●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

映画「ジョン・ウィック(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「ジョン・ウィック(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『ジョン・ウィック(2D・日本語字幕版)』 公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。

私の評価基準(映画用)

ざっくりストーリー

ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は、裏社会では伝説的な殺し屋だったが、妻との出会いをきっかけに足を洗い、表の世界で平穏な暮らしをしていたが、最愛の妻ヘレンを病で失い、友人マーカス(ウィレム・デフォー)らの慰めはあったが、彼の深い悲しみが癒えることはなかった。

ある日、ジョンのもとにデイジーと言う名の小さな犬が届く。一人ぼっちになるジョンには愛すべき存在が必要だと考えた亡くなる直前のヘレンからの贈り物だった。デイジーと暮らし少しずつ穏やかな気持ちを取り戻すジョン。

しかし、ある日のガソリンスタンドでロシア語の男たちにジョンの愛車マスタングが目をつけられててしまう。そしてある晩、ロシア語を話す暴漢に襲われ、愛車を奪われ愛犬デイジーも殺される。怒りに燃えたジョンは、封印していた “殺し屋の魂” を解き放ち、復讐を誓い独りで立ち上がる… ※R15+

お見事、アクション・スターのキアヌ復活

久し振りに、“アクション・スターのキアヌ・リーブスここにあり” と魅せてくれたバイオレンス・アクション映画。とにかく、キアヌ演じるジョンは殺し屋を殺す暗殺者だから、強いのなんのったらありゃしない。

従って、ロシアン・マフィアのバカ息子なんて相手にならないのだが、これまた親バカの父親であるボスが無数の殺し屋を雇っては送り込む。

ダンスシーンのように美しい接近銃格闘術は必見

しかし、どんな相手が来ようと一流の中の一流の殺し屋ジョンは最強だ。拳銃とカンフーを合わせた接近銃格闘術「ガンフー」で、舞い踊るような動きでマガジンを交換し、瞬時に敵味方を判別し殺していく様は、まるでダンスシーンを見ているかのような美しい。これを観るだけでも本作の価値はある。

また、敢えてちょっとやられるシーンを作ることで、5年間の現役のブランクがあることをさり気なく見せて、最強男でも最終目的のバカ息子へ簡単に辿り着かないと言う焦らす脚本も演出もいい感じだ。

裏社会独特の仁義と美学がある「殺し屋のブルース」

そして舞台の1つであるニューヨークの裏社会を取り仕切る影の帝王と、裏社会の男女が集う中立地帯に経つ怪しげなホテルの存在が、本作を単なるバイオレンス・アクションから「殺し屋のブルース」へ昇格させる。

ここでは深く触れないが、そこには裏社会独特の仁義と美学があり、それがジョンを殺し屋哲学を源にもなっている。また、銃撃戦や肉弾戦の連続だが、敢えて引き気味のカット割りを多用して、「殺しを見せる」のでなく「殺しを切り取る」から、惨殺さよりも物語の流れに入り易い演出もニクい。

あとがき

ストーリーは単純だ。元敏腕暗殺者ジョンが最愛の妻を病で亡くし、妻からの贈り物の子犬デイジーと慰めの生活を送るも、ロシアン・マフィアのバカ息子に愛車を盗まれ愛犬を殺され復讐を誓う。ここまで僅か16分。残り85分は、奇を衒わず脇目も降らずジョンの復讐だけ。このシンプルさが物語に入り易く主人公を応援したくなると言う訳。シリーズ化も決まっており、キアヌ復活、おめでとう。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
JOHN WICK (Blu-ray + DVD)
JOHN WICK HQCD, Soundtrack


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7660/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/428152105.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョン・ウィック

ガン・アクションとカンフーをあわせて、ガンフーと呼ぶキレキレの戦いがすばらしい。それに加えて車の曲芸的運転も加わるのだから、見ているだけで主人公になりきってしまう。ホテルのフロント係や掃除屋、医者など中立の立場の人間がいるのも、考えられている。物語のバラ

ジョン・ウィック

【JOHN WICK】 2015/10/16公開 アメリカ R15+ 101分監督:チャド・スタエルスキ出演:キアヌ・リーヴス、ミカエル・ニクヴィスト、アルフィー・アレン、エイドリアンヌ・パリッキ、ブリジット・モイナハン、ディーン・ウィンタース、イアン・マクシェーン、ジョン・レグイ...

劇場鑑賞「ジョン・ウィック」

たかが犬では、済まされない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201510170000/ <新入荷続々!>SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【ジョン・ウィック】 John Wick [Blu-ray/DVD]...価格:6,390円(税込、送料別) 【楽天ブックスなら...

ジョン・ウィック ★★★★★

『マトリックス』シリーズなどのキアヌ・リーヴスがすご腕の元ヒットマンを演じたアクション。ロシアン・マフィアに平穏な日々を壊された元暗殺者が、壮絶な復讐(ふくしゅう)に乗り出していく。メガホンを取るのは、『マトリックス』シリーズなどのスタントを務めてきた...

ジョン・ウィック

評価:★★★★【4点】(11) これは是非ともシリーズにしてほしい(笑)

『ジョン・ウィック』

格好イイよキアヌ・リーブス。 アクションシーンが素敵過ぎ。 殺る気満々の姿勢がグッときます。 敵が怯えまくりだからジョンの方が悪役みたいになってるもん。 アクションシー ...

『ジョン・ウィック』

『ジョン・ウィック』もジョン・ウィックも詰めが甘い。 脚本、演出、キャラクター、カメラワーク、構成。一つ一つの要素はどれも面白い。ただそのどれもが全て詰めが甘い。だか ...

ジョン・ウィック〜今もフェイクなキアヌ

公式サイト。アメリカ=カナダ=中国。原題:John Wick。チャド・スタエルスキ監督。キアヌ・リーヴス、ウィレム・デフォー、イアン・マクシェーン、アルフィー・アレン、ブリジット・ ...

ジョン・ウィック

マスタングどうなった?

「ジョン・ウィック」☆ありきたりと思ったら大間違い

『亡き妻の大切な忘れ形見の命を奪われた元殺し屋が、マフィアのボスに復讐を誓う』なんて在り来たりな設定を、今更キアヌ・リーブスでぇ??と思うなかれ。 スピード感溢れる新銃術ガン・フー(ガン+カンフー)と、最高にクールで本当にハードボイルド、興味深い裏社会の掟が新鮮な興味をそそるこの映画、まさかこんなに格好いいとは!!

ジョン・ウィック

いやぁ痺れた。最高だわ。

「ジョン・ウィック」

リズムのある作品が好きである。今回は「殺しのリズム」。お約束な復讐劇の設定で、21世紀の世には存在しないような殺しのルールが存在し、しかしなんとまあカッコよかったことか!「キアヌ・リーブス完全復活」である。何から復活したのかはこの際問うまい。いやいやキアヌ・リーブス本当にカッコよかった!ガンファイトのシーンだけでももう一回観たい位だ。あー、息子がキアヌ・リーブスみたいな顔だったらなぁ!しかし...

ジョン・ウィック ★★★★★★(6点)

評価:★★★★★★☆☆☆☆(6点)<8点以上→オススメ/7〜6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>"John Wick"(2014年/アメリカ/103分)公開:10月16日監督:チャ ...

ジョン・ウィック (John Wick)

監督 チャド・スタエルスキ/デヴィッド・リーチ 主演 キアヌ・リーヴス 2014年 アメリカ映画 101分 アクション 採点★★★★ 映画の観方ってのは人それぞれ自由であっていいと思いますし、批判も自分の思った通りに展開すればいいと思ってる私。ただ、その作品が…

映画:ジョン・ウィック John Wick  久々にキレキレのキアヌ・リーブス103分

キアヌ・リーブス主演。 元殺し屋が、妻の病死をきっかけに、再びその世界に戻らざる得なくなる フィルム・ノワール。 しばらくパッとしなかったキアヌ・リーブスだが、今作はマトリックスのスタッフも加わり、久々にキレキレのアクション! 無駄は徹底的にそぎ落...

愛する犬のために…

7日のことですが、映画「ジョン・ウィック」を鑑賞しました。 試写会にて 伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせるも、ヘレンとの出会いから裏社会から足を洗ったジョン・ウィック。 しかし亡きヘレンが残した子犬デイジーを車を狙いに押し入ったマフィアのボ...

ジョン・ウィック IMAX/キアヌ・リーヴス

『マトリックス』シリーズでスタントコーディネーターを担当したチャド・スタエルスキがメガホンをとりキアヌ・リーブスが伝説の殺し屋を演じたハードボイルドアクション・ムービ ...

『ジョン・ウィック』

□作品オフィシャルサイト 「ジョン・ウィック」□監督 チャド・スタエルスキ□脚本 デレク・コルスタッド□キャスト キアヌ・リーブス、ミカエル・ニクビスト、アルフィー・アレン、       ウィレム・デフォー、ディーン・ウィンタース■鑑賞日 10月11日...

ジョン・ウィック

 キアヌ・リーブス完全復活のCM通り、何も考えられずキアヌ無双を楽しめば良い作品です。スタイリッシュな格闘、銃撃シーンやライティングなどは同様作品のなかでも群を抜いていました。  作品情報 2014年アメリカ、カナダ、中国映画 監督:チャド・スタエルスキ …

『ジョン・ウィック』

キアヌ・リーブスの映画を観るのは久しぶりです。 かろうじて『スピード』という映画を観た記憶があります。 『マトリックス』は観なかったなぁ。 さて、ストーリーはこんな感じです。 伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせていたが、殺しの仕事から手を 引...

闇の男/ガン・フー? キアヌ! ~『ジョン・ウィック』

 JOHN WICK  ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)は最愛の妻を亡くし、失意のどん底にい た。しかし妻からの最後の贈りものである仔犬のデイジーとの生活に、微か な希望を見出す。そんな彼を、再び打ちのめす事件が起こる。ロシアン・マ フィアを牛耳るヴィゴ(ミカエル・ニクヴィスト)の道楽息子が、デイジーを殺し、 ジョン・ウィックの車を奪ったのだ。 ...

[映画][☆☆☆★★]「ジョン・ウィック」感想

 キアヌ・リーブス主演・製作総指揮、「マトリックス」でスタントコーディネーターを務めたチャド・スタエルスキー初監督作品。引退した元凄腕の殺し屋が、愛犬を殺したマフィアのボスの息子に復讐すべく、再び闇の世界へと舞い戻る。 ここ数年、作品に恵まれなかった観の

ジョン・ウィック

JOHN WICK 2014年 アメリカ/カナダ/中国 101分 アクション/サスペンス R15+ 劇場公開(2015/10/16) 監督: チャド・スタエルスキ 出演: キアヌ・リーヴス:ジョン・ウィック ミカエル・ニクヴィスト:ヴィゴ・タラソフ アルフィー・アレン:ヨセフ・タラ...

ジョン・ウィック

JUGEMテーマ:アクション映画全般 「ジョン・ウィック」 原題:John Wick 監督:チャド・スタエルスキ 2014年 アメリカ映画 103分 R15+ キャスト:キアヌ・リーブス      ミカエル・ニクビスト      アルフィー・アレン      ウィレム・デフォー      ディーン・ウィンタース 妻を亡くしたジョンの元に妻からの最後の贈り物...

ジョン・ウィック (2014)

先頃、このシリーズの新作。パート3が出来た模様で、「王様のブランチ」で、主演のキアヌ・リーブスが取材されてたので、「パート3が出来る人気作って、一体…」って興味を持ち、「その、始まりは、いかに?」「そして、ジョン・ウィックって、何者? そして、何キャラ?」と、観てみました。本当に、快進撃を続ける人気スターって、ある意味、強運の持ち主。作品にも恵まれてこそ、ですね。インタビューで、あいかわらず...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR