コウノドリ (第6話・11/20) 感想

コウノドリ

TBSテレビ系・金曜ドラマ『コウノドリ』公式
第6話『タイムリミットの先に』の感想。
なお、原作漫画:鈴ノ木ユウ氏の『コウノドリ』は未読。


何年も不妊治療を受けていた43歳の妊婦が、病院に救急搬送されてきた。サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)たちは緊急手術を行うが、赤ん坊を救えず悔しい思いをする。一方、サクラが担当する不妊治療中の敦子(森口瑤子)が、5年間の治療の末に妊娠に成功。今回が最後の機会だと語る敦子に、サクラは注意深く声を掛ける。そんな折、妻を亡くし娘を一人で育てる浩之(小栗旬)が、体調不良の娘を連れて駆け込んでくる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回の完成度も抜群だった

不妊治療、高齢出産、一人親家庭、マタハラ、イクメンハラ…と今の出産や育児の社会的且つ医学的な問題をこれでもかと詰め込んだ充実した内容。
本作が毎回素晴らしいのは、それら盛り込んだテーマを何一つ中途半端にせず、きっちりと描き、ラストには感動を、そして爽やかな余韻を醸し出すこと。もちろん、今回もそれらを裏切ることは無かった。

妻を亡くした浩之のこの台詞にじーんときた

浩之「身ごもってからのあいつは、とても幸せそうでした。
   でも、本当の幸せは産まれた後にあるんですよね。
   芽依を抱っこしたら、
   もっともっと愛おしくて堪らないのに…」

今回もイケメン俳優オーラのスイッチを完全に切って、一人のパパを演じ切った小栗旬さん演じる浩之がサクラ(綾野剛)に父子家庭の子育ての苦労と幸せを語るシーンのこの台詞が、本作のすべてを語っていると言って良いと思う。
産める幸せと育てる幸せ、比べるものではないが育てるために産む、そう言う最も大切なことをきちんと描いたのが良かった。

産科と新生児科の違い、不妊外来の現状まで盛り込んで

中盤に描かれた産科と新生児科の合同カンファレンスのシーンで、産科と新生児科の母体と赤ちゃんに対する見解が全く異なることが描かれた。普通の医療ドラマならさらっと過ぎてしまうところだが、更に不妊外来の現状まで盛り込んでしっかり描く。うーん、こんな良く出来たドラマがかつてあっただろうか。

あとがき

ホント、完成度の高い周産期医療のドラマだと思います。医師側と患者側から双方の立場をきちんと描いているのが素晴らしい。

それだけに、小さなお願いですがが、新生児科の描写をもう少し増やして欲しいです。今橋(大森南朋)は周産期センター長の立場もあるから、新生児科の白川(坂口健太郎)と新井(山口紗弥加)を助産師の小松(吉田羊)くらい活かして欲しいです。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」オリジナル・サウンドトラック
コウノドリ(1)
あなたのためのサウンドトラック 清塚信也
嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 / 荻田 和秀 (著)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7804/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/430011566.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コウノドリ #06

『タイムリミットの先に』

コウノドリ 第6話★高齢出産

コウノドリ 第6話 何年も不妊治療を受けていた43歳の妊婦が、病院に救急搬送されてきた。サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)たちは緊急手術を行うが、赤ん坊を救えず悔しい思いをする。一方、サクラが担当する不妊治療中の敦子(森口瑤子)が、5年間の治療の末に妊娠に成功。今回が最後の機会だと語る敦子に、サクラは注意深く声を掛ける。そんな折、妻を亡くし娘を一人で育てる浩之(小栗旬)が、体調不良の娘を連れ...

コウノドリ 「タイムリミットの先に」

今回は、じつに多くの問題点を盛り込んできましたね。 高齢出産、その明と暗、不妊治療、産みたくても産めない社会や人々の事情。 そして、先の回に登場した、シングル・ファーザーになって奮闘する、永井浩之(小栗旬)の事情まで… それも実に誠実な姿勢の描写で説得力。 不妊治療が、ようよう叶い、竹下敦子(森口瑤子)も43歳で妊婦に。残念ながら支給は失ったけれど、母子がちゃんと生きること...

コウノドリ 第6話

「タイムリミットの先に」 内容 腹痛を訴える女性がセンターに運ばれてくる。 妊娠31週の佐野真理子(小林綾子)だった。 早期胎盤剥離の可能性があり、救命の加瀬(平山祐介)の協力で、 鴻鳥(綾野剛)四宮(星野源)が、下屋(松岡茉優)と処置を開始。 が、子宮破...

「コウノドリ」〜6  ☆☆☆

これは娘と見ています。妊娠出産て、正常に楽に終わってもドラマですからね。そこに異常事態が絡んだら盛り上がらないはずがない。妊婦の喫煙、胎盤剥離、低年齢/高年齢とどちら ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR