恋仲 (第5話・8/17) 感想

恋仲

フジテレビ系『恋仲』公式
第5話『最後の花火』の感想。


翔太(野村周平)が寛利(小林薫)を追い払ったことであかり(本田翼)と仲たがいしたと聞いた葵(福士蒼汰)は、動揺を隠せない。そんな中、瑠衣子(市川由衣)と美術館に出掛けた葵に、恵里香(馬場園梓)からあかりが帰らないという連絡が。瑠衣子からあかりが寛利を捜していたと聞いた葵は翔太に伝えるが、彼女を迎えに行く資格がないと断られる。かつて姿を消したあかりを思い心配する葵は、瑠衣子に背中を押され、寛利の家へ急ぐ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回も、まず「いいとこ探し」をしよう

前々回も書いたが、本作が『月9』らしい王道の恋バナになることを期待しているから、とにかく本作の「メインの2人の演技力の欠如」に関しては無視することにする。と言うことで、まずは「いいとこ探し」をしつつ、問題点と改善策を書いてみようと思う。

これまでで最も、物語があかりと葵が中心になった

間違いなく「いいとこ」は、これまでで最も物語があかり(本田翼)と葵(福士蒼汰)が中心になったこと。いくら三角関係の物語とは言え、これまではあれこれを描き過ぎた。特に、翔太(野村周平)のこと。わざとらしく翔太の「悪者」にして強引に三角関係を構築していたのが無くなったのは良かった。

突然の翔太の「善人」っぷりへの豹変が…

それ以外の「いいとこ」が難しい。なぜなら「いいとこ」なのか「悪いとこ」なのか判断が難しいから。それが、今回突然の翔太の「善人」っぷりへの豹変だ。“ぷり” と書いたのは、これまでの翔太の描写を考えると、本当に「善人」になったのか、「善人」の皮を被っているのか、まだどちらでも受け取れてしまうからだ。中途半端が一番良くない。

数回引っ張って来たあのくだりがアッサリ解決?

その上、ここ数回散々引っ張って来た翔太が寛利(小林薫)を大金で追い払った件が前半であっさり解決してしまったのも驚きだ。それも大した意外性の無いオチで。こんなオチで良くも引っ張ったなあとさえ思ってしまった。だって、これは恋バナ。恋バナ以外を描くなら必然性があるエピソードでなければ時間の無駄でしかないのに…

普通に幼馴染の三角関係だけに集中すれば済む話

結局、第5話と言う折り返し地点で、無理矢理に第1話の設定に翔太を寄せて来たって印象が強い。翔太の横恋慕が強くていろいろ茶々を入れる程度にしておけば良かったものを「悪者」にし過ぎたのが失敗のもと。それをここへ来て修正するから、三角関係を揺さぶる役の三角の頂点の大切な一点がぶれたように見えちゃう。

本来なら三点の距離が微妙に変化して、三角が歪むのが楽しいのに、翔太の一点だけが他の二点より全然遠い距離にいるってこと。だから、三角関係の面白さが出なかった。普通に幼馴染の三角関係だけに集中して描けば良かっただけなのに。それと第1話の冒頭のチャペル。あれさえ無ければ…

今回で話がスッキリしたのは、最大の「いいとこ」だ

最後にもう一度「いいとこ探し」を。それは、とにかく今回で話がスッキリしたこと。今後は、あかりの父と翔太を少し後退させて、あかりと葵を少し前に出して、二人の関係を前進させる。そして、時々翔太が二人を揺さぶる。これを丁寧に描けばそれなりの着地点に行くと思うし、そうなることを期待する。

あとがき

今回の葵と瑠衣子(市川由衣)のやり取りや、葵とあかりの海辺のシーンみたいなのがベタで良いと思います。あとは、翔太の揺さぶり方法をえげつなくない自然な方法にしたら何とかなるのではないでしょうか。そうそう、他の恋愛ドラマとの既視感はだいぶ薄まって来たのも「いいとこ」だと思います。
もっと胸キュン度が欲しいです。次回に期待します。


【先日、福士蒼汰さんが出演されたドキュメンタリー番組の感想】
終戦70年ドキュメンタリー「私たちに戦争を教えてください」 (2015/8/15) 感想

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「恋仲」オリジナルサウンドトラック
君がくれた夏 (完全生産限定盤)/ 家入レオ
君がくれた夏 (初回限定盤)/ 家入レオ
君がくれた夏 (通常盤)/ 家入レオ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7418/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/424355041.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋仲〜第5話★あかりは俺の初恋だった

恋仲〜第5話 翔太(野村周平)が寛利(小林薫)を追い払ったことであかり(本田翼)と仲たがいしたと聞いた葵(福士蒼汰)は、動揺を隠せない。そんな中、瑠衣子(市川由衣)と美術館に出掛けた葵に、恵里香(馬場園梓)からあかりが帰らないという連絡が。瑠衣子からあかりが寛利を捜していたと聞いた葵は翔太に伝えるが、彼女を迎えに行く資格がないと断られる。かつて姿を消したあかりを思い心配する葵は、瑠衣子に背...

恋仲 #05

『最後の花火』

恋仲 第5話

翔太(野村周平)は、あかり(本田翼)の父・寛利(小林薫)にお金を渡して、二度とあかりに会うなと告げたことを駆け付けて来た葵(福士蒼汰)に明かします。 そして、それを知ったあかりは部屋から飛び出したと言います。 葵はあかりを追うように翔太に言いますが、彼は動かなくて・・・ そんな中、葵は瑠衣子(市川由衣)から、美術館に行かないかと誘われます。 美術館の設計者が、彼が...

恋仲 第5話

「最後の花火」 内容 翔太(野村周平)が、父に対してとった行動を知ったあかり(本田翼)は、 部屋を飛びだしていく。。。 恵里香(馬場園梓)から、あかりが帰ってこないと連絡を受けた葵(福士蒼汰) すぐに、翔太のもとへ向かい問い正すと。。。翔太のとった行動を...

千葉の館山か・・・(福士蒼汰)小田舎かいっ!(本田翼)夕闇海岸での間接キスから二人花火で告白して始発バスを待ちながら肩枕修正後の直接キスかよ!(野村周平)

・・・おいっ。 あまりにロマンチックな展開に耐えられませんでした。 お約束過ぎるよな・・・。 ベタの上にもベタです。 一部お茶の間の皆さんには逆に新鮮なんじゃないのか。 これが・・・月9・・・。 変わらないもの・・・変わってはいけないものってあるよね。 汚れた大人たちが・・・こねくりまわすからダメに

恋仲「最後の花火」

この物語。高校時代といい、今回といい「花火」が、青春・夏物語アイテムとして、実に効果的に使われてますね。失踪した、芹沢あかり(本田翼)の父親、寛利(小林薫)の件も無事解決してヨカッタ… 既に、新しい家庭を築いていたのでした。蒼井翔太(野村周平)が渡したお金も、それなりの意味があったのが判明。翔太が悪者になりすぎず、ホッこの件で、三浦葵(福士蒼汰)と、あかりは、ますます接近。「あかりは俺の初恋...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR