●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

リスクの神様 (第6話・8/19) 感想

リスクの神様

フジテレビ系『リスクの神様』公式
第6話『盗まれた会社の秘密容疑者は11人の同僚!?産業スパイは誰だ?』の感想。


サンライズ物産と新陽薬品が共同開発した花粉症治療新薬は世界的な需要が見込まれていた。ところが、同じ製法の新薬製剤特許が既に出願されていて、かおり(戸田恵梨香)の恋人で薬品部主任・原田(満島真之介)と、新陽薬品のリーダー・貴子(中山忍)はがくぜんとする。西行寺(堤真一)は新陽薬品から情報が漏えいした経緯を探るべく、内偵を断行。社長・進藤(中丸新将)と開発担当取締役・大鷹(筒井真理子)の不仲説が浮上する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

肝心の問題解決部分を描かないのは合点がいかない

今回は、途中であれこれブツ切れ要素を入れず、西行寺(堤真一)の個人ネタも最後に集約したのは良かった。ただ、あとは残念ながら回を重ねる毎に劣化していくような気がしてならない本作。かおり(戸田恵梨香)の恋人を登場させたりと一定の工夫は認めるが…

話を捻りまくって、容疑者を次々と変えていく30分過ぎくらいまではそれなりに面白かったが、貴子(中山忍)に的が絞られてからは、あれよあれよと真犯人が判明して終了。

西行寺「今回の仕事の最終目的は特許を取り返すことだ」

序盤で西行寺がこう言ったはず。なのに、肝心の特許を取り戻すくだりは曖昧のまま。危機管理の話なのに、肝心の問題解決部分を描かないのは合点がいかないし、本当の意味での面白さを表現しようとしているとは思えない。

俳優を魅(見)せることに重きを置き過ぎ

その上、今回は特に台詞が多かった。状況が状況だし、容疑者も多いし、関係者も多いから説明が多くなるのは仕方ない。しかし、ここまで俳優たちが台詞を喋ってるだけで、テレビドラマとして良いのだろうか。俳優は役を演じて物語を伝えてこそ。なのに、本作は俳優を魅(見)せることに重きを置き過ぎてる。

確かに、魅力的で個性的な俳優陣が揃っているのは認める。企業の危機管理と言うテーマに新しさも感じる。だからこそ期待して観ているのだが、どんどん期待を裏切られていくような気がしてならない。どうか、最終回まで観たくなるような作品づくりをして欲しい。

あとがき

斬新なテーマだからこそ、物語で魅せて欲しいんです。俳優や台詞で無くて。それと俳優と言えば、戸田恵梨香さんすごくお痩せになってますけど健康面は大丈夫なんでしょうか。すき家のCMはお元気そうなんですけど、本作では痛々しいくらい。心配です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「リスクの神様」オリジナルサウンドトラック
リスクの神様 上 (小学館文庫 も 3-18)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7428/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/424467650.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

傷つけたかったのは誰の心(堤真一)個人的事情の犯罪(戸田恵梨香)女の敵は女(中山忍)

暗いサラリーマンの日常である。 クスリの話なのにクスリとも笑わない男と女たち。 ギスギスした職場環境ではハラスメント(嫌がらせ)が日常化し、もはや嫌味さえ感じられない。 緊張に耐えられない人間は笑いが欲しくて機密漏洩してしまいそうだ。 皮肉な結末にはそこそこのユーモアが潜んでいるのだが・・・全体のト

リスクの神様「盗まれた会社の秘密容疑者は11人の同僚!?産業スパイは誰だ?」

特許が盗まれたぁ、というより、たった2日違いで、全く同じまったく同じ製法の新薬特許が他社からすでに出願黒幕は誰?と、依頼がくるのですが、西行寺(堤真一)は、この一件は機密情報の漏えいだと判断。内部犯行を疑います。そして、虱潰しに調査… 結果、仕事のシステム自体に多分に問題があり、認められないあまり、自棄になっての裏切り… 流出事件、だったのでした。最初は、難儀な事件だと思ってたのですが、事情...

リスクの神様 #06

『盗まれた会社の秘密 容疑者は11人の同僚!?産業スパイは誰だ?』

リスクの神様 第6話

「盗まれた会社の秘密容疑者は11人の同僚!?産業スパイは誰だ?」 内容 サンライズ物産と新陽薬品が共同開発した新薬の特許を出願した。 しかし、すでに他社から同一製法の特許が出願されており、認可が下りなかった。 薬品部主任の原田清志(満島真之介)から事情を聞...

リスクの神様 第6話★花粉症治療新薬の特許

リスクの神様 第6話 サンライズ物産と新陽薬品が共同開発した花粉症治療新薬は世界的な需要が見込まれていた。ところが、同じ製法の新薬製剤特許が既に出願されていて、かおり(戸田恵梨香)の恋人で薬品部主任・原田(満島真之介)と、新陽薬品のリーダー・貴子(中山忍)はがくぜんとする。西行寺(堤真一)は新陽薬品から情報が漏えいした経緯を探るべく、内偵を断行。社長・進藤(中丸新将)と開発担当取締役・大鷹...

花咲舞が黙ってない2期第7話 & リスクの神様第6話(8.19)

・花咲舞が黙ってない2期第7話 松木@成宮寛貴が取引先企業の財務資料を紛失した上、 資料を手に入れた何者かが銀行に謝礼金を要求してくる 松木と共に調査に当たる花咲舞@杏と相馬@上川隆也。 やがて松木が接待で利用した店のキャバクラ嬢@小松彩夏が 謝礼金の要求をしてきた女性であることがわかる。 機密情報を外部に持ち出し、紛失した松木、 融資しないことが決定している企業の接待を受けた融資課長@音...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR