ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

まれ (第153回・9/23) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第26週『希空ウエディングケーキ』『第153回』の感想。

なお、当記事は、受信料を支払ってるだけでモノ言わぬのもしゃくな上に、8/20にクランクアップしてしまったため、本作へのほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。
楽しくご覧になっている方や愚痴や重隅突きはウザいと思う方は、読まない方が良いです。また、ネタバレサイトで先のあらすじを読んだ方、こちらに書き込むのは止めて下さい。


制限時間が迫るなか、急きょケーキのデザインを変更し、新たなデコレーションを始めた希(土屋太鳳)。周囲をハラハラさせながらもなんとか時間内に作りあげたものは、徹(大泉洋)との思い出の一品だった。完成後の審査員を前にした自作のケーキの説明の場で、希は全体のテーマとして「夢」をモチーフにしたことと、最後の一品が自分の原点であることを話す。そしていよいよ、緊張の面持ちで待つ出場者を前に結果が発表される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今さら、「ばあば」は無いだろう?

今朝は録画で視聴。理由は何度も観るのが面倒だから、気になったら停止してって感じ。そして、本日最初の一時停止でもう一度聞き直した台詞がこれ。

歩実「ばあば、ケーキ見て。ばあばー」

おいおい、今さら歩実に藍子を「ばあば」と呼ばせるか。確かに歩実は藍子の孫だが、これまで藍子が孫の面倒を見るような微笑ましいシーンがあったろうか。希が子育てに困ってる時も知らんぷりで、孫の遊び相手はいっつも他人ばかりだったはず。

結果から言うと、今日は、こう言う如何にも取って付けたようなあざとい描写の多い15分。それだけ篠崎先生が強引に後出しジャンケンでまとめようと必死ってことだ。まあ、お手並み拝見といこうじゃないか。

ケーキのコンセプトは、事前の過程で魅せるべきだった

次は、希が審査員たちに自信満々のどアップでケーキを説明するくだり。アップの連続でウンザリするのはお約束として、ここまで企画書を読んでいるようにケーキの説明を後付けでするのは、連ドラとして全く面白くない。

本来なら、この説明に至る過程を、透明ホワイトボードで観たかったし、夢の原点なども徹と共に創り上げる経過を観たかった。観たかったことが描かれず、後出しジャンケンでサラリと台詞処理しちゃうのが、これまた本作のダメなところ。今さら言っても遅いが…

最終週だからこそ、希の人間としての成長を見たかった

次の大悟と希とのやり取りは、これまでの153回の放送の中でトップ10に確実入賞する、篠崎先生お得意の鼻につく希が登場する。審査の結果、大悟が優勝し、希が第5位になり、受賞式から控室に戻って来た大悟に希が声をかけそのシーンでる…

希「あのー、優勝おめでとうございます」
大悟「まさかガッカリしてるんじゃないだろうな」
希「えっ?」
大悟「上出来だ。ビリになってもおかしくない面子だぞ」
希「わかってます」

このあと、大悟に認められた希の態度は大きくなり、まるで大悟とため口レベルで話が進むのだが、ここで鼻についたのが希の「わかってます」だ。普通は「そんなことありません」と謙遜するのでは?もちろん、図々しい希が連ドラとして継承されているのは悪くないが、逆に全く人間的に成長していないことでもある。

ここは、最終週だからこそ、パティシェとしてとか母親として以前に、人間としての成長を見たかった。そして、負けてもがんばる根性を見たかった。まあ、希より藍子の苦悩を書きたいんだから言っても無駄だが。

「誠実に向き合ってケーキをつくる」のは希には無理だ

このあとロベール幸枝が登場し希のケーキを褒めるが、その時は「まだまだやけど」と若干謙遜する希。他人や師匠に謙遜せずに、身内に気を遣うヒロインなんて魅力ゼロだが、そんなのもうどうでも良い。

そして、これまでもこれからも希が目指すべきケーキづくりやパティシェ像を全部幸枝がご丁寧に解説して終了するのだが、「誠実に向き合ってケーキをつくる」と幸枝が締め括るが、そもそもその部分をこれまで一切描いてこなかったのが本作。

店で売るケーキも手抜き、客の注文のケーキも途中で投げ出し、店の厨房で子どもたちにケーキを作る時は超不潔と、これまでの希には誠実のせの字を微塵も感じられなかったのに、今さら取って付けても効果は無いと思う。

あとがき

今日なんかは、後出しジャンケンですが、篠崎先生が必死にドラマらしく盛り上げようとしているのは解かります。解かりますが、何せこれまでの過程や経過が無いから、取って付けたお飾りシーンでしかなく、ちっとも面白くない。半年を振り返ると、公務員とか横浜時代とか何だったんでしょう???

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック
連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック2 音楽/澤野弘之
連続テレビ小説読本 Vol.1 (洋泉社MOOK)
連続テレビ小説読本 Vol.2 (洋泉社MOOK)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7575/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/426558056.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33 34 35 36
第7週『横浜激辛プチガトー』
37 38 39 40 41 42
第8週『危機的クリスマスケーキ』
43 44 45 46 47 48
第9週『再出発エンゲージケーキ』
49 50 51 52 53 54
第10週『逆転一発パンケーキ』
55 56 57 58 59 60
第11週『泥沼恋愛チョコレート』
61 62 63 64 65 66
第12週『官能カスタードクリーム』
67 68 69 70 71 72
第13週『運命カカオ64%』
73 74 75 76 77 78
第14週『絶体絶命メッセージプレート』
79 80 81 82 83 84
第15週『下克上駄菓子ケーキ』
85 86 87 88 89 90
第16週『絶縁コンビニスイーツ』
91 92 93 94 95 96
第17週『究極選択パリブレスト』
97 98 99 100 101 102
第18週『親心ロールケーキ』
103 104 105 106 107 108
第19週『潮時じゃがいもガレット』
109 110 111 112 113 114
第20週『男たちのウィークエンド』
115 116 117 118 119 120
第21週『復活マルジョレーヌ』
121 122 123 124 クランクアップ 125 126
第22週『出産クッサンベイビー』
127 128 129 130 131 132
第23週『いっぱい失敗タルトタタン』
133 134 135 136 137 138
第24週『女たちのジレンマムース』
139 140 141 142 143 144
第25週『秒読みコンクールケーキ』
145 146 147 148 149 150
第26週『希空ウエディングケーキ』
151 152

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説「まれ」第153回★自分の原点

連続テレビ小説「まれ」 第153回(9月23日) 制限時間が迫るなか、急きょケーキのデザインを変更し、新たなデコレーションを始めた希(土屋太鳳)。周囲をハラハラさせながらもなんとか時間内に作りあげたものは、徹(大泉洋)との思い出の一品だった。完成後の審査員を前にした自作のケーキの説明の場で、希は全体のテーマとして「夢」をモチーフにしたことと、最後の一品が自分の原点であることを話す。そ...

55点>『まれ』第153話

まだコンクールは終わっていないのに 徹父の件が一徹を通して藍子母に― 池畑氏の話がガラス越しに聞こえたわけじゃないよね? 作業を終えて審査までの間に希が大急ぎで伝えたってこと? だったら始まる前に一徹達に伝えておけば良かったんじゃ… ドラマチックにしようとする余り 肝心の辻褄とか各人の心境とかが変になるのも『まれ』流 インパクトはあるかもしれないけど 面白味も...

55点>『まれ』第153話

まだコンクールは終わっていないのに徹父の件が一徹を通して藍子母に―池畑氏の話がガラス越しに聞こえたわけじゃないよね?作業を終えて審査までの間に希が大急ぎで伝えたってこと...

【まれ】第152,153回(9/22火,9/23水)感想「大悟優勝♪希5位」

やはりコンクールの優勝は、大悟シェフでした♪ 良かったです♪(^^) 希は5位。

まれ 第153回

内容 大悟(小日向文世)から、徹が来ていると知った希(土屋太鳳)は、 少ない残り時間のなかで、突然、予定に無いことを始める。。。 敬称略  “バアバ!” だって。。。。 あの〜〜〜〜〜〜〜〜、いまさらですか!?  あざとい。。。とってつけたような。。...

NHK朝ドラ【まれ】 第152回・153回 感想

『火』希は大悟(小日向文世)もコンクールに出場すると知る。会場に駆け付けた圭太(山崎賢人)と一徹は、徹が現れるのではないかと周囲を見回すが…。 『水』制限時間が迫る中、希は急きょ、ケーキのデザインを変更。何とか時間内に作り上げたのは、徹との思い出の一品で自身の原点だった。 (上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用) 連続テレビ小説「まれ」第26週「希(まれ)空ウエディン...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: