ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

まれ (第148回・9/17) 感想

朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第25週『秒読みコンクールケーキ』『第148回』の感想。

なお、当記事は、受信料を支払ってるだけでモノ言わぬのもしゃくな上に、8/20にクランクアップしてしまったため、本作へのほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。
楽しくご覧になっている方や愚痴や重隅突きはウザいと思う方は、読まない方が良いです。また、ネタバレサイトで先のあらすじを読んだ方、こちらに書き込むのは止めて下さい。


大輔(柳楽優弥)から、埼玉で徹(大泉洋)を見かけたと、思わぬ報告を受けた圭太(山崎賢人)と一徹(葉山奨之)。圭太は希(土屋太鳳)に一徹は藍子(常盤貴子)にこの事実をそれぞれ伝えることになり、目的を果たした大輔は能登を去る。そのころ希は、「全国フランス菓子コンクール」への出場に向けケーキのテーマを考えていたが、決定的なアイデアが浮かばず悩んでいた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今日の最も重要な3つの出来事

1.多分これで大輔(柳楽優弥)が登場する回が最後だったこと。
2.「秒読み」とは名ばかりで、ケーキの話がほぼ進展しなかったこと。
3.希(土屋太鳳)が登場しないと、何とか観ていられること。

何せ、ヒロインの世界一のパティシェになると言う今最も描くべきことが、ほんの僅かしか描かれず進展しなければ、感想なんて書く意味も無い。だが、こうなると細かい部分が気になって仕方ない。そこで順不同で思い付いたまま重隅突きをやってみる。

大の大人の女4人で食事の支度をする不自然さ

田舎だから?
4人が仲良しだから?
1人は身内でもないし、冠婚葬祭でもないし…
脚本家は何を描きたいがために、女4人での食事の支度のシーンを挿入するのだろう。そこに合点がいかないから不自然な描写でしかなくなる。

普通なら味付けや食材の好みで嫁と姑が揉めるのが常套句で、そこから自然とドラマが始まってもおかしくない程の設定だ。それを崩して、早朝から夜遅くまで働いてる嫁とその母親と義妹と大家さんが一緒に食事を作るって、優しさも配慮も何も感じに無いし、正直あり得ない光景。

本作って、朝ドラだよ。日本中の家族が観てる(ってことになってる)朝ドラ。その中の食事の準備のシーンにリアリティが無いって、どう言う神経で映像化しているのか。ヒロインが相変わらず味噌汁を作ってるだけなのも気になるが、鍋におたまを入れたまま火にかけるのは止めろって。

過疎の村の交通事情はどうなってるの?

さーて、お次のツッコミ所は劇中の地理的配置に関係すること。そう、田舎の交通事情だ。今日の話では、希は夜中に帰宅し朝の3時には店に行くと言う。これまでで店と塗師屋と桶作家は同じ町で無く少し離れている設定だったはず。自転車移動するシーンもあったが、町を出る時はバスが登場してきた。

じゃあ、大輔は何に乗って帰ったのか?じゃあ、希は深夜遅くに1人で自転車通勤してるのか?島の過疎の地の最終バスが夜9時なんてあるのだろうか。まあ、大輔だけでなく、みんな神出鬼没で現れて礼も言わずに去っていく人ばかり。何に乗って帰ろうがどうでも良いのだが、設定位はリアルにしろと言いたい。

父親の生死が分かったら、真っ先に家族で喜ぶのでは?

じゃあ、今度は徹(大泉洋)を見かけたと言う情報関連へ突っ込もう。大輔からその事実を聞かされた時の圭太(山崎賢人)と一徹(葉山奨之)の反応が解せないのだ。2人とも目をひんむいて驚いたのも、一徹が動揺して泣いたのも、父親の生死が分かったからだとするのが普通だと思う。

父親の生死だよ、生き死にだよ。普通なら夜中だろうと全員を叩き起こして喜び合うのが家族だし知り合いでないのか。これまでの描写では、誰も「徹が死んでるかも?」なんて口にしないから、そこまで深刻な状況で無いと言う設定で進んでると思ったが、今日の描写ではそうなっていない。やはり皆心配だったのだ。

“命の重さはメレンゲより軽い” で良いのか?

だとしたら、文(田中裕子)の紙芝居はどう言う位置づけで捉えれば良いのだろう。少なくとも文と元治(田中泯)以外は徹の死を心配していたとしたら、あの紙芝居も大家の桶作夫婦も相当な人間ってことになるが、その解釈で良いのだろうか。

まあ、おそらく妊娠8か月のみのり(門脇麦)がうつ伏せ寝してるくらいだから、紺谷家の面々は “命の重さはメレンゲより軽い” とでも思っているってことにしておくか。

今は圭太の漆なんてどうでも良い

しかし、出て来る出て来るツッコミ所。次は漆のくだりへ行こう。圭太が意味不明な漆器への思いを延々ダラダラ放送するのも全く面白くもないし、そもそも身近にあった職業を選んだ程度にしか描かれていないから、心にちっとも響かない。

その上、最後は大輔の「君はその器の中に世界を見ている訳だ」とドキュメンタリー番組番組のナレーションみたいな作り物丸出しの台詞で、意味不明のまま約5分間もの尺を割いて締め括ると言う大胆な脚本と演出。正直、今は圭太の漆なんてどうでも良いんだが。

久し振りの飴細工は、いつどこで習得したの?

よし。いよいよ本作のヒロイン希様のくだりを突っ込もう。とにかく今日は尺は短いがツッコミ所は充実して濃厚だった。飯の支度の件は済んでるから、パティシェの部分の話に移ることにしよう。

希が何気に「ピエスは久し振りやし」と言っていたが、いつどこで飴細工を習得したのか映像でアリバイ工作はあったろうか。土屋さんが細かい手作業が出来ずに撮影できないから、粘土細工の要領で誤魔化すのも、世界一を目指すとなるともう少し練習が欲しかった。

なぜ、お菓子のために努力を惜しまない希を魅せない?

まあ、演出や美術さんも苦肉の策で、あの透明ホワイトボードにやたらと文字やら絵を書いて、透明アクリル板ナメ(越し)のカット割りで誤魔化しているのだが、そこに書かれている内容が「世界征服」とかイルカの絵と言うお粗末さ。

そんなカットを撮るなら、能登の食材を探しに島中を歩くとか、いつぞやの養鶏場に行ってみるとか、世界一を取りに行く気概みたいなものを描いて欲しい。いや、残り9話だからこそ、終わり良ければのためにも、お菓子のために努力を惜しまないヒロインを魅せるべきなのに、なぜやらないのか。

あとがき

よくぞ、ここまで前後の繋がりを無視して、必要のない内容と映像で15分間を編集したなと感心するレベルですよ。今日はツッコミ大会のために疲れましたので、また明日よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック
連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック2 音楽/澤野弘之
連続テレビ小説読本 Vol.1 (洋泉社MOOK)
連続テレビ小説読本 Vol.2 (洋泉社MOOK)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7552/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/426221498.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33 34 35 36
第7週『横浜激辛プチガトー』
37 38 39 40 41 42
第8週『危機的クリスマスケーキ』
43 44 45 46 47 48
第9週『再出発エンゲージケーキ』
49 50 51 52 53 54
第10週『逆転一発パンケーキ』
55 56 57 58 59 60
第11週『泥沼恋愛チョコレート』
61 62 63 64 65 66
第12週『官能カスタードクリーム』
67 68 69 70 71 72
第13週『運命カカオ64%』
73 74 75 76 77 78
第14週『絶体絶命メッセージプレート』
79 80 81 82 83 84
第15週『下克上駄菓子ケーキ』
85 86 87 88 89 90
第16週『絶縁コンビニスイーツ』
91 92 93 94 95 96
第17週『究極選択パリブレスト』
97 98 99 100 101 102
第18週『親心ロールケーキ』
103 104 105 106 107 108
第19週『潮時じゃがいもガレット』
109 110 111 112 113 114
第20週『男たちのウィークエンド』
115 116 117 118 119 120
第21週『復活マルジョレーヌ』
121 122 123 124 クランクアップ 125 126
第22週『出産クッサンベイビー』
127 128 129 130 131 132
第23週『いっぱい失敗タルトタタン』
133 134 135 136 137 138
第24週『女たちのジレンマムース』
139 140 141 142 143 144
第25週『秒読みコンクールケーキ』
145 146 147

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説「まれ」第148回★所沢で徹(大泉洋)を見かけた大輔(柳楽優弥)

連続テレビ小説「まれ」 第148回(9月17日) 大輔(柳楽優弥)から、埼玉で徹(大泉洋)を見かけたと、思わぬ報告を受けた圭太(山崎賢人)と一徹(葉山奨之)。圭太は希(土屋太鳳)に一徹は藍子(常盤貴子)にこの事実をそれぞれ伝えることになり、目的を果たした大輔は能登を去る。そのころ希は、「全国フランス菓子コンクール」への出場に向けケーキのテーマを考えていたが、決定的なアイデアが浮かばず...

イルカ>『まれ』第148話

早朝に能登に現れ 夜中に静かに去って行った大輔はん。 さすが北陸新幹線!>ぇ …ひじゅにですが何か? 「世界一になれるがかね…」by希 ↑つまり、テーマさえ浮かべば世界一は確定ってこと? 学校で学ばず修業も途中 本人曰く「ブランク」もあったけれど 池畑氏曰く「ケーキが豊かになった」 そんな理屈を超えた超天才パティシエ@希なのだから ...

イルカ>『まれ』第148話

早朝に能登に現れ夜中に静かに去って行った大輔はん。さすが北陸新幹線!>ぇ…ひじゅにですが何か?「世界一になれるがかね…」by希↑つまり、テーマさえ浮かべば世界一は...

まれ 第148回

内容 大輔(柳楽優弥)がやって来た本当の理由があると感じた圭太(山崎賢人)が、 そのことを問い正したところ。。。。“見かけた”という。 姿を消した徹を。。。 敬称略 これ、思うんだけど。 いまさら、父を登場させる必要ってあるのかな?? 今の感じだとメイ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: