●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

37.5℃の涙 (第9話・9/10) 感想

37.5℃の涙

TBS系木曜ドラマ劇場『37.5℃の涙』公式
第9話『病児保育士失格!毒母の勝利…全ての真相!?』の感想。
なお、原作漫画:椎名チカ氏の『37.5℃の涙』は未読。


桃子(蓮佛美沙子)が訪問した依頼人は、高校時代の同級生・翔子(山下リオ)だった。生徒会長を務める優等生だった翔子だが、シングルマザーとなった現在はすさんだ生活を送っていた。職探しと偽ってパチンコに熱中し、酔って帰宅した挙げ句、息子など産まなければよかったと言う翔子に、桃子は思いをぶつける。一方、富美子(浅野温子)が桃子の自宅を訪ねてきて、父・誠一郎(石田登星)が桃子の名を呼んだと伝える。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最後の無責任な桃子にはがっかりだが、
同級生とのエピソードは悪くなかった

今回は、20分くらいまでの桃子(蓮佛美沙子)と高校時代の同級生・翔子(山下リオ)とのエピソードの序盤戦は、これまでとは別番組と思う程に、桃子の実家のくだりが割り込まずかなり集中して描かれて良かった。やはり20分に1回くらいが丁度良いように思う。今回は実家のくだりが少なかったのが良かった。しかし…

しかし、終盤に一気に物語を実家のくだりに方向転換するために、自分の言動が問題で会社に迷惑をかけ報告書を書いてる最中に社を飛び出し、一方的に辞めるってどうだろう。これまでの桃子らしいと言えない無責任な言動。別にここまでやらなくても…

あとがき

相変わらず実家のくだりでブツ切れにはなりましたが、回数が減ったのは良かったです。それにしても、今回の桃子の同級生とのエピソードみたいのをもっと描けば、ドラマとして面白くなっただろうし、ちゃんと決着を着けて、最終回に臨んで欲しかったです。いろいろ盛り込み過ぎて残念なドラマになってますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 木曜ドラマ劇場「37.5℃の涙」オリジナル・サウンドトラック
大丈夫(期間生産限定書き下ろしイラスト盤)
大丈夫(期間生産限定wacci犬盤)
37.5℃の涙 コミック 1-4巻セット (フラワーコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7523/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/425703022.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

37.5℃の涙第9話(9.10)

高校の同級生川上翔子@山下リオから 子供の病児保育を任される杉崎桃子@蓮佛美沙子 高校時代生徒会長として輝いていた翔子は荒んだ生活を送っていた。 桃子の説得で就職活動を始める翔子だったが上手くいかず、 追いつめられた翔子は息子と共に死のうとして逮捕されてしまう。 事件はリトルスノーの運営にも影響してくる。 翔子さん、生徒会長時代が輝いていただけに現在荒んでいるのが そして一度立ち直ろうとし...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR