花咲舞が黙ってない [第2シリーズ] (第9話・9/2) 感想

花咲舞が黙ってない [第2シリーズ]

日テレ系『花咲舞が黙ってない [第2シリーズ]』公式
第9話『消えた一千万の手形…絶対に隠したかった関係!?』の感想。


舞(杏)と相馬(上川隆也)は、取引先から預かった1千万円の約束手形を紛失した三鷹支店で、当事者の融資課員・堀田(和田正人)から経緯を聞く。その三鷹支店で、舞は新人時代に仕事のイロハを教わった先輩・香澄(中村ゆり)と再会。香澄によれば、堀田は真面目で仕事熱心だという。翌日、舞たちは堀田と共に前日の足取りをたどり、堀田から取引先を出た後、実はファミリーレストランに立ち寄っていたと告白される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

『2』の3つの大きな問題点が浮き彫りに

『第2シリーズ』の2つの大きな問題点が浮き彫りになったような話だったのではないだろうか。

●最後に舞(杏)が啖呵を切るシーンが無いとドラマとして締りが無いこと。
●臨店班の正義感はブレやすく、特に舞が知り合いや身内に超甘いこと。
銀行員として認識が低い人間ばかりが登場するように見えてしまうこと(仕方ないか)

相馬が堀田を叱りつけたのが、唯一の救い

共感し難い堀田(和田正人)と香澄(中村ゆり)の言動から端を発した銀行員としてあり得ない事件を、臨店班の2人が解決したと言うストーリーの骨格は、これまでで一番良かったと思う。特に相馬(上川隆也)が堀田を叱りつけたのが良い。堀田が舞の知り合いならこれまで同様に責めが甘くなるに決まってるから。

ただ、上に書いたように舞の啖呵を切るシーンが無いと物足りないのも事実。でも、妙な的外れの正義感で怒るよりはずっとマシ。結局、舞が理屈に合った正義感で最後に水戸黄門の印籠を出さないと本作の面白さは引き出されないってことを証明したような1時間だったと思う。もう第9話で時既に遅しって感じだが…

あとがき

最後の香澄の今後のついてのシーンなんて全く必要ないですよ。少なくとも私が観たいのは、事の顛末や銀行の処分でもなく、飽くまでも舞と相馬が納得できる正義感で不正を犯した人間をを叱るところです。
時代劇もそうですが、勧善懲悪のドラマとはそう言うものだと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
花咲舞が黙ってない (上): KISS (講談社コミックスキス)
花咲舞が黙ってない オリジナル・サウンドトラック
I am a HERO(初回限定 特製グッズ「スペシャル・マフラータオル」付盤/福山雅治)
かばん屋の相続 (文春文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7488/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/425248230.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花咲舞が黙ってない 第2シリーズ「消えた一千万の手形…絶対に隠したかった関係!?」

消えた1千万円の約束手形… 大騒動の果てに出てきたネズミは…結局、隠れた、不倫ゆえの、ちょっと「困らせちゃえ」した事件だったのでした。イージーな時代劇なら、ここで大げさに「なんだ、こんなところに…」と大ハッタリしそうですが、現代劇ですもの。ましてや舞台は銀行。そこはバッチリ、相馬(上川隆也)が叱り、結果的にも制裁されちゃいましたね。お約束の、舞の啖呵が無かったこともあいまって、痛快劇としては...

花咲舞が黙ってない #09

『消えた一千万の手形…絶対に隠したかった関係!?』

花咲舞が黙ってない2 第9話

東京の三鷹支店で1千万円の手形が紛失する事件が発生して、舞(杏)と相馬(上川隆也)は臨店を命じられます。 野口支店長(佐戸井けん太)は、自分の責任問題に発展する可能性もあって、かなり苛立っていました。 舞と相馬は早速、手形をなくした融資課の堀田(和田正人)から事情を聴きます。 堀田は昼前に取引先を訪ねて手形を預かり、まっすぐ支店に帰りました。 しかし、手形を処理す...

花咲舞が黙ってない(2) 第9話

「消えた一千万の手形…絶対に隠したかった関係!?」 内容 臨店に忙しい舞(杏)と相馬(上川隆也) そんななか三鷹支店で手形の紛失事件が発生したと分かり、2人はすぐに向かう。 支店では、野口支店長(佐戸井けん太)の指示で、行員総出で探していた。 融資課の堀田...

花咲舞が黙ってない2期第9話(9.2)

三鷹支店で一千万円の手形を紛失する事件が発生、 臨店を命じられる花咲舞@杏と相馬@上川隆也 融資課の堀田@和田正人は取引先から手形を預かった後支店に戻り、 すぐに処理をせず、他の業務をしているうちに手形が無くなっていたと主張、 だがその後の調査で堀田は手形を預かった後ファミレスに行っており、 女性が同席していたことが判明する。 堀田は花咲の先輩西原香澄@中村ゆりと不倫の関係で 別れ話をされ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR