恋仲 (第9話 最終回 15分拡大&生放送SP・9/14) 感想

恋仲

フジテレビ系『恋仲』公式
第9話/最終回 15分拡大&生放送SP『君がくれた夏』の感想。


コンクール会場を飛び出した葵(福士蒼汰)は、公平(太賀)と七海(大原櫻子)に見送られ、翔太(野村周平)に会うため富山の花火大会に向かったあかり(本田翼)の元へ急ぐ。そのころ、富山駅に降り立ったあかりは、かつて暮らした家や廃校になった高校など思い出の地を巡り、葵や翔太たちと過ごした高校時代を振り返る。その後、翔太との待ち合わせ場所に向かうと、そこには葵の姿が。翔太に頼んであかりと2人きりになった葵は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

フジテレビはこんなドラマを創りたかったに違いない

福士蒼汰がゴールデンの連続ドラマ初主演にして、月9初主演を飾る、この夏一番熱くて切ない王道ラブストーリー。初恋の相手と運命の再会を果たした青年が、恋敵との複雑な友情に悩み、さまざまな障害に七転び八起きしながら、“本当の恋”をつかんでいく姿を描く。
福士演じる建築士見習いの三浦葵を悩ませるヒロイン・芹沢あかりを、月9初出演の本田翼が務め、恋のライバルとなるもう一人の“アオイ”こと蒼井翔太を、若手実力派の野村周平が演じる。
[Yahoo!テレビの概要]より引用

少なくともフジテレビは、こう言う連ドラ、月9を視聴者に提供しようとしていたのは間違い無いと思うし、上層部も人気者を揃えたこう言う月9を期待したと思う。

期待と不安で観始めた視聴者

だから視聴者は、久し振りに「胸キュンさせてくれる王道ラブストーリー」と「ハラハラドキドキさせてくれる高校の同級生たちの三角関係」に大きな期待を膨らませつつ、(ファンは別にして)「福士蒼汰さんと本田翼さんの存在感や演技力で大丈夫か?と言う不安」の入り混じった気持ちで観始めたと思う。

一度も期待を超えることは無かった期待ハズレ感

しかし、少なくとも私には、最終回まで通して、一度も期待を超えることは無かった。だが、期待を裏切ったとまでは言わない。だって、裏切られたと感じる程の強烈な展開も描写も無かったのだから。

何度も書いている第1話の冒頭のあかり(本田翼)の教会のシーンや、一途な奇を翔太(野村周平)を描かずに衒った中盤での変貌、意味不明なあかりの父(小林薫)のくだり、男2人にずっと心を揺れまくっていただけのあかり、そして、最後の最後まで優し過ぎるだけで煮え切らない葵(福士蒼汰)の態度…

これらが延々と第8話まで続いたのだから、最終回と言うよりこの王道ラブストーリーの結末に興味関心が薄まったのが現実だと思う。「あのあかりなら、誰とくっついてもどうでも良いや」みたいな諦めに似た期待ハズレ感。

心理描写は中途半端、演出は煽るだけ。
これで、連ドラの恋バナが創れるはずがない

第2話の感想で書いた、「番狂わせで公平(太賀)が結婚して全く違う展開にするのもアリ」「結婚やチャペルをエンディングにしない恋バナ」のような斬新で大胆な恋バナで良い意味で視聴者を大きく裏切り期待を超える挑戦をしても良かった。

しかし、残念ながら本作は第1話の冒頭でその挑戦に自ら封印をしてしまった。そして、最後の最後までサプライズのつもりの逆効果な奇を衒った脚本と演出を見ても、推して知るべしの結果だと思う。

結局、本作は表面的に王道ラブストーリーをなぞっただけで、最も肝心な登場人物たちの心理描写は中途半端な上に、物語の展開も映像的な見せ方も無意味に煽るだけだった。ベタで王道でみんなが観たい連ドラをつくるなら、結末よりも心の変化を超が付く程に丁寧に描くべきだった。だから、期待ハズレと言うしかない。

あとがき

「月9」の王道ラブストーリー復活に期待した1人として、胸キュンも青春も感じられない脚本、最後まであっさり風味の演技、煽るだけで心に響かない演出、どれもが中途半端でした。そして、最後の最後まで、夏の恋バナらしいトレンディドラマ風の映像を見せて、満足してしまったように感じました。もう「月9」ブランドに期待してはダメなのでしょうか。


【先日、福士蒼汰さんが出演されたドキュメンタリー番組の感想】
終戦70年ドキュメンタリー「私たちに戦争を教えてください」 (2015/8/15) 感想

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
恋仲 Blu-ray BOX
恋仲 DVD-BOX
フジテレビ系ドラマ「恋仲」オリジナルサウンドトラック
恋仲 単行本 脚本 桑村さや香 (著), ノベライズ 木俣 冬 (著)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7542/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/426096520.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋仲 最終回「君がくれた夏」

思いっきり先が読めすぎる分、サプライズは無かったけれど、芹沢あかり(本田翼)と三浦葵(福士蒼汰)のキラキラ感と若さが眩しかったかな?贅沢なキャスティングと、瞬間瞬間のディテール自体が、「目の保養」でした。蒼井翔太(野村周平)も、結婚式に、あかりの父(小林薫)を連れて現れ、安堵。それに随分、テーマソング。家入レオ「君がくれた夏」に助けられてた感だったかな?「こういう物語を作ってみたい」意欲自体...

恋仲〜第9話(終)★新郎はどっちだ?

恋仲〜第9話(終) 富山に着いた葵(福士蒼汰)。あかりと会って「俺さあかりが初恋だったって言ったじゃん?でも今はもうあのときの気持ちとは違うんだ。初恋だった7年前よりあかりのこと好きになってる。 10年後はもっと。20年後はもっともっと好きになる。 俺は翔太みたいには将来のことなんか約束できない。 けど…。あかりを思う気持ちは誰にも負けない。 あかりと一緒にいたい。ずっと。俺も...

恋仲 最終回

新人建築設計コンクールの会場を飛び出した葵(福士蒼汰)は、七海(大原櫻子)からお金を借りて、翔太(野村周平)の元へ向かったあかり(本田翼)を追いかけます。 一方、7年ぶりに富山に降り立ったあかりは、すっかり変わった町の風景を目にします。 自分の家兼工場だったところには、別の商売をする家族が暮らしていました。 あかりは、葵や公平(太賀)と無邪気に笑い合っていた高校時代を思...

恋仲 #09 最終回

『君がくれた夏』

君がくれた夏の終わり(本田翼)僕は君をもっと好きになるだろう(福士蒼汰)僕は許された(野村周平)

「嘘をついてはいけない」という言葉はこの世の大前提である。 もちろん・・・世界そのものが嘘なので矛盾をはらんだ言葉である。 しかし・・・人々は「嘘」によって生じる「罪」を心のどこかで信じている。 たとえば「憲法」という嘘を盲目的に信じる人々がいる。 「憲法」はルールの一つである。 ルールというものは

恋仲 第9話(LAST最終回)

「君がくれた夏」 内容 コンクールで審査員賞を受賞した葵(福士蒼汰)だったが、 その授賞式を飛びだした葵は、公平(太賀)七海(大原櫻子)の助けを借りて、 翔太(野村周平)のもとへ向かったあかり(本田翼)を追い始める。 一方、富山に着いたあかりは、すべて...

「恋仲」最終回 感想

 ラスト、生放送で指原莉乃が登場!  視聴率は11.5%!   翔太が待ち合わせ場所にいると、葵がやって来た。  あかりも訪れる。  翔太にあかりとの時間をくれと頼み、二人で話す。  気持ちは変わると葵。  7年前より今の方があかりを好きだと告げる。  そして待っていると。  花火が上がり始めた。{%花火webry%}  葵はひとり、あかりが来るのを待っている…。

【恋仲】最終回(第9話)プチ感想と視聴率

「君がくれた夏」 最終回(第9話)の視聴率は、前回の10.9%より上がって、11

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR