけは、買った古着の着物の修繕をしようと裏地を剥がしたところ、口紅で殴り書きされた「いつかおまえがそうしたように、あたしもおまえを殺したい。でも、できない...

相棒season14 第7話

「キモノ綺譚」 内容その日、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、警察署に来ていた。不審者として連行された幸子(鈴木杏樹)の身元引受人だった。幸子に前科があると言う事で、交番では無く、署に連れて来られたよう。マンションが気に入ったから。。。。と口にするが、...

「相棒 season 14」第7話

幸子と幸子。 第7話『キモノ綺譚』ネタバレです。 お仕立て付 東京染小紋 着尺 高級 正絹 ちりめん 江戸小紋 tokyo2きもの通販さくら by G-Tools

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR