●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

民王 (第6話・9/4) 感想

民王

テレ朝系金曜ナイトドラマ『民王』公式
第6話『暗殺』ラテ欄『池井戸潤原作ついに元に戻る父と子最弱内閣VSテロリストボクはあなたを信じるさよなら…総理暗殺』の感想。
なお、原作小説:池井戸潤氏の『民王』は未読。


泰山(遠藤憲一)をバッシングする情報がインターネット上で拡散し、‘脳波ジャック’との関連性が浮上。難局を乗り越えるべく、官房長官の狩屋(金田明夫)は緊急記者会見を開き、泰山のふりをする翔(菅田将暉)は、集まった重鎮たちから叱責を受ける。そんな中、ネットで泰山と翔の入れ替わり疑惑が取り沙汰され、泰山は身内の人間のリークを確信。真衣(本仮屋ユイカ)の仕業ではないかとにらみ、自ら電話をかけようとするが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回の脚本と演出の仕掛けは、今回のための伏線だった

前回で、(ほんの)若干テンポを損ねてまで総理(父)と息子の思いと関係性をしっかり丁寧に描いたのは、今回の “一時的なこと” のための伏線だった訳だ。前回の丁寧な描写のお陰で、いつもの強面の遠藤憲一さん演じる泰山と王子様風な菅田将暉さん演じる翔の親子の違いが際立った。

エンケンさんと菅田さんは「最高のキャスティング」

今さらだが、遠藤憲一さんと菅田将暉さんは「最高のキャスティング」と言って良い。とにかく入れ替わっているようにしか思えない。いや、今回は元に戻った訳だが。同じ俳優が多重人格を演じ分けている以上の完璧さが本当に素晴らしい。

その上、狩屋(金田明夫)と貝原(高橋一生)もきっちりと入れ替わりに追従してるから、お見事としか言いようがない。

翔の女子力が高い設定が、テレビ的にすごく効果的

俳優さんたちの名演技はもちろんだが、原作(未読)があるのに脚本がまるでオリジナルストーリーのように良く出来てるのも見逃せない。特に目を引くのは、メインの2人の俳優に合わせたと思われる、翔の女子力が高い設定になっていることだ。

お蔭で泰山と翔の区別からよりくっきりするし、翔を演じるエンケンさんが可愛くてオジサンの私が見ても萌える面白さに仕上がってる。

常に飽きさせない工夫満載の脚本と演出も良い

もちろん、脚本や演出にももっと良いところがある。先の読めない上にテンポが良いし、まるでジェットコースターのような展開もそうだ。

それに、政治ドラマは当然のこと、ホームドラマの部分もあれば、イケてない青年の恋物語もある。公安の新田(山内圭哉)絡みのサスペンス調なくだりもあって、常に飽きさせない工夫が満載。

良き父、良き夫、そして男、武藤泰山ここにあり!

そして今回のラストで、「良き父、良き夫、そして男、武藤泰山ここにあり!」をガッツリと満腹になるまで魅せてくれた。ホント、笑えて泣ける王道のコメディドラマらしい完成度だ。冒頭の「これまでの総理と息子」もとても丁寧に作られているのも連ドラ好きには好感が持てる。今回は当然のダメだし無しだ。

あとがき

残り2話しかないのが信じられません。まだまだ観てみたい、そう思わせる連ドラの存在は久し振りです。次回にも大きく期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
民王 (文春文庫)
民王(Kindle版)
夜空。feat.ハジ→/ストレスフリー(初回生産限定盤)(DVD付)
夜空。feat.ハジ→/ストレスフリー


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7499/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/425357122.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

民王 第6話

国会に向かって夢を叫ぶイエローキャップキャンペーンの成功で、翔(菅田将暉)が気にかけていたフリースクールの資金難も一件落着することに。 内閣支持率も上がり、泰山(遠藤憲一)も安堵していました。 さらに、公安の新田(山内圭哉)の捜査によって、脳波ジャックの犯人にも近付いているようです。 そんな矢先、ネット上で内閣のネガティブキャンペーンが繰り広げられていることが判明します...

民王 #06

第6話

民王 第六章

『暗殺』 「池井戸潤原作〜ついに元に戻る父と子最弱内閣vsテロリストさよなら…総理暗殺」 内容 頼り無かった息子・翔(菅田将暉)のおかげで、内閣の支持率が上昇し、 泰山(遠藤憲一)は、満足げだった。 一方で、公安の新田(山内圭哉)も黒幕に近づきつつあった。...

「民王」第6話

自分の顔と身体で今、すべきことを。 第6話『暗殺』ネタバレです。 民王池井戸 潤文藝春秋 by G-Tools

【民王】第6話 感想

今は国家存亡の危機だ。 真衣ちゃんが怪しいとなれば徹底的に調べ上げるのが我々のなすべき事だ。 違うか? ぐだぐだ言ってる時間はない。 俺は総理として今すべき事をする。 翔。 お前も自分の顔と体で今すべき事をしろ。 民王 「暗殺」  第6話     5話の感想がついに書けず、6話もこんなに遅れて今に到る……。 とりあえず。 5話をササッとお...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR