映画「エベレスト 3D(3D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「エベレスト 3D(3D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『エベレスト 3D(3D・日本語字幕版)』 公式)を公開初日の本日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。

私の評価基準(映画用)

ざっくりストーリー

1996年、登山ガイド会社を経営する登山家ロブ・ホールは、登頂ツアー客を率いてネパールにやってくる。集まった8人の顧客は、世界各地から集まったベテランの登山家たち。

エベレストのベースキャンプ(標高5,364メートル)で約1カ月間入念な準備を整えた、別のツアーと協力体制を組みながら順調に第4キャンプ(標高7,951メートル)まで登っていく。

しかし、固定ロープの不備や体調不良などで下山が大幅に遅れてしまう。更に天候が急激に悪化。人間が生存できないとされる「デスゾーン(標高8000メートルを超える地帯)」で、散り散りになってしまう…

1996年に起きた大量遭難事故の実話を基に実写化

1996年に起きた実話を基に実写化した本作。流石に、実際のエベレストで撮影された臨場感は圧巻の一言。また、実際に大量遭難事故に遭ったメンバーは、世界中の山々で経験を積んだベテラン登山家たちと言うから、事実の大きさも半端無い。中には、紅一点で日本人女性(難波康子さん)もいた。

アイスランド生まれの監督の極限の寒さの表現は巧み

監督は、1984年に実際に起きた海難事故を基にした『ザ・ディープ(2012)』で過酷な状況で生き残った人間の苦悩と葛藤を描いたバルタザール・コルマウクル監督。アイスランド生まれの監督だけあって、映像では伝わり難いであろう極限の寒さの表現は巧みだ。

エベレストの威厳や恐怖のみが、ただただ押し寄せる

そして、奇を衒ったり過剰な脚本も演出も敢えてすべて排除し、人物紹介から始まり淡々と大量遭難事故までの経緯を描き、現在の実際の関係者の映像でエンドクレジットまで誘導していく。従って、映像からはエベレストの威厳や恐怖のみが、ただただ押し寄せてくる。ハリウッドの豪華キャストが勢揃いしているが、主役はあくまでエベレスト。

世界で一番高い場所に「タッチ」したい

さて、この大量遭難事故は登山者の過剰な自信や準備不足、大自然の脅威を十分に知りながらも、世界で一番高い場所に「タッチ」したいと言う気持ちに引き際を見極められなかった登山者の愚かさが生んだ悲劇。そして何より、アマチュアでもお金を出せば登山できるエベレストの大衆化、商業登山や公募隊へ、一石を投じる映画だと思いたい。

あとがき

まず本作を楽しむには、序盤の人物紹介をきっちり把握しないとダメ。そして、予告編からスペクタクル映像を期待してもダメ。内容は、世界で一番高い場所に「タッチ」したいと無謀にも挑む登山者たちと、愛の力で下山させたい家族の物語が、エベレストの威厳や恐怖と共に淡々と描かれるだけ。主役はあくまでエベレスト。そう思えば結構楽しめる。個人的には、じっくり2D字幕版で観たかった。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
エベレスト3D [Blu-ray]
Everest [Soundtrack] Dario Marianelli -Import-


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7740/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/429195581.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エベレスト 3D〜その後もみんなめげてない

公式サイト。原題:Everest。バルタザール・コルマウクル監督。ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジョン・ホークス、ロビン・ライト、エミリー・ワトソン、キーラ・ナイ ...

エベレスト 3D

エベレスト 3D@UDXシアター

劇場鑑賞「エベレスト 3D」

山に登る理由… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201511060000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】生還 [ ベック・ウェザーズ ]価格:1,944円(税込、送料込)

『エベレスト 3D』 2015年10月20日 UDXシアター

『エベレスト 3D』 を試写会で鑑賞しました。 凄い迫力のある映画だった。 ただし、映像が暗いのでIMAX3D以外の3D鑑賞はお勧めしません。 IMAX以外なら2Dのが良いと思う。(3D嫌いなだけかもしれませんが) 【ストーリー】  世界にその名をとどろかせるエベレスト登頂を目指し世界各地から集まったベテラン登山家たちは、参加者の体調不良などトラブルが重なり下山が大幅に遅れる。さらに天候...

エベレスト 3D ★★★★★

1996年に起きたエベレスト登山史上でもかつてない悲劇として知られる大規模遭難事故を、ジェイソン・クラーク、ジェイク・ギレンホール、ジョシュ・ブローリン、サム・ワーシントンはじめ豪華キャストで映画化した群像山岳ドラマ。ニュージーランドの旅行会社が公募した登...

エベレスト 3D / Everest

1996年に発生した『エベレスト大量遭難事故』を描いた作品。 3Dでの作品です。この作品を3Dにする意味はちょっと良くわかりませんが、臨場感を増すということなんですかね。3Dで無くても、あの映像は十分に迫力はありました。 この事故の時、日本人が遭難していたと言う...

エベレスト 3D

評価:★★★★【4点】(F+03) 邦題の“3D”のせいで『ピラニア3D』のノリかと思ったわ(違)

『エベレスト 3D』

この邦題はもうちょっとどうにかならんかったのかねぇ・・・。 画は迫力は凄まじい。 でも意外と3Dの効果は薄味。 結構なオールスターキャストだったけど、みんなヒゲ面でゴー ...

エベレスト 3D

【EVEREST】 2015/11/06公開 アメリカ 121分監督:バルタザール・コルマウクル出演:ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジョン・ホークス、ロビン・ライト、マイケル・ケリー、サム・ワーシントン、キーラ・ナイトレイ、エミリー・ワトソン、マーティン・ヘン...

エベレスト3D

世界中の登山家を魅了するエベレストで1996年に起きた遭難事故を、『ザ・ディープ』などのバルタザール・コルマウクル監督が映画化。死と隣り合わせの標高8,000メートルを超えたデスゾーンで極限状況に追い込まれた登山家たちのサバイバルを、迫力の映像で描く。キャス...

エベレスト 3D

地上で登山に入る前の描写から立体感のある映像で魅せてくれるので、ベースキャンプにいる頃には本当に観客もその場にいるようだ。クレバスやロープがないと落ちてしまう状況もそのまんま体験できる。ここまでの映像技術が進歩すると、映画館はテーマパークみたいだ。

『エベレスト(2015)』('15初鑑賞81・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 11月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。3D・字幕版。

「エベレスト3D」 Everest (2015 ユニバーサル)

サスペンスが苦手で3D初体験の妻と、高所恐怖症のわたしが鶴岡まちキネで「エベレスト3D」を。だいじょうぶかしら。3Dメガネを渡され、まだ時間があるので隣のベーカリーで塩パン(絶品でした)を買い、カフェでコーヒーを飲んで妻は上機嫌。だいじょうぶか、あとで泣き...

デス・ゾーン~『エベレスト 3D』 【2D・字幕版】

 EVEREST  1996年。エベレスト登頂の商業ツアーを企画したロブ・ホール(ジェイソン・ クラーク)は、顧客であるアマチュア登山家たちと、世界最高峰を目指してア タックを開始する。しかし、登山者の多さと様々なトラブルに加え、悪天候が 彼らの行方を阻むのだった。  全く知らなかったが、実話の映画化という。遭難事故を描いているから当然、 ...

エベレスト

EVEREST 2015年 アメリカ 121分 アドベンチャー/ドラマ/サスペンス 劇場公開(2015/11/06) 監督: バルタザール・コルマウクル 『2ガンズ』 製作: バルタザール・コルマウクル 出演: ジェイソン・クラーク:ロブ・ホール ジョシュ・ブローリン:ベック・...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR