遺産争族 (第5話・11/19) 感想

遺産争族

テレビ朝日系・木曜ドラマ『遺産争族』公式
第5話『10億残しておじいちゃん死す…!?明かされた遺言書』の感想。


入院した龍太郎(伊東四朗)の指示で育生(向井理)が電話した相手は弁護士の利子(真飛聖)だった。現れた利子は、龍太郎が「危急時遺言」をすると家族に告げる。それは死に直面した人が、3人の証人の前で遺言の内容を話して手続きを踏めば、正式な遺言になるというもの。親族は証人になれないと聞いて、一同は言葉を失う。そんな中、育生は家を出るのを延期しようと楓(榮倉奈々)に提案。さらに、龍太郎にあることを頼む。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

やっと、ドロドロ相続劇が本格的に動き出した

前回まで、「三姉妹+恒三(岸部一徳)」が一塊にしか見えなかったが、今回から正春(鈴木浩介)は単独行動になり本性を見せ、三姉妹も月子(室井滋)には吉沢(渡辺いっけい)がくっつき、凛子(板谷由夏)も本音を見せ始め、バラバラに動き出した。

また、弁護士の利子(真飛聖)もお披露目されたことで、全話が何話か知らないが、何とか折り返し前の第5話でドロドロ相続劇が始まって良かった。そんな感じの1時間だった。あとは、これだけのベテラン超個性派俳優陣の中で、未だ主人公の育生(向井理)が埋もれ気味なのが気になるくらいか。

育生の白黒をハッキリさせてはどうだろう?

それにしても、ここまで話が進んでいるのに、育生が腹黒い一面を持っているのか、全くグレー状態の描き方になったままなのはどうだろう。まあ、確かに肇(光石研)も加わった遺産狙い丸出しの面々の中で、一人だけグレーと言うのも目立たない訳では無いが、やはり本作らしさの点で物足りない。

個人的には、育生の白黒をハッキリさせても良いと思う。もちろん黒で。向井さんの悪役も見てみたいし。でないと、遺産相続をめぐるドラマとして、あまりに普通過ぎる。

あとがき

俳優陣の好演のお陰で、物語はそこそこですがそれなりに面白いドラマになっています。でも、如何せん「本作らしさ」を感じません。育生の描き方に工夫が必要ではないでしょうか。予告編ではその辺が動きそうなので、次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ朝日系 木曜ドラマ「遺産争族」オリジナルサウンドトラック
ラブとピース! /夢題~遠くへ~


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7799/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/429948796.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遺産争族「10億残しておじいちゃん死す…!?明かされた遺言書」

ついに、おじいちゃん・龍太郎(伊東四朗)が自宅で倒れ、救急車で病院へ 三途の川こそ渡り損ないましたが、三姉妹は、右往左往でワーワーッ。 病院へ弁護士の金沢利子(真飛聖)がやってきて、龍太郎が“危急時遺言”(死の危急の際に認められる口述式遺言)を行なうという旨を告げられます そして、利害関係者は閉めだされ、三姉妹は、策を練り始めます。 また、家業を継いだ、長女・陽子(余貴美...

遺産争族 #05

『10億残しておじいちゃん死す…!?明かされた遺言書』

遺産争族 第5話

「10億残しておじいちゃん死す…!?明かされた遺言書」 内容 陽子(余貴美子)月子(室井滋)凜子(板谷由夏)の姉妹は、大げんかに発展。 ついに遺産を迫られた龍太郎(伊東四朗)は、胸を押さえ倒れてしまう。 連絡を受けた育生(向井理)恒三(岸部一徳)は、河村家...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR