●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

恋仲 (第8話・9/7) 感想

恋仲

フジテレビ系『恋仲』公式
第8話『結婚』の感想。


あかり(本田翼)と翔太(野村周平)の会話を立ち聞きした葵(福士蒼汰)は、彼が将来のことまで深く考えていると知り圧倒される。その一方、葵は新人コンクールの課題「100年続く家」というイメージが湧かず悩む。そんな中、就職が決まった七海(大原櫻子)と教員採用試験に合格したあかりのお祝いを葵の家ですることに。あかりと2人きりになった際、葵はあることを告げられるが、自分に自信がないため、何も言えず落ち込む。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

翔太のプロポーズに違和感、揺れるあかりに不信感が…

細かい部分に触れる前に、今回が全9話の第8話として、とても残念な状態になっていると言わざるを得ない。そう思わせたのが、冒頭での翔太(野村周平)のプロポーズにあかり(本田翼)の心が揺れたシーンだ。

毎回、各話単位ではそれなりに少々古臭いがギリギリ月9の王道恋バナになって悪くないのに、連ドラとしては、物語の不自然さ連続性の欠如、登場人物の描写の偏りや不明瞭さばかりが目について、楽しさが押し殺されてしまっているのが本作の現状だ。

本来なら、普通に高校時代からの三角関係を描き、普通に3人の心の変化を描き、奇を衒った脚本や演出を極力避ければ良かっただけ。特に良くなかったのは、一途な翔太を素直に描かなかったこと。だから、今回の翔太のプロポーズに違和感が生まれ、翔太に揺れるあかりには更なる不信感が生まれた。これはもう取り戻せない…

なぜ今、あかりが翔太に揺れるのかが理解し難い

さて、細かい部分に入ろう。まず最大に気になったのが、なぜ今あかりが翔太に揺れるのかが理解し難い。これまでに映像表現されている部分だけで3人を見ていれば、王道恋バナであることを信じて、あれこれあってもあかりの葵(福士蒼汰)への気持ちが純粋でブレないと信じて、観続けていたようなものなのに…

なのに、もしかして映像化されていない、葵と再会するまでの翔太との日々にあかりの心が揺れたとでも言うのか。だとしたら、そう見ろと言わんばかりの脚本と言うことになり、完全に視聴者置き去り状態ってことだ。心が揺れることが恋バナを面白くするとは思うが、強引に登場人物の心を揺らしても視聴者の心は動かないと思うが…

終盤で、もう少しやることは無かったのか?

そして、コンクールからエンディングのくだりも今一つ。受賞式の質疑応答で今回の応募作品に込めたメッセージが葵からあかりへのラブレターであると思わせたいのだろが、あそこまで審査員が強引にドラマを盛り上げようとしているのが見え見えの意見を述べちゃうと、そんなの言われなくてもこっちはお見通しだ。早く話を進めろと言いたくなる。

また、葵がコンクール会場を飛び出すくだりは、『ロンバケ』へのオマージュなのかパクリなのか知らないが、あかりがプレゼント中で会場を出た時点で、あかりとの電話の内容を聞いた時点で想像できるレベルのことをやられても…と思う。結局、最終回直前の引き延ばしってだけ。うーん、もう少しやること無かったか。

あとがき

最終回直前にして、これまでの負の遺産が露呈しちゃいましたね。ですから、どっちつかずで無神経なあかりと、優しさを通り越して何でも受け入れてるような葵に見えてしまっていませんか。これでは感情移入出来る登場人物がいません。

最初から、あかりに一途な翔太、葵への気持ちはブレないあかり、何事も曖昧な葵、この3人の三角関係を素直に描けば良かったんです。今さら言っても時既に遅しですが…


【先日、福士蒼汰さんが出演されたドキュメンタリー番組の感想】
終戦70年ドキュメンタリー「私たちに戦争を教えてください」 (2015/8/15) 感想

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「恋仲」オリジナルサウンドトラック
君がくれた夏 (完全生産限定盤)/ 家入レオ
君がくれた夏 (初回限定盤)/ 家入レオ
君がくれた夏 (通常盤)/ 家入レオ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7511/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/425532485.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋仲〜第8話★100年続く家、赤い屋根

恋仲〜第8話 あかり(本田翼)と翔太(野村周平)の会話を立ち聞きした葵(福士蒼汰)は、彼が将来のことまで深く考えていると知り圧倒される。その一方、葵は新人コンクールの課題「100年続く家」というイメージが湧かず悩む。そんな中、就職が決まった七海(大原櫻子)と教員採用試験に合格したあかりのお祝いを葵の家ですることに。あかりと2人きりになった際、葵はあることを告げられるが、自分に自信がない...

恋仲 #08

『結婚』

恋仲 第8話

あかり(本田翼)にプロポーズした翔太(野村周平)は、あかりに正直な気持ちをぶつけて、8月31日に7年前あかりが葵(福士蒼汰)に宛てた手紙に残した場所で待っていると告げます。 その光景を目の当たりにした葵は、あまりの衝撃に動けないでいました。 葵は、あかりの将来を支え続けるという翔太に比べ、その覚悟が自分にはまだないと落ち込みます。 折角、万里子(吉田羊)にもらった遊園地...

恋仲 第8話

「結婚」 内容 翔太(野村周平)は、あかり(本田翼)にプロポーズをした。 もう一度やり直したいと。 偶然、その様子を見てしまった葵(福士蒼汰)は、あまりのことに 何も出来なかった。 しばらくして、葵が帰宅すると。 公平(太賀)が七海(大原櫻子)の就職祝いの...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR