まれ (第155回・9/25) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第26週『希空ウエディングケーキ』『第155回』の感想。

昨日は皆さんにご心配をおかけしましたが、予定通り夢と魔法の国でパワーを貰てきましたので、見事復活です。今日も書きます。

なお、当記事は、受信料を支払ってるだけでモノ言わぬのもしゃくな上に、8/20にクランクアップしてしまったため、本作へのほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。
楽しくご覧になっている方や愚痴や重隅突きはウザいと思う方は、読まない方が良いです。


8月10日、希(土屋太鳳)と徹(大泉洋)、そして匠(小山春朋)と歩実(横山芽生)の誕生日に、村のみんなを集めてある会が行われることに決まった。それぞれが会に向けて準備をするなか、サロン「はる」では、周囲から早く身を固めてはと促された一子(清水富美加)が、洋一郎(高畑裕太)に、これまで言わなかったひと言をついに口にする。さらに、ケーキの仕上げのため店を訪れた希の前に現れたのは…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

希の夢などどうでも良いのだが、これだけは言っておく

半年間かけて描いて来たヒロインの夢が、 “いつか叶えば良いや” 的なその程度の夢で、もはや「夢は寝て待て」「タナボタ世界一」で終わったのは、本作が、脚本家が、「朝ドラのヒロインが夢を追うこと」の捉え方が、私と根本的に違い、承諾できる範囲で無いのが解かったから、もう希の夢はどうでも良い。

ただ、希の夢について最後に一言だけ添えるとしたら、希の夢の定義が上に書いたようなものであっても良いし当然だ、と視聴者に思えるように、希を描いてこなかった脚本家・篠崎絵里子氏と演出の渡辺一貴氏ら3人の罪は重い。

本作の連ドラとしての失敗の最大の原因

結局、「朝ドラのヒロインが夢を追うこと」よりも無駄話をダラダラと描くばかりで、希の変化や成長を雑にしか描いてこなかったから、世界一までタナボタで待つヒロインを受け入れられないのだ。

だって、もし先週までに、何もかもタナボタで手に入れる希が確立していたのなら、 “いつか叶えば良いや” も希らしくて良いと思えたと思うから。結局、盛り上げるには盛り上げても、きちんとした経緯に合致した着地点に物語が帰着していないのだ。これが本作の連ドラとしての失敗の最大の原因。これは次の項目にも繋がる…

結婚式で盛り上げてるつもりなのに盛り上がらない

では、今日は昨日の終盤で突如始まった結婚式のくだりについて、私なりに掘り下げてみる。

別に、テレビドラマの最終回を主人公の結婚式で盛り上げて大団円で終わらせるを悪いとは思わない。脚本上でイベントをつくり登場人物たちを全員集め盛り上げようとするのも間違っている訳では無い。

しかし、本作は上で書いたように、きちんとした経緯に合致した着地点に物語が帰着していない大失敗を犯している。だから、本作最大の大騒ぎでありイベントなのに盛り上がらない。どうせまたプライバシー侵害&個人情報ダダ漏れ&無責任な人でなし集団の最後の大騒ぎ程度にしか見えないのだ。

放送前の最終回に、既視感が漂ってると言う滑稽さ

そう、この結婚式の大騒ぎそのものに既視感が漂っているのだ。そう思わせる要因は幾つもある。(かなり好意的に解釈して)この村民たちは大騒ぎが大好きって設定だとか、何かと騒ぐ時は桶作家の居間であるとか。そう、あの桶作家の居間が片付けられて広々としていても、またいつもの大騒ぎをやるのかとしか思えないのだ。

結局、第1回から何も変わっていない

結局、第1回から何も変わっていないのだ。希の風貌と同じで、劇中の時間は経過していても、最終回も毎週視聴者が見せられてきた桶作家の居間での大騒ぎ。そして、この最後の最後でも同じことの繰り返し。

最終回なのに既視感が漂い、何の期待感も生まれない、誰もが見飽きたありきたりの演出が明日また始まる。私は最終回を放送する意味すら感じない。

あとがき

もう書くことは無いんですけれど、今日の15分間を観て、改めて徹の人物設定が失敗していたんだなと確信しました。やはり家族がいるのに2度も自己破産した人間を奉る物語はおかしいです。

多分、希が小学生の頃に徹が事業に失敗した時、藍子と離婚していたら良かったんです。優しいお父さんは好きだけど…的なちょっぴり残念なお父さんであり夫像。そして、一生懸命に仕事をし何とか経済的にも恵まれた良い父親であり夫として能登に帰って来れば良かったと思います。

でも、本作は、徹は未だ人生の敗北者で日雇いの仕事をし、ただ希の「どうでも良い」夢の原点と言うだけの存在として能登に帰ってきてしまいました。だから、一徹が徹を殴る意味も何も無いし…

そして、今日の15分間でも気になってしょうがなかったのが、なぜ希と圭太の家族が桶作家でふんぞり返って生活しているのかってこと。一徹の家族は塩田を継いでるからしょうがないとしても、能登の漆業界を担っていく夫と、店を経営する妻が赤の他人の家に寄生しているのはおかし過ぎませんか。
そうそう、お菓子の話だからおかしくても良かったんですよね。いよいよ、あと1回です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
まれ メモリアルブック(NHKウイークリーステラ 臨時増刊10月31日号)
NHK連続テレビ小説 まれ 写真集 (教養・文化シリーズ)
連続テレビ小説 まれ ファンブック (洋泉社MOOK)
NHK連続テレビ小説 まれ お菓子レシピブック (生活実用シリーズ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7579/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/426674625.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33 34 35 36
第7週『横浜激辛プチガトー』
37 38 39 40 41 42
第8週『危機的クリスマスケーキ』
43 44 45 46 47 48
第9週『再出発エンゲージケーキ』
49 50 51 52 53 54
第10週『逆転一発パンケーキ』
55 56 57 58 59 60
第11週『泥沼恋愛チョコレート』
61 62 63 64 65 66
第12週『官能カスタードクリーム』
67 68 69 70 71 72
第13週『運命カカオ64%』
73 74 75 76 77 78
第14週『絶体絶命メッセージプレート』
79 80 81 82 83 84
第15週『下克上駄菓子ケーキ』
85 86 87 88 89 90
第16週『絶縁コンビニスイーツ』
91 92 93 94 95 96
第17週『究極選択パリブレスト』
97 98 99 100 101 102
第18週『親心ロールケーキ』
103 104 105 106 107 108
第19週『潮時じゃがいもガレット』
109 110 111 112 113 114
第20週『男たちのウィークエンド』
115 116 117 118 119 120
第21週『復活マルジョレーヌ』
121 122 123 124 クランクアップ 125 126
第22週『出産クッサンベイビー』
127 128 129 130 131 132
第23週『いっぱい失敗タルトタタン』
133 134 135 136 137 138
第24週『女たちのジレンマムース』
139 140 141 142 143 144
第25週『秒読みコンクールケーキ』
145 146 147 148 149 150
第26週『希空ウエディングケーキ』
151 152 153 154

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「まれ」第155回★帰って来た徹(大泉洋)

連続テレビ小説「まれ」 第155回(9月25日) 8月10日、希(土屋太鳳)と徹(大泉洋)、そして匠(小山春朋)と歩実(横山芽生)の誕生日に、村のみんなを集めてある会が行われることに決まった。それぞれが会に向けて準備をするなか、サロン「はる」では、周囲から早く身を固めてはと促された一子(清水富美加)が、洋一郎(高畑裕太)に、これまで言わなかったひと言をついに口にする。さらに、ケーキの...

NHK朝ドラ【まれ】 第154回・155回 感想

『木』自分の力を出し切り、希の表情は晴れやかだ。そんな中、一徹の婚約式の写真を見た歩実(横山芽生)と匠(小山春朋)が希に質問する。 『金』希と徹、匠、歩実の誕生日、皆を集めて催しが行われることに。準備が進む中、一子(清水富美加)が洋一郎(高畑裕太)にある言葉を告げる。 (上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用) 連続テレビ小説「まれ」第26週「希(まれ)空ウエディングケ...

残り1話>『まれ』第155話

今日はプレ最終回 明日はマジ最終回 夢にまで見た最終回>見てないけどね …と、強調してみました …ひじゅにですが何か? 「帰ってきちゃった」by徹 今日、変なことが気になっちゃったんだけど …あ、いつものことか(^^;) でも、とにかく変なとこが気になっちゃったんだよ。 希と徹父がハグするところ。 希の泣き声ばかりが聞こえてきたとこ...

残り1話>『まれ』第155話

今日はプレ最終回明日はマジ最終回夢にまで見た最終回>見てないけどね…と、強調してみました…ひじゅにですが何か?「帰ってきちゃった」by徹今日、変なことが気になっちゃ...

まれ 第155回

内容 希(土屋太鳳)の誕生日に行われる事になった希と圭太(山崎賢人)の結婚式。 敬称略 別にね。。。ドラマだから、結婚式だとか、そういうので、 盛り上げようとするのは、悪いとは思いません。 おいおい。。。。世界一が、それでいいのか?という 今作が自ら...

【まれ】第155回(9/25金)感想「父帰る」と第25週視聴率

2015年8月10日、徹、能登へ帰ってきました♪ その日は徹と希と匠と歩美の誕生

まれ - 2015年前期朝ドラ

まれ 平成27年度前期 連続テレビ小説 NHK総合 2015年3月30日~9月26日 全156回 [キャスト] 土屋太鳳 大泉洋 常盤貴子 葉山奨之 田中泯 田中裕子 鈴木砂羽 篠井英介 山﨑賢人 清水富美加 門脇麦 中村敦夫 塚地武雅 ガッツ石松 ふせえり 中川翔子 板尾創路 渡辺大知 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR