●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ど根性ガエル (第6話・8/15) 感想

ど根性ガエル

日テレ系『ど根性ガエル』公式
第6話『ピョン吉、命の終わり。別れの時』の感想。
なお、原作漫画:吉沢やすみ氏の『ど根性ガエル』は数巻は既読、過去のアニメ版も見た記憶あり。


町内で見つかった不発弾を処理する日、立ち入り禁止区域に住む京子ちゃん(前田敦子)たちがひろし(松山ケンイチ)の家に集まる。おばあちゃん(白石加代子)から空襲の話を聞き、不発弾を見たいと願うピョン吉(声=満島ひかり)はひろしに頼み、たこになって空から処理現場に近づく。京子ちゃんは、不発弾に自分の運命を重ねるピョン吉に違和感を抱く。ひろしは、糸が切れてピョン吉がどこかに飛ばされてしまったことに気付き、慌てる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最初は、戦争と政治と盛りだくさんだと思った

最初に観た時、前半は終戦記念日を意識して、不発弾を用いて反戦をど根性を上手く絡めた話、後半は夏休みの子供たちを意識して、ゴリライモ(新井浩文)の選挙出馬を用いて政治や立候補や友情を、そして最後はピョン吉(声=満島ひかり)からの告白と盛りだくさんな良い物語だと思った。

二度目は、戦争と政治を意識過ぎちゃったかなって感じ

だから、もう1度観直してみると今度は少し印象が変わった。簡単に言うと、少々戦争と政治を意識過ぎちゃったかなって感じ。70年間不発だった爆弾とひろし(松山ケンイチ)とピョン吉の劇中での15,6年を重ねるのはちょっと重すぎ。むしろ空き地に捨ててある冷蔵庫とか、公園で取り壊される古い遊具とか、そんなモノの方がしっくりきたかも。

前半はもう少し子供に解かり易いモチーフが良かった

但し、後半のゴリライモの立会演説会はお見事。ヒロシの原稿とピョン吉のアドリブ演説もいい感じだったし、松山さんのCG二人羽織風な演技も素晴らしかった、もちろん満島さんの演技も超絶過ぎる。やはり後半が良かっただけに、前半はもう少し子供に解かり易いモチーフでピョン吉の気持ちを代弁した方がバランスが取れたと思う。

あとがき

解かるんですよ。大人のような子供のようなヒロシが主人公とVFXの仕上がりと満島さんの名演技によるの完成度の高いピョン吉がいるから、それを利用して子供たちにいろいろ伝えたくなっちゃう脚本家の気持ち。でも、映像になると、内容はほぼ二本立てで、前半が重め。言いたいこと、やりたいことが解かるだけに、もう少し考えても良かったと思います。次週に期待します。
※8月22日の放送はお休みです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「ど根性ガエル」オリジナル・サウンドトラック(仮)
ど根性ガエル (1) ピョン吉誕生の巻


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7410/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/424249044.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ど根性ガエル 第6話

ゴリライモ(新井浩文)のパン工場の裏で不発弾が発見されて、その処理のため工場は休みになります。 京子(前田敦子)たち、みんなの自宅が避難区域に指定されますが、ひろし(松山ケンイチ)の家だけが避難区域に入らずに済みます。 京子たちはひろしの家に集合して、母ちゃん(薬師丸ひろ子)はみんなに朝ご飯を振舞います。 不発弾とは何か疑問に思うピョン吉(CV:満島ひかり)に、京子のおばあ...

ど根性ガエル 第6話

「ピョン吉、命の終わり。別れの時」 内容 ゴリラパン工場の裏で不発弾処理が行われる事に。 避難区域に指定されて、仕事が休みになったひろし(松山ケンイチ) 京子(前田敦子)ゴリライモ(新井浩文)たちの家だけでなく、 梅さん(光石研)そして。。。。中学校も避...

不発弾のブルースを聴かせて(松山ケンイチ)わたしの大切なあの人へ(満島ひかり)

他人の心を想像できる人が善人とは限らない。 苛められて苦しんでいる人の心が想像できなくて苛めている人はむしろ少ないのではないか。 その苦しみこそが喜びであり・・・もっと苦しめてやろうと生きがいを感じるのが人間らしい。 苛めることを苦痛に感じながら苛めをやめられないという心理を想像することもできるが・

ど根性ガエル「ピョン吉、命の終わり。別れの時」

花火大会のオハナシも、ひろし一日社長のエピソードも好きでした。ますます、独自世界を拓いていますね。この、ぐーたらひろし(松山ケンイチ)が、映画「デスノート」で、Lを好演してた彼と同一とは思えないけれど、あるいは、「セクシーボイス アンドロボ」の感じに近いのでしょうか? 似合ってます。特に、ピョン吉・声の満島ひかりの声が絶品で、薬師丸ひろ子のお母さんぶりも、いい味出してます。それにしても、今回...

【ど根性ガエル】第6話感想と視聴率

「ピョン吉、命の終わり。別れの時」 第6話の視聴率は、前回と同じで、7.0%(関

【ど根性ガエル】第6話 感想

嫌だったんじゃねえのかと思うんだ、おいら。 何がだよ? 不発弾のヤツだよ。 爆発するの嫌だったんじゃねえのかな? あいつ。 だって、爆発したら何にもなくなっちまうじゃねえか。 あいつは嫌だったんだよ。 爆発してさ、人を殺しちまうのがさ。 だから根性出して黙って眠り続けたんだよ。 みんなにはよ、爆発しなかったせいでこうやって不安にさせたり迷惑掛けちまってるけどよ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR