おかしの家 (第3話・11/4) 感想

おかしの家

TBS系・水ドラ!!『おかしの家』公式
第3話『後悔』ラテ欄『あの日のあの子に謝りたい!』の感想。
なお、原作小説:山田タロウ氏の『うちのネコが訴えられました!? -実録ネコ裁判-』は未読。


太郎(オダギリジョー)は同級生に清美という女子がいたことを思い出す。一方、礼子(尾野真千子)は息子が保育園のお泊り会のため、太郎と明子(八千草薫)と夕飯を共にすることに。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

人生いいことばかりじゃないから…

第3話は、木工用ボンドの匂いを嗅いで、「木工用ボンドを食ってよくウンコを漏らしてた女の子」と言う記憶で太郎(オダギリジョー)の記憶に残っていた若林清美と言う同級生の女子の切ない物語。前回が同級生の脱税だったから、2週続けて同級生の残念で切ない話が続いたが、人生いいことばかりじゃないから…

いじめを見ていただけの少年たちの後悔

しかし、物語は至って真面目に「いじめ問題」を何もせずに傍観していただけの者たちの後悔の念の側からじわっと描いた。小中高といじめに合いながらも、結婚し2児の母になった中村清美(黒川芽衣)は不治の病・白血病を患っていた。そんな事も知らず、男たちは清美の幸せを願うが、礼子(尾野真千子)から清美の訃報が届く。

誰にでも後悔はある、あとはそれをどうするか?

葬儀の帰り道の川辺で、太郎と弘樹(勝地涼)は天国の若林清美に謝罪とエールを送る。そんな男子2人をそっと見守る礼子。若林清美の人生は中村清美の人生で救われ報われたのか。太郎と弘樹と一緒にそう願いたくなる、誰にでも後悔はある、あとはそれをどうするか?そんなことを考えさせられるエンディングだった。

あとがき

切ないけれど深みのあるお話でした。清美の人生は短ったけれど、人生は長さだけでもないし、要は中身。そんなことがジーンと浸み込んでくる上質な深夜の30分間でした。なお、第5話(11月18日放送)に成海璃子さんがゲスト出演するそうです。豪華な深夜のプチドラマ、いいですねえ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
うちのネコが訴えられました!? -実録ネコ裁判-
空がまた暗くなる RCサクセション


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7733/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/429111242.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おかしの家「後悔」

太郎(オダギリジョー)と礼子(尾野真千子)は、礼子の息子が学校行事でお泊り会だと、それとなく匂わせて、誘っても、無粋の極み。 結局、明子(八千草薫)と太郎のために「夕食を作りにくる」だけで、太郎は太郎で、「仕事だから…」と出て行ってしまう始末… そこはかとない想いはあれど、照れて、なかなか距離が縮まりませんね。 また、いつもの仲間のダベリ回、小学校時代の、ちょっと変わった子...

「おかしの家」 第三話 後悔

 壊れた風鈴をボンドで直していた太郎(オダギリジョー)は、 小学校の同級生「若林清美」を思い出した。 彼女はなぜか授業中に木工用ボンドを食べていたらしい。 そのせいでみ ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR