映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『黄金のアデーレ 名画の帰還』 公式)を昨日の「映画の日」に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。

私の評価基準(映画用)

ざっくりストーリー

アメリカ・ロサンゼルス在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、ブティックを営みながら暮らす未亡人。彼女は、グスタフ・クリムトが描いた黄金に輝く伯母の肖像画で第2次世界大戦中ナチスに奪われた名画「黄金のアデーレ」が、オーストリアで “オーストリアのモナリザ” として存在することを知る。

彼女は新米弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借り、オーストリア政府を相手に絵画の返還を求めて訴訟を起こす。難航する法廷闘争の一方、ナチスに大切なものすべてを奪われたマリアは自身の半生を振り返り……。

世界的な名画の1つにこんな劇的な歴史秘話があったとは

本作は、ナチスによってすべてを奪われた女性が、オーストリア政府を相手に訴訟を起こすという驚きの実話がベースになっている上に、世界的な名画の1つにこんな劇的な歴史秘話があったとは更に神秘的でもありドラマチックだ。

ラストの1分間にすべてが集約される、圧巻の構成

本作は実に構成が素晴らしい。1人の女性の過去と現代の物語が複雑に交錯して描かれずっと描かれ、過去と現代が折り重なるラストの1分間にすべてが集約されると言う構成が圧巻だ。

因みに、過去の物語は、ナチスからの迫害を逃れるべく祖国オーストリアから脱出した裕福なユダヤ系一族出身のマリアが、ナチスに家財を根こそぎ奪われ、両親を祖国に残さざるを得なかった辛く悲しい悔恨の歴史。

一方の現代の物語は、ナチスによって奪われた我が家の絵画「黄金のアデーレ」を、国家の所有物として正当な持ち主であるマリアに返還せず国の象徴にまでしているオーストリア政府を相手にした、自身のアイデンティティーとプライドを賭けた本気の法廷闘争。これが実に見事にラスト1分間に集約されるのだ。

祖母と孫ほどに年の離れた魅力的な “凸凹コンビ”

そして、マリアの過去と現代の物語を繋ぎ役が、最初はやる気も頼り甲斐も無い新米弁護士ランディの成長物語。自分と境遇が同じマリアの裁判に関わることで、幾度もの挫折を乗り越え弁護士として目覚め、父や夫としての自覚も芽生え、ついには絶対に勝ち目のない裁判に及び腰のマリアの心を動かすまでに成長する。

このマリアとランディの “凸凹コンビ” が実に映像的にも面白い。祖母と孫ほどに年の離れた相棒は、時に喧嘩し時に励まし合いオーストラリア政府に立ち向かっていくのは、どうしても応援したくなる。特にマリアを演じるヘレン・ミレンのシリアスとコミカルを巧みに使い分ける名演技は見ものだ。

史実だけに…

終盤のエスティ・ローダーの会長ロナルド・ローダーとマリアが知り合って経緯が若干端折られているのが残念。だって、マリアの「誰もが鑑賞できるよう、常時展示すること」を条件にと言う史実が紹介されるのだから、もう少し描かれても良かったとは思う。

あとがき

まず、こんなドラマチックな物語が実話だったことに驚かされます。そして、ラスト1分間の幻想的な映像にすべてが集約される構成も見事。過去と現代が交錯する物語ですが、脚本がとても解かり易いので歴史に疎くても平気ですし、演出的にメリハリがあるので最後の最後まで楽しめます。芸術の秋に相応しい映画です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
WOMAN IN GOLD (DVD)
Ost: Woman in Gold
The Lady in Gold: The Extraordinary Tale of Gustav Klimt's Masterpiece, Portrait of Adele Bloch-Bauer
Gustav Klimt: 215 Plates


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7851/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/430578101.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黄金のアデーレ 名画の帰還

モデルになった叔母との記憶やナチスから逃れる様子が時節表現されており、重厚なドラマになっている。過去の歴史を清算しつつ未来へ向けての素晴らしいメッセージになっている。演技、脚本、美術、演出、音楽すべての面で最高の評価を与えたい。間違いなく今年の洋画ベスト

黄金のアデーレ 名画の帰還

黄金のアデーレ 名画の帰還@よみうりホール

黄金のアデーレ 名画の帰還

【WOMAN IN GOLD】 2015/11/27公開 アメリカ/イギリス 109分監督:サイモン・カーティス出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タチアナ・マズラニー、マックス・アイアンズ クリムトが描いた、一枚の肖像画。 幸...

黄金のアデーレ 名画の帰還

公式サイト。アメリカ=イギリス。原題:Woman in Gold。サイモン・カーティス監督。ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、アンチュ・トラウェ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホ ...

黄金のアデーレ 名画の帰還 ★★★★

ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。肖像画のモデルとなった女性のめいで、戦争に運命を翻弄(ほんろう)された実在の主人公をオスカー女優ヘレン・ミ...

黄金のアデーレ 名画の帰還

評価:★★★★【4点】(F) ナチスが美術品を略奪してた理由が判明しました(笑)

「黄金のアデーレ 名画の帰還」:年の差コンビの掛け合いの妙

映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』を試写会で観ました。また出たナチスがらみの作品

TIFF 黄金のアデーレ 名画の帰還 10/24

順不同ですが、東京国際映画祭で観ました 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 上映前に舞台挨拶があって、サイモン・カーティス監督+主演のヘレン・ミレンさん登場。そのオーラに圧倒されました。 そこへ黄金の花束をもって現れたゲストは石坂浩二さん。ゴージャスな空間...

黄金のアデーレ 名画の帰還

試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 伯母さんが描かれた名画を巡ってオースト

黄金のアデーレ 名画の帰還

1998年。 アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、亡くなった姉ルイーゼが、オーストリア政府に対し、グスタフ・クリムトの名画“黄金のアデーレ”の返還を求めていたことを知る。 マリア姉妹の伯母であるアデーレの肖像画は、第二次世界大戦中にナチスに略奪されたものだった。 姉の思いを受け継ぐことを決めたマリアは、新米弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借り、オ...

黄金のアデーレ 名画の帰還

 『黄金のアデーレ 名画の帰還』を渋谷のシネマライズで見ました(注1)。 (1)『マダム・マロリーと魔法のスパイス』のヘレン・ミレンの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、オーストリアの画家・クリムトが、絵(注3)を制作しているシ...

古畑任三郎的”ミケランジェロプロジェクト”。〜「黄金のアデーレ 名画の帰還」〜

↑アホでもわかるやん、全部ネタバレしてどないしますねん。(爆) ま〜実話なんですから、ネタバレとかいうもんでもないのでしょうけど。 そもそも主人公マリアのおばさまが肖像画を書かせた相手がクリムトだったってのが スゲーなそれって、そんなとこから感動してた...

黄金のアデーレ 名画の帰還

3回目の『ガールズ&パンツァー劇場版』を観に行ったついでに観たけど、見応えある内容で面白かった。

黄金のアデーレ 名画の帰還 / Woman in Gold

画家グスタフ・クリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?』他の作品の所有権を巡って実際にあった裁判と裁判を起こした女性の運命の物語を描いた作品。 この映画を見るまで、クリムトという画家の名前も、この様な裁判が行われていたことも全く知りませんでした...

黄金のアデーレ 名画の帰還/ヘレン・ミレン

学生時代にグスタフ・クリムトを敬愛する友人がいて彼女が作る服は基本クリムトにインスパイアされてたんですよね。なので私もちょっとばかり影響を受けてクリムトの画集は持って ...

「黄金のアデーレ 名画の帰還」

よかった~!

『黄金のアデーレ 名画の帰還』

1998年、ロサンゼルス。マリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、小さなブティックを切り盛りしながら、夫亡きあとも一人で溌剌と暮らしていた。そんなある日、ユダヤ人として波乱の人生を共にした姉のルイーゼが亡くなり、彼女が故郷のオーストリア政府にナチスに没収され...

過去と正義~『黄金のアデーレ 名画の帰還』

 WOMAN IN GOLD  カリフォルニアで小さなブティックを営むユダヤ人女性マリア(ヘレン・ミレ ン)は、亡くなった姉がオーストリア政府に対し、ナチスに強奪された画の 返還を求めていたことを知る。それはマリアの実家が所有していた、クリム トが彼女の伯母アデーレを描いた肖像画。姉の遺志を継ごうと、マリアは 駆け出しの弁護士ランディ(ライアン・レイ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR