サムライせんせい (第4話・11/13) 感想

サムライせんせい

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『サムライせんせい』公式
第4話『人を見下す金持ちを斬れ!幕末最強タッグが乙女の純愛を守る』の感想。
なお、原作漫画:黒江S介氏の『サムライせんせい』は未読。


他にも過去の人間が現代に来ていると考えた半平太(錦戸亮)と楢崎(神木隆之介)は、2人がタイムスリップしてきた田舎道へ。すると、駐在員の中嶋(山本圭祐)からサチコ(黒島結菜)がこの道にたたずんでいたと聞き、彼女もタイムスリップしてきたかどうか確かめることに。そのころ、寅之助(藤井流星)と共にコンビニの前でカップうどんをすすっていたサチコは、高級車の中から現れた男・牧村(尚玄)に連れ去られてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「民王」の木村ひさし氏演出で仕上がり良好

第2話までは、片山修氏の演出で正直中途半端さが目立っていた今作。前回から演出が『民王』の木村ひさし氏なり、だいぶコミカルさに拍車がかかりメリハリもついてきた。そして、木村氏演出としては2回目の第4話は、幕末と現代の言葉遊びを更に強調したことで、かなり本作らしい面白さが増したと思う。

演者全員が生き生きと役になりきってる

とにかく木村氏の演技指導の細かさが芸達者な俳優さんたちに火をつけたって感じの1時間。演者全員が生き生きと役になりきってる感じが堪らない。何せ、物語そのものが本来の身分を偽ったりしているドラマだから、その「演じてる感」が絶妙な緊張感を生んでいる。この位の仕上がりなれば、睡魔との戦いは皆無だ。

“俳優・錦戸亮” の真摯な姿勢と重なり良い感じに

そして、注目は “俳優・錦戸亮” の存在感。武士の所作の美しさは相変わらずだが、今回はこれまでで一番表情が豊かがあり見応えがあった。また、侍と言うか半平太(錦戸亮)らしい思考回路と行動力で現代人の「せんせい」として必死に生きている姿も、演者の真摯な姿勢と相まって良い感じに仕上がったと思う。

あとがき

第4話にして、(私にとっては)いよいよ本格的にエンジン始動って感じになりました。登場人物たちのキャラも立ってきたし、それを活かした物語もちゃんと映像で魅せてるし。これなら、次回も大いに期待したくなりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
サムライせんせい (クロフネコミックス)
侍唄(さむらいソング)(初回限定盤)(DVD付)
侍唄(さむらいソング)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7772/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/429577072.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【サムライせんせい】第4話 ツイッター実況まとめ と感想

果たして万人が平等を謳う今の世が正しいのかどうか、ふと考えてしまったのです。 でも、武市さんはそんな世の中こそ造ろうとなさってたんではないんですか? 確かにそうです。 しかし、今の世は教養も節操もない者らまでもが権利を主張する。 それが風紀を乱しているように思えてなりません。 果たしてそれが正しいのか…。 はい。 まあ…難しいところではありますね。 ...

サムライせんせい「人を見下す金持ちを斬れ!幕末最強タッグが乙女の純愛を守る」

本当は、ヤンキーに変装したお嬢様奪回の、幕末コンビ、プラスアルファ、な楽しいドタバタ、だったのですが、 途中、身代わりになり、メイドに扮した、神木クン竜馬が、みな「もっていった」と感じてしまったのは私だけ? (^^;)ゞ      (ストーリー) 元の時代に戻る方法を模索中の半平太(錦戸亮)は、龍馬(神木隆之介)と共に、タイムリープの到着点である神里村の田舎道であれこれ試し...

サムライせんせい 第四話

「人を見下す金持ちを斬れ!幕末最強タッグが乙女の純愛を守る」 内容 平成の世に現れた“道”で、寝転ぶ半平太(錦戸亮)龍馬(神木隆之介)だが。 やはり、もとの世界には戻れない。 そんなとき、寅之助(藤井流星)の恋人・サチコ(黒島結菜)が、 なぜか、“道”に佇ん...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR