●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

表参道高校合唱部! (第9話・9/18) 感想

表参道高校合唱部!

TBS系金曜ドラマ『表参道高校合唱部!』公式
第9話『涙の絶唱…ドリカムに家族再生賭けて』の感想。
なお、私は基本的に本作のような合唱と言う素材もつくり手のチャレンジ精神を感じる新人俳優でオリジナルストーリーの連ドラは応援したいです。だからこそ、もっと面白くなって欲しいと思うあまり、時に厳しい感想になりますので、褒め言葉だけ読みたい人はスルーして下さい。


文化祭の季節がやって来た。真琴(芳根京子)たちのクラスは、出し物で合唱をすることに。しかし、‘1軍’の生徒は非協力的で、‘2軍’も助けてはくれない。そんな中でも、真琴や快人(志尊淳)、優里亞(吉本実憂)ら合唱部は努力を続ける。一方、雄司(川平慈英)と美奈代(堀内敬子)の離婚問題は、内田(石丸幹二)をめぐり、いっそう深刻化していた。真琴は、有明(城田優)に起こしてもらった「愛の歌」の楽譜を両親に見せる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最終回直前なのに「計画」が殆ど進まない

もう何度も書いているから書きたくないのだが、真実だから書くしかない。とにかく、毎回の放送で「計画」のことを語っているが、今回なんてほぼその「計画」が進んでない。こんなことなら今回からそっと「計画」なんて無かったことにすれば良かったとさえ思う。

エピソードの複数立てで、おまけにつぶし合ってる

そして、内容もいつものように「計画」は少しだけ。あとは、3つ以上のエピソードを重ねたふりをして、複数本立てで描いて、何となく合唱シーンで大団円で終了。それもサイドストーリーの入れ方が雑だから1時間全体がブツ切れ状態の上に、お互いとつぶし合ってしまった。なぜ単純に両親関連のエピソードだけにしなかったのか不思議でしょうがない。

1話だけ観れば明らかに文化祭だけに絞った方が正解

しかし、今回の1話だけ観れば、明らかに文化祭だけに絞った方が正解。先生たちのくだりも、合唱部の悩みも、ギター少年のくだりも、合唱部だからこそ描けたストーリー。これこそ合唱部のドラマらしい仕上がり。しかし、本作には「計画」がある。それが最大の課題。いっそ、今回が最終回でも良かったとさえ思ってしまった。

あとがき

両親の離婚危機の問題は、最終回の冒頭であっさり解決しちゃって、合唱部の楽しいエピソードで締め括った方が良いと思います。と言っても、結局は大団円で終わるんでしょうけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
歌え! 多摩川高校合唱部
恋する合唱 千葉県立幕張総合高等学校合唱団
あの日教室で歌った 思い出の合唱曲
必ず役立つ合唱の本


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7562/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/426391888.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

表参道高校合唱部! #09

『涙の絶唱…ドリカムに家族再生賭けて』

愚かでかわいい女の娘は白ウサギ(芳根京子)失恋の国のアリス(吉本実憂)ハートの女王様(萩原みのり)Cheshire Cat(森川葵)ロリーナ姉さん(柴田杏花)

子供のような大人で満ちたこの国。 なにしろ・・・勝つために戦うことを基本的に禁じられた国なのである。 苦い薬をオブラートで包んで飲むのが普通なのだ。 そういう意味で、母親である前に女だとか、騙されているのに気がつかないとか、自分が幸せになれれば何でもありみたいな生き方をしている主人公の母親は・・・非

表参道高校合唱部! 第9話

「涙の絶唱…ドリカムに家族再生賭けて」 内容 父・雄司(川平慈英)が逮捕されたという連絡を受ける真琴(芳根京子) 母・美奈代(堀内敬子)によると、内田(石丸幹二)と一悶着あったという。 そんななか、文化祭で合唱部が合唱出来ないと分かる。 廃部の危機で申請を...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR