●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

[読書] 日本懐かし自販機大全 (魚谷 祐介/著・辰巳出版) 感想

日本懐かし自販機大全
【おススメ度】★★★★

私の評価基準(書籍用)


著者の “オタク魂” と “レトロ感” 溢れる装丁

懐かし自販機巡りは、普通の観光旅行などでは飽き足らない人向けの遊びかもしれない。
わずか200~300円の自販機うどん・そばを食べるだけのために、
高速代とガソリン代を惜しむことなく使って遠くへと車を走らせているとき、 私は自由と豊かさに感謝する。
現代とは思えない非日常感や懐かしさを味わえる自販機コーナーが、いつまでも有り続けることを切に願っている。

本書の「はじめに」に書かれている著者のこの言葉に、本書のすべてが詰め込まれている。全国に広がるコンビニ店や道の駅に押されて、次第に姿を消しつつあるオートスナック、コインスナックなどと呼ばれ、親しまれていた無人の24時間営業の自販機コーナー。

そこで365日24時間明るい電気を灯して、利用者を迎えてくれていたのが、うどんやそばなどの食品系自動販売機。その現在を著者ならではの “オタク魂” と本書らしい “レトロ感” 溢れる装丁で魅了してくれる一冊。読み終えれば、誰もが巻末の「全国懐かし自販機 MAP』で近場の店を探すに違いない。

無人だからこそ感じる人の温かみ…

P.51で紹介される茨城県稲敷市の「あらいやオートコーナー」の「ひれかつ弁当」に書かれているのが、「無人だからこそ感じる人の温かみ…」と言うキャプション。食品系自動販売機の、オートスナックの魅力をこれほど的確に示した言葉があるだろうか。

利用者に見えないところで、日夜自販機をメンテナンスし食品を補充管理し、店内を清掃したりする人たちの支えがあってこそ、無人の店舗が成立する。まさに、無人だからこそ感じる人の温かみだ。

思えば、深夜に立ち寄る高速道路にある最新のドライブインよりも、昭和のオートスナックの方が何とも人の温もりがありホッとしたのは、無人だからだったのかもしれない。

あとがき

島根と山口の食品系自販機の保守管理を一手に引き受けている「自販機の神」と呼ばれる田中さんや、オートスナックなどの看板制作を手掛ける瀬戸工芸さんへのインタビューが情熱的で面白いです。もちろん、データブックとしての情報量もきれいな写真と共に実に興味深く読めます。是非、昭和の良き時代の自販機を見直してみませんか。


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本懐かし10円ゲーム大全 (タツミムック)
愛しのインチキ・ガチャガチャ大全ーコスモスのすべてー
懐かしくて新しい昭和レトロ家電―増田健一コレクションの世界
日本懐かしアイス大全 (タツミムック)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7837/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

【当blog内の関連記事】
[読書] 70年代アナログ家電カタログ - メイド・イン・ジャパンのデザイン! (松崎 順一/著・青幻舎) 感想

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR