●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

富士山の地ビールと勝沼のワインを楽しむ旅2015


※ 携帯電話の方は、https://youtu.be/9ucMDTObSZc をクリックでYouTube動画へ飛びます。

富士山の地ビールと勝沼のワインを楽しむ旅

毎年恒例の高校時代の同級生たちと行くのが「勝沼の新酒ワインを楽しむ旅」ですが、昨年から往路ルートを変更して、東京から河口湖を経由して山梨県甲州市勝沼入りすることにしています。そこで、今回の一泊二日の旅を上の短い動画にまとめましたが、詳細を以下の4つに分けて詳細をご紹介します。

1.世界文化遺産「富士山」構成資産『船津胎内樹型』と富士山の地ビール
2.山梨県甲州市勝沼のワイナリー巡り
3.勝沼醸造直営レストラン『風』
4.ぶどう寺『大善寺』

簡単に申しますと、動画が超ダイジェスト版なので、その詳細な解説を4ページに亘ってさせて頂きます、ってことです。

安産祈願、パワースポットとして有名『船津胎内樹型』

そこで、まずご紹介したいのが、世界文化遺産「富士山」の構成資産である『船津胎内樹型』(公式)です。

安産祈願、パワースポットとして有名『船津胎内樹型』

富士山の噴火で流れて来た溶岩が樹木(大木)を囲んだまま固まり、その後に大木が腐って鋳型のように溶岩流の中に穴が残ったものを「溶岩樹型」と呼びます。また、洞窟の形が女性の胎内に似ていることから、河口湖畔に船津胎内神社が祀られ、江戸時代から安産祈願、最近はパワースポットとして人気があります。

「母の胎内」へ入るには、かなり苦労します

「母の胎内」へ入るには、かなり苦労します
 ※写真をクリックすると拡大します。

受付センターで大人200円の入場料を納めると、係りの人が資料(上の写真)と一緒に詳しく説明してくれます。あとは鳥居の下をくぐって地下に潜ります。全長70m程度ですが、全体の2割は立って歩け、6割はうさぎ跳びの姿勢で進んで行き、残りの2割は手を塗れた地面について這うように進まないといけません。

汚れても良い服装で。苦労しても観る価値のある世界

身長180cm超の友人は一番奥の「母の胎内」へは肩が通らず進めませんでした。170cmなら何とか進めます。ただ足元は水浸しですので、万が一膝をつく可能性もあるため、汚れても良い服装が好ましいです。

でも、独特で神聖な雰囲気と、溶岩樹型に直接触った感触は貴重な経験でした。地味な観光地ですが、河口湖を訪れる際には覚えておくと良いと思います。

地ビール(富士桜高原麦酒)とガーデニングのレストラン『シルバンズ』

地ビールについては、上の動画
『富士山の地ビールと勝沼のワインを楽しむ旅2015 [FHD]』
に登場する、地ビール(富士桜高原麦酒)とガーデニングのレストラン『シルバンズ』(公式)をご紹介します。場所は、『船津胎内樹型』から自動車で数分の所にあります。広い西洋ガーデンがあり、ペットも同伴可です。

ビールは作り立てですので美味しかったです。地ビールは全部で4種類。詳しくは、公式サイトの地ビール紹介ページをご覧下さい。因みに、私のお勧めは、ピルス pils(ホップが効いたプレミアムラガービール)とラオホ Rauch(日本ではほとんど味わえない燻煙ビール)です。

ルミエール・ワイナリーの「ワインの赤ちゃん」

続いては、旅のメインである勝沼のワイナリー巡りです。まず、残念ながら今回大混雑で写真を撮れなかったルミエール・ワイナリー(公式)で新酒を頂きます。今回はデラウエア種の「もろみ」で、簡単に言うと “ワインの赤ちゃん” みたいなもの。アルコール度数5%前後でワイナリーでしか飲めない貴重なお酒(税込100円)です。

【当blog内のルミエールに関する記事】
【動画】ルミエール・ワイナリー・レストラン「ゼルコバ」@勝沼【FHD】

シャトー・メルシャン勝沼の有料試飲でお薦めの1本

続いて訪れたのが、シャトー・メルシャン勝沼ワイナリーのワインギャラリー(公式)。ここの試飲は勝沼では珍しく全品有料です。その代りにかなり高級なワインやワイナリー限定商品の試飲が出来ます。今回、私が気に入ったのが、「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード ブロック12 2012」です。

長野県上田市丸子地区にある椀子(マリコ)ヴィンヤード(公式)は、メルシャンが挑戦的なワインづくりをするための自社管理畑。中でもブロック12区画は試験品種区画と言われ、そこで栽培されているプティ・ヴェルド、サンジョ. ヴェーゼ、テンプラニーリョ、ピノ・ノアールとメルローのブレンドワイン。

とにかく、複雑な味と香りが楽しめます。有料テイスティングは1杯税込500円です。

【当blog内のシャトー・メルシャンに関する記事】
【動画】勝沼ワイナリー見学ツアー「シャトー・メルシャンを識(し)る」 【FHD】

マンズ勝沼ワイナリーの「新酒」が超お薦め

続いて、写真左中のデキャンタボトルに入っているのが、マンズ勝沼ワイナリー内のバーベキューレストラン「万寿園」(公式)で飲める新酒ワイン。2週間毎くらいにブドウの品種が変わるのですが、今回は店員さんも見たことが無いと言っていたアメリカ産の黒ブドウ品種「キャンベル・アーリー」の「もろみ」。

色鮮やか薔薇(バラ)色の ロゼワインに仕上がるのですが、この「もろみ」の状態でも十分に美しい薔薇色でした。味は見た目と違って意外な辛口。甘いもろみが多い中、貴重なワインの赤ちゃんを頂きました。

勝沼醸造直営レストラン『風』

夕食は、勝沼醸造直営レストラン『風』(公式)に行きました。勝沼町には26軒以上のワイナリーがありますが、勝沼醸造が他社と違うのは、1937年の創業以来、醸造用ぶどうを「甲州種」に特化していることです。そして、自社ワインを地元の旬の素材を活かした料理と共に提供するのがこのレストラン『風』です。

お店自慢の特選和牛ローストビーフが超美味しい

選んだのは、満足できる定番フルコース「林」。オードブル、ポタージュ、お薦めの魚料理に、メインディッシュは鴨のローストを選択。あとはパンかライス、デザートにコーヒーor紅茶で税別6,000円。それにお店自慢の特選和牛ローストビーフを追加注文。

全体的にしっかりとした味付けなのに、塩分は控えめ。デザートも甘さ控えめですが食べ応えは十分。鴨のローストはこの日はグレーヴィーソースで大人の味付け。自慢のローストビーフは外側のカリッとした部位と赤身とロースの3種類を盛り付けてくれました。塩コショウだけでも十分に美味しい肉ですが、わさび醤油など4種類が好みで楽しめます。

残念なのは、ボトルワインの種類が少ないこと。まあ、当然と言えば当然ですが、勝沼醸造のワインはほぼすべて選択可ですが、自社以外の勝沼産ワインは少なく、海外モノも少ない。料理が美味しいだけに、もっと幅広い選択が出来たら、もっと幸せな食事の時間になるような気がしましたが、グラスワインなら十分です。

手に葡萄を持った薬師如来が祀られている大善寺

今から約1300年前のAD718年、僧行基が甲斐の国を訪れ、勝沼の柏尾山の渓谷の大石の上で修行したところ、満願の日、夢の中に、手に葡萄を持った薬師如来が現れ、夢の中に現れたお姿と同じ薬師如来像を刻んで安置したのが、今日の柏尾山大善寺(公式)です。

昼食時は精進料理の店、夜は民宿になります

大善寺は、寺を宿房(民宿)として一般に解放したり、昼食は精進料理を食べるお店になります。ただ、民宿の夕食は精進料理ではありません。

あとがき

今回は、駆け足で山梨県の河口湖半での地ビールと勝沼のワイナリーと大善寺をご紹介しました。勝沼は9月中旬から11月上旬までがブドウもワインも旬になりますので、観光の参考になれば幸いです。


【追記 2015/09/11 14:20】
地ビール(富士桜高原麦酒)とガーデニングのレストラン『シルバンズ』の項目を追記しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本のワイナリーに行こう2015 (イカロス・ムック)
本当に旨い甲州ワイン100
日本のブドウ ハンドブック (ワイン用から生食用まで完全網羅した はじめてのブドウ事典)
るるぶ山梨 富士五湖 勝沼 清里 甲府'15~'16 (国内シリーズ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7527/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

【当blog内の関連記事】
【動画】ルミエール・ワイナリー・レストラン「ゼルコバ」@勝沼【FHD】
【動画】甲州市勝沼ぶどうの丘「地下ワインカーヴ」 【FHD】
【動画】勝沼ワイナリー見学ツアー「シャトー・メルシャンを識(し)る」 【FHD】
「勝沼ぶどうの丘」の夜を楽しむ方法

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR