南くんの恋人~my little lover (第2話・11/16) 感想

南くんの恋人~my little lover

フジテレビ系・『南くんの恋人~my little lover』公式
第2話『いきなり同棲生活』の感想。
なお、原作:内田春菊『南くんの恋人』は未読。過去のテレビドラマは観たり観なかったり。


ちよみ(山本舞香)は幼少期を思い出し、「小さくなりたい」と願うと、本当に小さくなる。翌日の朝、ちよみを見つけた南(中川大志)は、彼女を部屋にかくまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

映像も主人公も訴求力に欠ける

私が最も印象に残っているドラマ『南くんの恋人』は、 高橋由美子さんと武田真治さんが出演した21年前の1994年に放送された第2作。当時はCGやVFXなんて言うより映像合成のレベルの代物。そして最近では『ど根性ガエル』でテレビドラマでのVFXの凄さも見せられている。

そんな中で本作を見ると、21年前の合成よりも当然良く出来ているが、VFXとしては少々仕上がりが安っぽいため、心に響かない。映像的な訴求力が中途半端なのは、意外に致命的。ちよみ(山本舞香)が背景映像から浮き上がっているように、物語からも浮いているのはどうにかならないのか?

山本舞香さんの発展に賭けるしかない

『ど根性ガエル』の影の功労者は、ピョン吉の声優を担当した満島ひかりさんの演技力。その点で、本作のヒロインちよみを演じる山本舞香さんは、がんばってるのは認めるが、現状では演技は発展途中だし存在感も薄いと言わざるを得ない。身長が小さいだけに大きな存在感が欲しいと願うのは、現時点では贅沢だろうか。

でも、そこが改善されないといつになっても “南くんの恋人” の存在感が小さいままってことになる。全10話もあるのに。

あとがき

俳優さんたちも、演出もVFXも頑張ってると思いますが、新井友香さんの脚本が過去の作品と比べるとちょっと平坦でメリハリ不足かなと思います。ドラマ『イタズラなKiss2』のように登場人物たちがテレビの中でもっと生き生きと動き出すのを期待します。でないと、オリジナルの結末だけ観ることになるかも…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
南くんの恋人~my little lover ディレクターズ・カット版 Blu-ray BOX1(3枚組:本編DISC2枚+特典DISC1枚)
南くんの恋人~my little lover ディレクターズ・カット版 Blu-ray BOX2 (3枚組:本編DISC2枚+特典DISC1枚)
南くんの恋人~my little lover ディレクターズ・カット版 DVD-BOX1 (3枚組:本編DISC2枚+特典DISC1枚)
南くんの恋人~my little lover ディレクターズ・カット版 DVD-BOX2 (3枚組:本編DISC2枚+特典DISC1枚)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7784/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/429797049.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR