サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 (第5話・11/17) 感想

サイレーン 刑事×彼女×完全悪女

関西テレビ・フジテレビ系『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』公式
第5話『悪女の棲家…遂に暴く正体』の感想。
なお、原作漫画:山崎紗也夏氏の『サイレーン』は未読。


カラ(菜々緒)の尾行を続ける里見(松坂桃李)は、猪熊(木村文乃)に彼女との浮気を疑われる。そんな中、念願の捜査一課への異動を打診された猪熊だが、里見との約束が引っ掛かり、返事を保留してしまう。単身での捜査に限界を感じた里見は、アイ(佐野ひなこ)とレナ(入山杏奈)に協力を依頼する。一方、里見との関係に悩む猪熊は、あらためて里見を知ろうと、彼がかつて手掛けた殺人事件について調べ始め、あることに気付く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

松坂桃李さんの出番を増やす作戦をやるならやるで…

警察官の里見(松坂桃李)が1人で捜査しているだけでもおかしいのに、一般人女性2人を捜査協力させるなんてとんでもない話。明らかに大人の事情で、松坂桃李さんの出番を増やす作戦が強制執行されたんだろう。それならそれで、もう少しまともな出番の作り方をして欲しい。少なくとも必然性のあるやつを…

菜々緒さんの好演の足を引っ張るのは止めるべき

今回、最もダメだったのが、その大人の事情で無駄に無意味にカラ(菜々緒)の住み家の中をあっさり見せてしまったことだ。カラが容易に不法侵入出来るような隠れ家に住んでると言う違和感も作ってしまったし、何よりカラの不思議さの大事な要素を簡単に見せてしまった。

折角、菜々緒さんの好演によって良い感じで醸し出されている “完全悪女カラ” の雰囲気を自らの手でぶち壊しているのと同じ。この件に限らず、本作はミステリーだ謎解きだと言いつつ、見せなくて良いものを見せすぎて墓穴を掘ることが多過ぎる。菜々緒さんの足を引っ張るのだけでも止めるべきだと思うが。

あとがき

流石に第5話になって、シリーズ序盤の中途半端さや前回のほぼ全編引き伸ばしよりはだいぶマシになったと思います。それでも、まだまだ謎解きとしての面白さを「見せすぎ」で足を引っ張ってる。それを止めるだけでもだいぶ違うと思いますけど。物語自体はそれなりに面白いので…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


  

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
サイレーン(1) (モーニング KC)
Girl A(初回限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7789/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/429850751.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイレーン 刑事×彼女×完全悪女「悪女の棲家…遂に暴く正体」

なんだか、これはサスペンスなのか、ミステリアスを楽しむのか、はたまた、ツッコミ劇場なのか、ふと疑問になってきた今日この頃… カラ(菜々緒)の陰謀。猪熊(木村文乃)、里見(松坂桃李)カップルは喧嘩して別行動に しかし、里見、ひとり捜査に限界を感じ、アイ(佐野ひなこ)とレナ(入山杏奈)に協力を依頼し、ついに、カラのアジトに。 いやぁ、非常にエクセントリックで、殺風景というか、無...

サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 episode05

「悪女の棲家…遂に暴く正体」 内容 カラ(菜々緒)を単独で調べはじめた里見(松坂桃李)だったが、 逆に、カラの罠にはまり、一緒のトコロに猪熊(木村文乃)が現れる。 誤解を解こうとした里見だが、猪熊に避けられ。。。。 里見は、1人で追うことの限界を感じ始める...

サイレーン 刑事X彼女X完全悪女 第5話★口を開けて

サイレーン 刑事X彼女X完全悪女 第5話 カラ(菜々緒)の尾行を続ける里見(松坂桃李)は、猪熊(木村文乃)に彼女との浮気を疑われる。そんな中、念願の捜査一課への異動を打診された猪熊だが、里見との約束が引っ掛かり、返事を保留してしまう。単身での捜査に限界を感じた里見は、アイ(佐野ひなこ)とレナ(入山杏奈)に協力を依頼する。一方、里見との関係に悩む猪熊は、あらためて里見を知ろうと、彼がかつて手...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR