●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

刑事7人 (第6話・8/19) 感想

刑事7人

テレ朝系『刑事7人』公式
第6話『真夏の復讐殺人!?残1時間の命』の感想。


自転車事故を起こした元最高裁判事でコメンテーターの高堂(長谷川初範)が、事情聴取中に交番の自転車を盗んで姿を消す。事故を目撃した天樹(東山紀之)が沙村(高嶋政宏)らを高堂の家に向かわせると、高堂の妻子が何者かに拉致された後だった。やがて、容疑者として西沢(近藤公園)が浮上。数年前、高堂は西沢の妻子を殺した犯人に無罪判決を下していたのだ。顔写真から、先刻の高堂の自転車事故の相手が西沢だと分かる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

これまでと違った趣きがあって良かった

今回の脚本はシリーズ3人目の真野勝成氏に、演出は第5話の長谷川康氏。と言う訳で、本作のリレー脚本の精度が低くて、毎回違うドラマを観ているような違和感が未だ払拭出来ていない。

しかし、全体を通してみると、片桐係長(吉田鋼太郎)がボスになってのチーム捜査はそれなりに描かれていたし、少々複雑な話も演出の魅せ方が上手いから、詰め込み過ぎ感はあってもそれなりに楽しめた。そして何より、天樹(東山紀之)の過去を上手く組み込んだのが一番良かった。

あとがき

天海が『遺留捜査』っぽく無かったのが最大の良いところだったと思います。ただ、とにかく本作らしい特徴が欲しい。そしてリレー脚本の精度を上げて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7426/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/424463635.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR