あさが来た (第39回・11/11) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』公式
第7週『だんな様の秘密』『第39回』の感想。
なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一しています。


あさ(波瑠)は、炭坑のことを少しでも知りたいと思い、坑道に入ろうとしたところ、治郎作(山崎銀之丞)にどなられてしまう。炭坑は、それだけ危険な場所なのだ。反省するあさ。一方、はつ(宮崎あおい)のもとを訪れた五代友厚(ディーン・フジオカ)は、はつにある重要な話をする。そして、はつは…。そして必死に抗夫たちを説得するあさを、抗夫たちが取り囲む。その時、ある衝撃的な出来事が起こる…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

あさのくだりは引き伸ばしに利用して…

オープニング映像直後から、ホンマびっくりぽんや。やっと描かれると思った『あさが来た』なのに冒頭は昨日のラストの切り貼りで、その後チラッと本作のヒロイン・あさ(波瑠)が映ったと思ったら、あとは延々とあさの手紙のナレーション。引き延ばし作戦であるのは間違いないが、このやり方は、びっくりぽんや。

せめてテレビドラマなんだから、せめて本作のヒロインなんだから、一度描いたことを手紙でテレビの中の人に説明なんてせずに、どんどん話を進めて欲しい。そして、こんなことに15分間の内の貴重な6分も割いて。本作のスタッフは、本気であさの人生を描くつもりがあるのか疑いたくもなる。

「はつが来た」は新訪問者に新事実発覚かい?

そして、もはや当然の二本立て状態に近くなった『はつが来た』が挟まれた。今回も正確には『はつの所へあさの関係者が来た』であるが、今回は唐突に五代友厚(ディーン・フジオカ)がやって来た。

細かいことは面倒だから書きたくないが、そもそもこのはつ(宮崎あおい)の住み家だが、最初は新次郎(玉木宏)が偶然に見つけた場所であり、はつが新次郎(玉木宏)に「居場所を教えないで」と頼んだ場所だ。それを視聴者が見たいであろうと言う脚本家の “姉妹の比較” の押し付けで新次郎がはつに教えただけ。

そして、昨日は新次郎の母・よの(風吹ジュン)と加野屋の女中頭・かの(楠見薫)、そして今日は五代がやって来た。よのへの情報提供者は新次郎としても、五代へは誰が?まさか、はつが子を産み生活もそこそこできるようになったから、お世話になった人へ転居通知でも出したのか?うーん、わからん。

二本立てを楽しいと思っている視聴者は多いだろう

まあ、きっとこの二本立てを楽しいと思っている視聴者が多いのだろう。夫が傍にいない淋しさを素直に口に出すあさと、はつも同じ気持ちなのにはつは行動に移すって対比。そして、五代の「似た者姉妹」的な台詞と相まって、感動的な姉妹の物語って思うんだと思う。それならそれでお好きにどうぞとしか言いようがない。

『はつの所へあさの関係者が来た』は止めて欲しい

理由は2つある。1つは夜逃げをしている家族がそう簡単に人前に出たり人に会ったりする可と言う不自然さが鼻につくこと。もう1つは、はつが登場する度にあさのくだりが分断されること。この2つに違和感が湧かないならそれで良いが、私には違和感、いや今や不快感にまでなろうとしているのだ。

それでも、はつの出番を作りたいなら、人目を避けながら野菜売りとして町に出れば良いだけのこと。もう、『はつの所へあさの関係者が来た』は止めて欲しい。

あとがき

折角、あさと炭鉱夫たちのやり取りが佳境になっているのに、はつで分断されちゃいました。せめてまとめれば良いのに。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 あさが来た Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 あさが来た 上
広岡浅子徹底ガイド おてんば娘の「九転び十起き」の生涯
新装改訂版 小説土佐堀川 ――女性実業家・広岡浅子の生涯


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7759/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/429417885.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 小説土佐堀川 女性実業家・広岡浅子の生涯 新装改訂版 (古川 智映子/著・潮出版社) 感想 ※平成27年度後期 連続テレビ小説「あさが来た」 の原案
第1週『小さな許嫁』
1 2 3 4 5 6
第2週『ふたつの花びら』
7 8 9 10 11 12
第3週『新選組参上!』
13 14 15 16 17 18
第4週『若奥さんの底力』
19 20 21 22 23 24
第5週『お姉ちゃんに笑顔を』
25 26 27 28 29 30
第6週『妻の決心、夫の決意』
31 32 33 34 35 36
第7週『だんな様の秘密』
37 38

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「あさが来た」第39回★ピストル

連続テレビ小説「あさが来た」 第39回(11月11日) あさ(波瑠)は、炭坑のことを少しでも知りたいと思い、坑道に入ろうとしたところ、治郎作(山崎銀之丞)にどなられてしまう。炭坑は、それだけ危険な場所なのだ。反省するあさ。一方、はつ(宮崎あおい)のもとを訪れた五代友厚(ディーン・フジオカ)は、はつにある重要な話をする。そして、はつは…。そして必死に抗夫たちを説得するあさを、抗夫たちが...

啖呵>『あさが来た』第39話

五代さんったら あさの方にはピストルで はつの方には名刺で 姉妹の物語両方に関わってくるとは あ これも新次郎さんに対抗して?>ぇ つーか あの名刺 インパクトあったなあ(笑) え?私だけ? 「一体誰から生まれてきた思たはりますのや!?」byあさ ↑こーいう啖呵は大好物でおます まずは、五代さんに免じて>ぇ は...

啖呵>『あさが来た』第39話

五代さんったらあさの方にはピストルではつの方には名刺で姉妹の物語両方に関わってくるとはあこれも新次郎さんに対抗して?>ぇつーかあの名刺インパクトあったなあ(笑)え?私だ...

「あさが来た」 第7週 だんな様の秘密 第39話

( ̄□||||!! バキューーーン!┳*-----------------●));  ピストルの音にさすがの猛者たちも後ずさったぞ。 そげなつもりはなかったが、その威力を借りてしまうのか・・・?それと ...

あさが来た 第39回

内容 炭鉱の様子を見ようとしたあさ(波瑠)だったが、 治郎作(山崎銀之丞)に連れ戻され、頬をぶたれ、叱られてしまう。 炭鉱は死と隣り合わせの場所だと。 そのころ、はつ(宮崎あおい)のもとを、 五代(ディーン・フジオカ)が訪れていた。 敬称略 !? びっく...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR