●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

表参道高校合唱部! (第5話・8/14) 感想

表参道高校合唱部!

TBS系金曜ドラマ『表参道高校合唱部!』公式
第5話『歌で救え!仮面の女王の転落と涙』の感想。
なお、私は基本的に本作のような合唱と言う素材もつくり手のチャレンジ精神を感じる新人俳優でオリジナルストーリーの連ドラは応援したいです。だからこそ、もっと面白くなって欲しいと思うあまり、時に厳しい感想になりますので、褒め言葉だけ読みたい人はスルーして下さい。


ホームレスの父・良一(加藤虎ノ介)のことを懸命に隠して地位を守ろうとする優里亞(吉本実憂)を心配する快人(志尊淳)。合唱部では有明(城田優)の指導が始まるが、天草(デビット伊東)からコンクール入賞できなければ同好会に格下げだと言われる。そこで有明は、真琴(芳根京子)ら部員たちに路上ライブをして通行人を立ち止まらせるよう指示する。そんな中、優里亞がこれまで合唱部にした嫌がらせがクラス全員に暴露され…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

いつも通りに、ツカミはオッケーだ

相変わらずコンパクトに良い感じでまとまられた「これまでのあらすじ」に始まった第5話。これまで物足りなかった合唱部の練習シーンも僅かだが登場した。そして、都大会優勝を逃せば同好会に格下げと言う試練がやって来た。いよいよ合唱部の「腕」が試させる重要な回と言う訳だ。路上ライブで腕試し。これは面白くなりそうだ。

今回の構成の問題点

しかし、私の心の高揚は、優里亞(吉本実憂)が早くも登場した4分過ぎに下降路線を辿ることになる。真琴(芳根京子)の母・美奈代(堀内敬子)の件に尺を割き過ぎなのもあるが、今回の構成の問題点はそんなことではない。20分には合唱部の話から優里亞の話になってしまったのが、最大の疑問。

路上ライブと軒先合唱を強引にくっつけちゃダメ

決して話は悪くない。路上ライブで合唱部の腕試しをして腕を磨くことは、いつも校内でのシーンばかりだから新鮮味があるし、夏らしくてアイデアとしても良い。優里亞を心配する快人(志尊淳)に共感して真琴たちが、優里亞の立ち直りに手を貸すのも高校生らしくて清々しい。

ただ、今回はこの2つの話を「屋外」と言う共通点だけで、強引にくっつけた。オーディション会場の軒先で歌うことを路上ライブの延長線上に置いてしまった。これは、所謂「論理のすり替え」に近いと思う。同級生たちの生歌による合唱が1人の生徒の心を動かしたと言うことの素晴らしさで、路上ライブで腕が磨かれたように描いているかだ。

また劇中ではサプライズってことなのだろうが、やはり事前に優里亞に「歌わせて」と願い出た方が良かったろうし、優里亞は歌の途中で走り出しているが、合唱部にとっては路上ライブの一環としてだから優里亞がいなくても歌い切る。なんか不自然、なんか強引でないか。

結局、路上ライブなんて大してやってないのと同じ

結局、冒頭での都大会優勝のための「路上ライブ練習」は前半で1回、軒先で1回しか行われていない。それが不満なのだ。せめて、もっと数日間の「路上ライブ練習」を描いた中で、路上ライブとは別にして「優里亞の応援歌」を歌い、自信をつけた合唱部が路上ライブで通行人の足を止め博す喝采を浴びる。

ちょっとしたことだが、この位の構成のアレンジをするだけで、合唱部のことも優里亞のことも上手く馴染んだ物語になったと思う。2つ共に良い話だけに本当に残念で仕方ない。

合唱部の演技指導と撮影にはもっと細心の注意を

そして最後に。毎回書いていることだが、合唱部のメンバーたちの演技指導と撮影にはもっと細心の注意をして欲しい。今回人数が増えたこともあって、特に合唱のシーンが気になって仕方がない。歌いながらの演技がたいへんなのは想像できるが、それをチェックするのはスタッフの仕事。何せ合唱のシーンが本作の命なんだから。

あとがき

全体には悪くないです。私も昨晩にリアル視聴した時は、お酒を飲みながらだったせいもあってそれなりに感動しました。でも録画を改めて見ると、構成がやはり強引ですよ。ちょっと工夫したら良かったのに。まあ、気にならない人には気にならないでしょうけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
歌え! 多摩川高校合唱部
恋する合唱 千葉県立幕張総合高等学校合唱団
あの日教室で歌った 思い出の合唱曲
必ず役立つ合唱の本


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7405/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/424190846.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

表参道高校合唱部! #05

『歌で救え!仮面の女王の転落と涙』

お嬢さん、お入んなさい(芳根京子)トレイントレインもモータリゼーションの波にのまれて(吉本実憂)美女と野獣(神田沙也加)

勝利の喜びは・・・残虐な現実を飲みこんでいく。 敗北の悲しみは・・・残虐な現実を生み出していく。 勝負とはそういうものだ。 敗北感を相殺するために新たな勝利を望むものは・・・自爆も辞さない場合がある。 打ちのめされて泣くのも人間。 高枝切り鋏をふるうのも人間である。 なんの話だよ。 「あーだこーだ言

表参道高校合唱部! 第5話

「歌で救え!仮面の女王の転落と涙」 内容 真琴(芳根京子)たちの奮闘で部員も増えて、 ついに顧問の鈴木(城田優)も合唱部に復帰し、本格的な指導が始まる。 だが、教頭の天草(デビット伊東)は、 正式な部活動として認めるためには、一定の成果が必要だと言い始め...

表参道高校合唱部! 「歌で救え!仮面の女王の転落と涙」

なにげに、良い意味でのベタさが心地よく、新鮮顔ならではのフレッシュ感が好きです。毎回、工夫を凝らした、合唱も新鮮だし、青春モノならではの、涼風が吹くようです。留守してた間に、鈴木有明(城田優)顧問の過去の問題が解決したり、部員が増えたり、ついには、これまで敵役してた、優里亞(吉本実憂)の事情までクリアにして、彼女までが入部。思わず、をを~っ! だったのでした。優里亞ちゃん、家で難しい立場に居...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR