あさが来た (第7回・10/5) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』公式
第2週『ふたつの花びら』『第7回』の感想。
なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。


この春、二人そろって嫁入りをすることが決まったあさ(波瑠)とはつ(宮崎あおい)。「嫁に行きたくない」と言い続けていたあさも、次第に新次郎(玉木宏)に気持ちを寄せ始め、今では新次郎と会うことが楽しみになっている。そして約束の日、あさの家にやってきたのは、はつの嫁ぎ先である山王寺屋の菊(萬田久子)と、惣兵衛(柄本佑)だった。菊は美しくなったはつを見て喜ぶが、いじわるなことを聞く。それを見ていたあさは…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

新次郎は回想で、しかもワンカットだけ?

第1週で、あれだけ推しメンとして描いていた新次郎(玉木宏)。それも今日の終盤であさ(波瑠)が台詞にまで出して言うのに、何と週明けには、たったのワンカット、それも回想だけ。4年の時間経過もあっと言う間に終わってしまった。

折角、惣兵衛(柄本佑)を登場させたのなら、新次郎にも出番を作って比較させたら良かったのにと思う。だって、柄本さんのキャラづくりの方が濃いから、どうしてもまだまだ「新次郎=俳優・玉木宏」には遠く感じてしまう。

“マシ” に見えるのは “前作と比べて” の話

まあ、たとえワンカットでも描かないよりマシ。ただ、この “マシ” は “前作と比べて” の話。もちろん、全く違う作品を比較する意味など無いのだが、こと「朝ドラ」についてはそうもいかない。私にとっては、まだまだ可も無く不可も無くと言うか…

先週程、感想を書くモチベーションが上がらない

正直、第2週の月曜日を観終えて、先週程の本作の感想の記事を書くモチベーションが上がらなかった。その理由は3つ。

[1] 想像以上に、私の苦手なNHK風時代劇に仕上がってること
[2] 私の苦手な女優さんが出演していること
[3] 原案の小説を既読なので、物語の先にはあまり興味が無いこと

この3つの中で一番効き目があるのが [1] のNHK風時代劇。やはり個人的な好みの問題で、NHKらしい作風の時代劇が私は大の苦手。大河ドラマも一度も観たことは無いし、観ようと思ったことも無い。従って、意外な理由かもしれないが、これが原因で早々に本作から離脱する可能性が大になってきた。

まだ、物語が動きそうな気配を感じない

とにかく、第2週までは様子見と決めたから、今週いっぱいは観てみようと思う。何となく全体の雰囲気が良いとか、俳優陣も悪くないとか、演出が丁寧とかそう言うことは共感するが、イマイチ脚本が見えてこない。キャラクターを動かす役目は果たしているが、物語が動きそうな気配を感じない。

物語さえ動き出せば…と思う。何とか今週も週末で一気に時間経過して、はつ(宮崎あおい)は嫁いで、あさはの祝言ぐらいまで進んでくれれば、第3週への期待が繋がる。おっと、まだ第2週が始まったばかりだった。

あとがき

本作を楽しい、面白いと言う人がたくさんいるのは解かります。でも、私には今一つ真面目すぎていて興味関心がわき難い難い状態です。やはり、ドラマは良くも悪くも癖が無いと観続けようと言う気持ちが…って思います。

「視聴率が低くてもみんなに観て欲しい」とか「こんな酷い作品を野放しにしちゃいけない」とか。もう少し、本作らしさが見え隠れしてくれたらいいのですが、まだ第2週では無理でしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 あさが来た Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 あさが来た 上
広岡浅子徹底ガイド おてんば娘の「九転び十起き」の生涯
新装改訂版 小説土佐堀川 ――女性実業家・広岡浅子の生涯


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7608/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/427273665.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 小説土佐堀川 女性実業家・広岡浅子の生涯 新装改訂版 (古川 智映子/著・潮出版社) 感想 ※平成27年度後期 連続テレビ小説「あさが来た」 の原案
第1週『小さな許嫁』
1 2 3 4 5 6
第2週『ふたつの花びら』

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【あさが来た】 第7回 感想

この春、二人そろって嫁入りをすることが決まったあさ(波瑠)とはつ(宮崎あおい)。「嫁に行きたくない」と言い続けていたあさも、次第に新次郎(玉木宏)に気持ちを寄せ始め、今では新次郎と会うことが楽しみになっている。そして約束の日、あさの家にやってきたのは、はつの嫁ぎ先である山王寺屋の菊(萬田久子)と、惣兵衛(柄本佑)だった。菊は美しくなったはつを見て喜ぶが、いじわるなことを聞く。それを見ていたあ...

笑って>『あさが来た』第7話

橋の上で五代さんにめがけてののジャンピング といい 座敷の中で惣兵衛めがけてのスライディング(?) といい あさの突拍子のなさを強調するためか 動きが大胆過ぎて ありえへんやろ! …なのだが 既に一週間付き合ってきたので 「らしい」と、すっかり受け入れ態勢になっている 今日の覗き見も 幾ら “お約束”といえど ありえへんやろ! …なのだが ...

笑って>『あさが来た』第7話

橋の上で五代さんにめがけてののジャンピングといい座敷の中で惣兵衛めがけてのスライディング(?)といいあさの突拍子のなさを強調するためか動きが大胆過ぎてありえへんやろ!&he...

「あさが来た」第7回★笑て頂けませんか?

連続テレビ小説「あさが来た」 第7回(10月5日) この春、二人そろって嫁入りをすることが決まったあさ(波瑠)とはつ(宮崎あおい)。「嫁に行きたくない」と言い続けていたあさも、次第に新次郎(玉木宏)に気持ちを寄せ始め、今では新次郎と会うことが楽しみになっている。そして約束の日、あさの家にやってきたのは、はつの嫁ぎ先である山王寺屋の菊(萬田久子)と、惣兵衛(柄本佑)だった。菊は美しくな...

あさが来た 第7回

『ふたつの花びら』 内容 慶応元年。あさ(波瑠)はつ(宮崎あおい)ふたりの嫁入りが春と決まり、 支度を進めていたのだが、お稽古事を怠けていたせいで、あさは苦戦していた。 とはいえ。あさも、事あるごとに、やってくる新次郎(玉木宏)に徐々に慣れ、 4年前、あれ...

【あさが来た】第7回感想&第1週全視聴率&林与一さんスタパ

関東の第1週の全視聴率が分かりました。 <関東の視聴率とレビューリンク> [第1

「あさが来た」 第2週 ふたつの花びら 第7話

「何でわしが、お前にそないな指図受けなあかんのや」惣兵衛(柄本佑) 「へっ?」 「おなごのくせに・・・ ちょっとは大人になったかと思たけど中身はあかんたれのままやな。 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR